動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2014.01.29_11:39



モミモミ

昼ごはんを食べ、僕は木陰でお昼寝をしていました。
“あさこ”は、お昼寝をしている僕の横に座り、
右手で、僕の左手をしっかり掴みました。
そして、僕の左手を自分の脇の下に持っていきました。
眠たい僕は彼女の手を振り払いました。
しかし、彼女は僕の手を決して離しません。
何回も何回も脇の下に持っていきます
根負けした僕はしょうがなしに、
脇の下に手を当て、モミモミ
彼女は仰向けに寝転がり、
“はっはっはっはっは”
口を大きく開けて笑います。
ひとしきり笑うと、
彼女は走って逃げ、
木の周りを3周、
再び僕の横に来て左手をつかみ
脇の下を、くすぐらせます。

その様子を見ていた“ふじこ”は“あさこ”が木の周りを走っている間に、
急いで木から降りてきて僕の上にまたがり、
彼女は僕の右手をつかみ自分の首に持っていきます。
僕はしょうがなし、くすぐると
“うっうっうっうっう”
彼女は口を閉じ、息を止め耐えながら笑います。
そして、ゆっくりと僕から離れ、木にのぼります。

“あさこ”は3歳のチンパンジー
“ふじこ”は3歳のオランウータン
彼女らは二人とも親の育児放棄のため
僕たちが育てていました。
昼休み、いつもお昼寝をしている僕の横で遊んでいました。
この時の二人のお気に入りは、
くすぐられること
“はっはっはっはっは”“うっうっうっう”と笑うこと。
チンパンジーもオランウータンも笑います。
昔から笑うことのできるのは人間だけと言われてきました。
そんなことはありません、僕の付き合ってきた動物達は結構笑います。
少なくとも、チンパンジー・オランウータンは間違いなく笑います。
笑いって何?
笑いにはいろいろありますが、大きくわけて次の2つの笑いがあります。
声を出しながら笑う「ラフ」
声は出さずにっこりとほほ笑む「スマイル」
僕はどんな時に笑うかというと、
・くすぐられる
・「8時だよ!全員集合!」を見たときなど
※ 僕の笑いの基本はドリフのギャグです。
面白いものを見た・聞いたなど
これらはおかしくて声の出る笑いで「ラフ」。
・子猫のかわいい寝顔などでほっこりした時
・おならを「ぷっ」で、ちょっと恥ずかしい時の「はにかみ」
・小学生の時、ライバルだった和夫が、算数の時間、簡単な答えを間違えた時、
僕は「ニヤ」嘲笑
これらの声を伴わないのは「スマイル」。

類人猿(チンパンジー・オランウータン・ゴリラ)は笑いますが、
くすぐられた時の「ラフ」以外の笑い「スマイル」はあるの?
以前、チンパンジーの笑いは人の笑い方とは全く異なっていると考えられていました。
人が笑う時は息を吐き出しますが、
チンパンジーは吸ったり吐いたりしながら笑うと言われていました。
しかし実際は人と同じように息を吐きながら笑っていました。
この笑い方は発声に関係し、話す能力には欠かせないものです。
この笑いができるということは、
練習をするともしかしたら言葉を発することができるかも。
そして、「ラフ」は間違いなくするのですが、
「スマイル」はあるのか?
チンパンジーは、仲間と遊んでいるときや、
僕と遊びたくてウズウズしているときに、
口を丸く開けた表情をします、
この“プレイ・フェイス”と呼ばれる表情は「スマイル」です。
このように、類人猿の笑いは、表情・呼吸法・声に共通点があることから、
笑いは有史以前の類人猿に起源があるようです。
スマイルの中の嘲笑は人間だけか、
ふじこのお母さん“キッキ”は、
以前、僕がヨーグルトをあげていた時
スプーンを僕から取り上げて返さないことがありました。
僕はスプーンを無理やり取り上げ、
さんざん彼女を怒りました。
怒って興奮していた僕は、
スプーンを持って歩き出したとたん滑って転んでしまいました。
僕の手から離れたスプーンは宙を舞い、
キッキの部屋の落ちていきました。
怒られてしょんぼりしていたキッキはそのスプーンをつかみ、
僕に向かって「ニヤリ」
あれは嘲笑でした。

犬は笑うのか?
人の笑いは基本的に顔の表情と声によって表現します。
笑う時の気持ちは、
可笑しい時、楽しい時・うれしい時・わくわくしている時です。
それから考えると、
犬は人のように目じりを下げ、口の両端をあげる“笑顔”の表情はしませんが、
とっても嬉しい時に尻尾を振ります。
これは笑いの表現の一種だと思います。
顔でなく尻尾で笑っているのです。
逆に水族館のショーでの“笑うアシカ”
顔は笑っていますが、調教師の命令に従っているので楽しい気持ちではありません。
あれは仕事をしているだけで本当の笑いではありません。
しいていえば、人間でいう愛想笑い、
心のこもっていない笑いです。
僕も“すすきの”“新宿”“蒲田”で、
何度も女性のこの笑顔に騙されました。

このような愛想笑いは人間だけですが、
動物達は、
それぞれ表現方法は違いますが
幸せな気分の時は、それぞれのやり方で、
楽しい気持ちやワクワク感や幸せの気持ちを表します。
猫のゴロゴロの時は顔も幸せそう、
フクロウも頭を撫ぜてあげると、目を閉じ幸せな顔
馬は顔を拭き拭きしてあげると“ブルブルブル”
ウサギは頭から体までなでなでするとうっとり、
みんな「スマイル」です。

やや太り気味のフレンチブルの老犬“タツオ”
足を痛め治療中、
タツオは僕を大嫌いです。
治療中は全く動かずおとなしいのですが、
ずーと僕をにらみつけています。
特に減量の話をしているときなど
“お前、余計なこというなよ”
という目で僕をにらみつけます。
しかし、そんな彼の目にも負けず
僕は飼い主さんに強く、
ごはんを減らすよう指示しました。
診察を終え後ろに振り向いた時、
僕は“ツルッ”と滑り、お尻からドスン。
床がタツオのよだれで濡れていたのでした。
お尻をさすっている僕を、
診察室からでるタツオは振り向きながら、
右口唇を少し上げ“にやっ”
「スマイル」です。




よろしくお願いします。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日
   

 


気に入ったらクリックお願いします
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/87-0bb0aa69
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可