FC2ブログ
動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


ヤギとハヤブサと新宿


高層ビル群、世界一の繁華街のある新宿、
そこにある小学校で
“ハッピー”と“スマイル”
2頭のヤギの親子が飼育されています。
娘は新宿生まれ、新宿育ちです。

周りの木にはツキノワグマの爪跡が残り、
庭のカリンの木ではマムシが日向ぼっこ、
イタチが毎朝、玄関の前に糞をしていくような、
長野の山の中に住んでいた僕。
東京で動物病院を始め何年もたちますが、
新宿に行くと、
いまだに高層ビル群の高さにびっくり、
新宿駅では迷子になります。
そんな田舎者の僕が
都会の“ヤギ”の飼い方指導と健康チェックをしてきました。

彼女らのおうちは校舎の中庭にあり、
庭付きの小屋の他、
3~4メートル離れた場所に、
もう一か所日向ぼっこ用の離れの部屋とお庭をもっていました。
新宿にです。
日当たりもよいうえ、風通しもよく、
その上静かで、ここは本当に新宿?と思わせるようなとってもいい環境です。

お世話は子供たちと、近隣のボランティアが行っています。
毛の艶もよく、人が大好き、
とっても愛されていることがわかります。

1万年以上前から人間と共に暮らし、
優しく、おっとり、のんびり屋のイメージのヤギ、
実はすごい運動能力を持ったアスリートです。
ロッククライマーが“やっとこさ登った崖”の途中に、
なんでもなかったようにヤギが立っていたりすることも、
木登りも得意です。
その秘密は蹄にあります、それぞれの足に2本の蹄(指)があります。
蹄の裏は外側が固く、真ん中が柔らかく、
それぞれの蹄自体が大きく開くなど柔軟性があるため、
凹凸の岩場や木に引っ掛けやすいのです。
またバランス感覚もすごい、
ゆらゆら揺れる細い枝の上でも落ちることなく葉をムシャムシャ。
あんなにまん丸で垂れ下がったお腹なのに、
インナーマッスルは鍛え上げられ、
柔軟で鍛え上げられた脚力を持っています。
動物園で飼育していた時も、
角材で橋を作ってあげると平均台のような橋を上手に上っていました。

ヤギは横長の独特の瞳をしています。
横長瞳と目が顔の横につくことによりとっても広い視野となり、
ヤギは振り向かなくても後ろが見えます。
素早く天敵を見つけやすい目です。
もっとすごいことに、この瞳が50度近く回転できるので、
下を向いて草を食べている時も、地面と水平に保ち広い視界を確保します。

紙を食べるの?
ヤギは食いしん坊で食べることが大好き。
目の前に紙を出すとムシャムシャ食べてしまいます。
ヤギは本来、葉や草を食べます、葉には糸のような硬い繊維があり、
これが消化しにくく、その繊維を消化するため
ヤギはお腹で微生物をたくさん飼っています。
その微生物が葉や草を分解して栄養に変えてくれます。
ヤギは微生物たちが食べやすいように、
胃のなかにある未消化の草や葉を再び口の中に吐き戻し、
奥歯でスリスリ小さくして胃の中に再び戻します。
紙は植物の繊維からできているので、
食いしん坊のヤギたちは食べ物と間違えて食べてしまいます。
しかし、日本古来からの和紙を除き、
現在の紙は、印刷したものはインク、
その他いろいろなものがまざっているので微生物が食べてくれず、
お腹を壊してしまいます。
あげてはダメ。

お腹が痛い時の治療はマッサージ
動物園時代、朝ヤギが倒れて動けないと連絡があり、
急いでヤギ舎に行きました。
ヤギ舎の飼料庫で、
パンパンにお腹の膨れたヤギがハアハアしながら倒れていました。
食いしん坊のヤギが夜中に寝室を逃げ出し、
飼料庫で一晩中、餌を食べていた様子。
食べすぎにより胃腸が動かなくなり、
お腹のなかで異常発酵、お腹にガスがたまり倒れてしまった様子。
あまりのガスで呼吸も苦しそう。
まずは立たせてお腹をマッサージすると
上から下から
“ブウ  バッフ ゲッフォ”
出るわ出るわ“げっぷ”と“おなら”
呼吸も落ち着き
自力でたてるようになったので、
次は散歩、ひたすら歩かせました、
その間も“ブウ  バッフ ゲッフォ”
あのまま倒れたままだと命の危険もありました。
食べすぎで命を落とすこともあるほど、
食いしん坊です。

ヤギは歩きながらウン〇ができる
ヤギのウンコは“チョコボール”と同じ大きさと形。
これにはとっても深いわけがあります。
僕がウン〇するのはトイレ、
壁に囲まれ、静かで、踏ん張れる環境です。
山を歩いている時、
どうしてもしたくなった時も、
必ず草むらや木の陰など囲まれた場所でなくては出来ません。
見渡しのいい草原では絶対できません。
囲まれた場所で止まって、座ってします。
しかし、ヤギは歩きながらでも、
ご飯を食べながらでも、
ウン〇をします。
チョコボール型ウン〇はとっても便利で、
踏ん張らなくてもポロポロと、
いつでも好きなだけ、どんな場所でもだすことができます。

僕がウン〇をしている時は全く無防備、
途中でとめることもできず、
意識は肛門に集中しているため、
目は開いてはいるものの全く情報収集の役を果たしていません。
もしそんな最中に“敵”襲われたら
あっという間に食べられてしまいます。
トイレの個室の鍵は“敵”に襲われないためにあるのです。


子供たちが見守る中、
僕は軽快に柵を飛び越え、
“ハッピー”を素早く捕まえました。
ハッピーもすごい速さで抑えたので、
暴れることもなく、おとなしく僕の横に座り込みました。
さっそく健康チェック、聴診器を当てました。
子供たちは“いつも気を付けてそっと近づくように”
と注意をされてきたため、
僕の大胆な触れ方に尊敬の眼差し。
「お~すげえ」などの歓声。
「先生、危ないよ、大丈夫」の声も
それに対し、
「先生ぐらいになると、
気配を消し、相手を怖がらせないことができる、何でもできる・・。」
すっかりムツゴロウさん気分で“ハッピー”を操っていました。
子供たちに目を見せて、
目について説明をしている時に、
僕のお尻をド~ンと、
“スマイル”が頭を下げて、
角で僕のお尻に体当たり、
僕は見事に転びました。
そういえばムツゴロウさんも蛇に巻き付かれていたな~。
「このように、ヤギちゃんたちは気まぐれ、
絶対油断しないように」
僕に対する憧れの目が、
信用できないという目に変わりました。

学校の帰り道、お尻をさすりさすり、
新宿を歩いていると、
高層ビルの間を1羽の鳥が颯爽と飛んでいました。
ビルの風を利用してクルクル回りながら上昇していきます。
カラスぐらいの大きさ、
お腹の黒い横じまから、この鳥は“ハヤブサ”
ビルを崖に見立てて、
大都会で暮らすたくましき鳥です。

新宿でヤギとハヤブサ
とっても楽しい1日でした。




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日



2018.10.17_17:41
僕は先生

「みんな、耳を澄ましてください・・・。」
「ドッドッドッドッドッド」
教室の中に、一定のリズムの音が響きます。
「何の音?」
「心臓」
大きな声で子供たちが答えます。

僕は休診日に小学校で先生をしています。
今回は心音計を使い学校で飼育しているウサギとモルモットと
僕(人間)の心臓の音を聴く授業です。
心音に合わせみんなで手を打ってもらいます。
まずは僕の心臓に合わせて
パン  パン  パン  パン
次はウサギ
パンパンパンパンパン
今度はモルモット
パチパチパチパチパチ
教室にみんなの拍手が響きます。
モルモットは早いから大変。
それぞれスピードが違います。
ゆっくりは僕、次はウサギ、
1番早いのはモルモットでした。
心臓は小さく寿命の短い生き物たちは鼓動が早いため、
1番小さく弱い生き物のモルモットが早いです。

最も早い生き物は、
とっても小さなモグラの仲間のトガリネズミです。
1分間に1000回以上の心拍数があります。
それに比べゆっくりの生き物はクジラです。
1分間に20回という種もいます。
心臓の大きさも大きく
シロナガスクジラで180kgをこえます。
寿命も100~120才です。

心臓の数も1つとは限りません。
イカやタコはエラに2つと体の中心に1つ3つの心臓をもっています。
エラの2つの心臓は、エラに血液を送り込み血の中に酸素を送り込み、
その血液をもう一つの心臓が全身に血液を送ります。

今回の授業のねらいは、
「心臓の音を聞き比べて、生き物に生命があることの気づき、
 親しみの気持ちや大切にする思いを高める」ことです。
先生たちが“ねらい”決めてそれに合わせて授業を行いました。

子供たちには心臓の音を聞くことにより、
生きていることを感じてもらいます。
自分の胸に手を当てて、
自分の心臓の動きも感じてもらいました。

心臓が動いていることは、生きている証
「生きているって何?」 
お腹が空く 
ウンチをする オシッコをする
 楽しい 悲しい
 みんなと一緒で楽しい
 ケンカをする 
子供たちが元気に答えます。

この子たちとは1年生のときからの付き合いで、
もう少しで1年になります。
最初はモルモットを僕が捕まえ、
膝に乗せてもギャーギャー騒ぎ、触れることさえできなかった子も、
今では自分で素早く捕まえ、膝に乗せナデナデ、
モルモットも安心しきっています。
ウンコが汚いと言って大騒ぎしていた子も、
ウンチを素手でつかみ、とってもきれいに掃除をします。
この子が、モルモットに近づくとグルグル鳴きます。

僕は特に授業にねらいも、目的もありません。
ただ、小学生の時の僕がいろいろなものを飼ってとっても楽しかったので
生き物を飼う楽しさを感じてもらいたいだけ。
あと、僕が上手に動物を抱っこしたり、爪を切るのを見せて
獣医師って“カッコイイ”と思ってほしいだけです。

年が明けると、モルモットのお世話は1年生になります。
2年生の彼らがモルモットのお世話の仕方をおしえます。

この子たちと僕の付き合いもそろそろおしまい。
モルモットのお世話を通して、この子たちが少しでも
人間以外の生き物に興味を持ってもらえたらいいなと思います。




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日


2018.10.04_15:17
ベランダの仲間たち


“ゴー ゴー バタ バタ バタ
ドカーン ガラ ガラ
ゴー ゴー“
台風24号が襲ってきた夜12時、
僕はず~とベランダを見ていました。
ゴ~~~~~~~。
突風が吹くたびに、
僕の愛するベランダの仲間たち、
“月桂樹”“ハイビスカス”“オリーブ”
“コスモス”“ヒャクニチソウ”“リンドウ”などなど
室内にしまい込めなかったものたちが
大きく頭を振っていました。
あまりの風の強さで根元から折れそうになることも・・・。
残念ながら僕は彼らを助けに行くことができません。
1度ベランダに出てみたのですが、ものすごい雨は僕から視界を奪い、
風は僕の体を持ち上げ、荒れ狂う夜空に飛ばしそうなぐらいの威力でした。
ベランダの仲間たちは柱に縛り付け、
飛んでいかないような対策はしてはいましたが、
想定以上の風は彼らを苦しめていました。
家の中のネコ軍団は僕の横で、
揺れるベランダの仲間たちを楽しそうに見ていました。

台風は植物だけではありません、動物たちにも影響があります。
台風が来ると短時間のうちに急激な気圧の変化が起きます。
標準気圧は1013ヘクトパスカルといわれていますが、
今回の台風は950ヘクトパスカルとなっていたので、
普段より60ヘクトパスカルほど下がったことになります。
湿度や温度の急激な変化もおこります。
台風の影響として人間では、頭痛・関節痛・めまい・神経痛などが
起こることは知られており「気象病」と名付けられています。
ワンちゃん、ネコちゃんもやっぱり体調を崩す子がいます。
今回の台風の後にも、元気がない、嘔吐、下痢の子がたくさん来ました。
恐怖で体調を崩した子もいました。
気圧や湿度・気温の急激な変化は、
心臓病、腎臓病の子たちは影響が受けやすく、
特に注意が必要です。

台風は、鳥たちの営巣地を破壊したり、
貴重な動植物の流出や埋没などがおこします。
しかし、今まででしたら
生き物たちは台風で環境が破壊されても、
負けずに再び繁栄するのですが、
今年のように、いままでの経験のないくらい大きい台風が
こうたびたび来ると、大きなダメージが想像できます。
ごく限られた地域のみで細々と生き伸びていた両生類などは、
もしかしたら絶滅も・・。

これを書いている時に台風25号のニュースが、
僕たちのベランダの仲間(植物)たち、
少し曲がった身体がやっと起き上がってきたところなのに、
もう1回台風が来たら、今度はだめかもしれない。
どうしよう、広い部屋に引っ越しか・・・。
絶対無理なので、
ベランダの仲間たちのために、
家の中の僕のあやしいコレクションをいよいよ処分するしかないか。


<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日


2018.08.25_15:04

ガンちゃんがいない


猛暑が続く今年の夏、
久しぶりの雨、
動物病院の帰り道、
僕はいつもの公園で、
傘をさしてしゃがみこんだ。
そして、頭を下げ植え込みの中を覗き込んだ。
あれ? いない・・。
「ガンちゃん」 
ガンちゃんは出てこない。
ガンちゃんが見当たらない。
いつもなら、雨が降ると必ず植え込みの前に出てきているのに。
普段は植え込みの奥深くでじっとしていて、
雨が降ると植え込みの前にでてくるガンちゃん。

ガンちゃんは僕の手の握りこぶしよりやや大きい
“アズマヒキガエル”
アスファルトとコンクリートに囲まれた
住宅街にある小さな公園の、
小さな生垣の中にある石の下に住んでいました。

ヒキガエルは他のカエルたちに比べ暑さや乾燥にも強いのですが、
それでもこの環境はガンちゃんには辛すぎたのでは・・・。

ヒキガエルは他のカエルと違い“ピョンピョン”飛び跳ねることはなく
のそのそと歩くだけ、それも遅い。
ただでさえ気持ち悪がられることの多いカエル、
“大きく”“のそのそ歩き”“シワシワの皮膚”“イボだらけの体”そして“毒”
ヒキガエルは嫌われる要素満載です。
僕にとっては、すべてが魅力ですが。

ヒキガエルは毒を持っています。
しかし、
相手に噛みついて毒を出す蛇、
針で刺し毒を出すハチ、
のように攻撃するための毒ではなく、
触れたり、食べられると相手が苦しむという防御の毒です。
この毒は膜の後ろにある耳腺から分泌します。
毒の成分はブフォトキシンと呼ばれるものです。

『さあさ、お立会い。御用とお急ぎでない方はゆっくりと聞いておいで』
からはじまる江戸時代の露店販売“ガマの油売り”
『ガマと申してもただのガマとガマが違う、これより北、北は筑波山のふもとは、
おんばこと云う露草をくろうて育った四六のガマ、四六五六はどこで見分ける。
前足の指が四本、後足の指が六本合せて四六のガマ、
山中深く分け入って捕いましたるこのガマを
四面鏡ばかりの箱に入れときは、ガマはおのが姿の鏡に映るを見て驚き、
タラーリタラーリと油汗を流す、
これをすきとり柳の小枝にて、
三七 二十一日間、トローリトローリと煮つめましたるがこのガマの油』

次に香具師(販売員)は、刀を取り出し、
『一枚の紙が二枚 二枚が四枚 四枚が八枚 八枚が十六枚 十六枚が三十と二枚 三十二枚が六十四枚 六十四枚が一束と二十八枚 ほれこの通り、ふっと散らせば比良の暮雪は落花の吹雪とござい』
紙を切ります。
そして、今度は刀を自分の腕にあて血を出します。
そこに ガマの油を塗って、出血をぴたりと止め 効き目を披露。
『さてお立ち会い。ガマの油の効能が分かったら 遠慮はご無用。
どんどん買ってお行きやれ』・・・

このガマの油に使われるのは四六のガマこそが、
前足が4本、後ろ足が6本あるヒキガエルです。
不気味な姿形、とびはねないで動かないことから
目の前に置いておく、露店にはぴったしだったようで。

実際にこのガマの油に、
ヒキガエルの毒が入っていたかどうかはわかりませんが、
ヒキガエルの毒には血管収縮作用もあるため入っていたのかもしれません。
一応書いときますが、
香具師(販売員)の腕は実際に切れてません、
血糊ですから

実際に、ヒキガエルの皮膚から出る液体には、
『せんそ』という生薬の成分が含まれています。
『せんそ』はアジアヒキガエルからつくられており、
強心作用、血圧降下作用、抗炎症作用などの効果があります。
『せんそ』を使った有名な薬では、六神丸があります。

ヒキガエルは何を食べているかというと、
肉食、ミミズやコオロギやダンゴムシなど
目の前にきた動く生き物なら何でも食べます。
“目の前にきた動く生き物”これがポイント。
ジャンプもせず、もそもそしか動けないヒキガエル
追いかけて餌を捕まえることはできません。
その為ひたすら動かず、じっとしていることにより気配を消します。
ヒキガエルがいるとは気づかず目の前に近づいてきた生き物を、
ベタベタした唾液がたっぷりついた長い舌を
ものすごいスピードで伸ばし、
舌に生き物が絡みつけ、
一気に大きな口に引き込みます。
僕が近づいても、全く動かないことにより気配を消していたガンちゃん、
獲物を待っていたのでした。
“もしガンちゃんが車ぐらいの大きさだったら
僕など一飲みにされてしまうかな“ などと考えながら、
いつもガンちゃんを見ていました。

カエルが消えている
1億9000万年前から繁栄してきたカエル。
地球上で水があるところにはたいていカエルが生息しています。
現在知られているだけで約4700種、
南極大陸以外すべての大陸に生息しています。
そんなカエルたち、
最近50年で200種以上の種が地球上から消えてしまいました。
カエルは口からも水を飲みますが、おもにお腹で水を飲みます。
カエルが水たまりでじっとしている時は水をお腹から飲んでいるのです。
そして、水中では水の中の酸素を皮膚で取り込み呼吸します。
水を飲んだり、呼吸をするために、皮膚は薄く浸透性があります。
このため環境の変化に弱く、水が汚染されたり、
水がなくなり皮膚が乾燥するだけで死んでしまいます。
今の地球は温暖化により湿地が減り、
そのうえ人間の生活活動による水質汚染はカエルたちを死に追いやっています。

今年の暑さは、ガンちゃんにも厳しすぎたのでしょうか?
家に帰った僕は中学2年の娘にガンちゃんの話をしました。
すると娘は
「○○公園のヒキガエルでしょ、いるよ」
「え・・・・。」
「公園から3軒目の家の物置の下にいたよ」
娘も雨の日はガンちゃん(娘はポンちゃんと呼ぶ)に挨拶をしていたとのこと、
物置の周りにはきれいなお花の鉢がたくさんありました。
きっとあの家の人がいつもお水をあげていたので、
ガンちゃんも乾燥しないですんだのでしょう。








<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日



昔、セミがいたらしい

病院へ行こうと、玄関のドアをあけると、
そこに、ひっくり返ったセミが、
手足は微妙に伸びたまま、全く動く様子がありません。
“だめだ、死んでいる~”
どかそうと手を伸ばした瞬間、
「ジ・ジ・ジ・ジ・ジ」
いきなり大きな声で鳴きだし、顔に向かって跳ね上がりました。
い・い・いきかえった!
看護師さんにこの話をするとこれは「セミ爆弾」とよばれ、
寿命間近のセミの最後の抵抗とのこと、
真夏の風物詩だそうです。

セミといえば、毎年家の近くの公園で
元気いっぱい鳴いているはずのセミの声が今年は聞こえない。
この猛暑は、
暑いのが大好きなセミからも、鳴く元気を奪ってしまったよう。
セミでも、35度を超えるのは“命の危険”なレベル。
5年という長い間、土の中で幼虫として過ごし、
やっと羽が生え成虫として地表に出てきて、
思いっきり鳴いたり、飛んだり、恋をしたり楽しもうと思っていたのに、
暑すぎて飛べない鳴けないなんててなんて可哀想

今年の動物病院
ワンちゃん、ウサギさん、熱中症でいっぱい来ています。
爪切りのため動物病院に来たウサギさんがキャリーバックの中で
熱中症になってしまったことも、
今年は健康チェックなどのためだけだったら、
”動物病院にこないで”と伝えています。
もし来るときはキャリーバックの中には
保冷剤や凍らしたペットボトルを入れて暑さ対策を完璧にしてからきてもらいます。
昨年までは、ワンちゃんの散歩は朝早く、もしくは夜中にしてくださいと伝えていましたが、
今年は散歩はやめてくださいと指導しています。
夏になるとセミを追いかけて食べるのが大好きな柴犬のケンちゃんも
今年は散歩をやめてもらっています。
ちなみにケンちゃん、セミも好きなのですが、
僕のことがもっと好き、
セミを食べていても、僕を見つけると走ってきて、
セミを食べながら僕の顔をベロベロ、
せめて飲み込んでから舐めて

この暑さは地球の暴走なの、
地球はここ100年ほどで平均気温が0.7度近く上がりました。
何だ0.7度程度と思うかもしれませんが、
氷河期と呼ばれた時代の平均気温は、現在よりたった5度低かっただけ、
今後もこのペースで気温が上がり続けたら・・・・。
でもちょっと暑くなったって、その分冬が暖かければいいじゃん。
暑い時はエアコンの聞いた涼しい部屋で過ごせば問題ないし。

しかし、エアコンの部屋5を使う人間はいいが、
野性の生物は生きていけません。
平均気温が4.5度上昇すると半分近い生物が生きていけないという調査もあります。

これ以上、気温の上昇が続き、
僕たちの子孫が
「昔セミっていううるさい昆虫がいたらしいよ」
なんてことにならなければいいのですが。




<お盆休みのお知らせ>
平成30年8月12日(日)午後から8月17日(金)午後まで休診となります。
8月12日(土)午前・17日(金)午後は診療します。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日