動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.12.20_17:55
プレゼント

🎶「昔 となりのおしゃれなおねえさんは
クリスマスの日 私に言った
今夜 8時になれば サンタが家にやってくる
・・・・・
・・・・・
恋人がサンタクロース プレゼントかかえて
本当はサンタクロース」🎶


またまたやってきた、
恐ろしい季節が・・・・・・・。

12月に入ると小学3年生の娘は
サンタさんにお手紙を書き、枕もとにおきます。
高校三年生の息子も 『サンタはいる』 と言い
12月に入るとサンタにわたしといてと、
家の奥さんに手紙をわたします。
現実的な欲しいものが第三候補まで書いてあります。
一人暮らしの大学生の娘もサンタにあてたメール
家の奥さんに送ってきました。
今年は奥さんまでサンタあてに手紙を書いていました。

そして、サンタあての手紙はまとまって僕のもとにやってきました。

人間以外にも、異性にプレゼントを贈る生き物がいます。
子供を産めるのは雌だけ、雄はどんなに頑張って子供を産むことはできません。
その為、雄は自分の遺伝子を残すためには、
自分の子を産んでくれる雌を探す必要があります。
雄は精子を次々と作り出せるので、
自分の遺伝子をたくさん残こすため、
できるだけたくさんの雌と交尾をします。
それに比べ、雌は卵子の数は決まっているため、
雌はたくさんの雄と交尾するより、できるだけ優秀な精子をもった雄と交尾をしたいのです。
そのため雄はたくさんの雌と交尾するため、
自分が優秀だということをアピールする必要があります。

『クジャク』のように自分を着飾って雌の興味をひくもの。

『オットセイ』のように力によって雌を引き付けるもの。

『ハヤブサ』のようにプレゼントを渡すことによって雌に近づくものがいます。
ハヤブサは、恋の季節になると、雌は「キィーキィー」と鳴いて雄に餌を要求し、
雄は雌の気をひくためにせっせと獲物を捕らえプレゼントします。

『オランウータン』の雌は、雄が持っている餌に手を出してその時の雄の反応をうかがい、
相手がタイプかどうかためします。
雄が乱暴にしたり、餌を奪い返したりすると、この雄はダメだと離れていきます。
他の雄には強くても、雌にはやさしい雄のほうがモテルのです。
雌は、雄のもっている餌を奪うことによって、お付き合いするかどうか決めるのです。

『チンパンジー』は肉を雌にプレゼントします。
プレゼントを贈ると、雄はその雌と交尾できる可能性は2倍に跳ね上がるそうです。
人間も一緒?

草原で普通に見られる徘徊性のクモ『アズマキシダグモ』は、
ハエなどの獲物を捕まえてもすぐ食べずに、
糸で丁寧にラッピングして、雌にプレゼントします。
雌が餌を受け取り食べ始めると、雄は食べている雌の下に潜り込んで交尾を始めます。
食べている間交尾ができるため、大きな餌をプレゼントすると、
交尾の時間も長くなり、多くの卵を受精させることができます。
もし餌を持たずに接近すると雌はあっさりと逃げてしまいます。

羽をもつ小さなハチの一種『ガガンボモドキ』の雌は、
一番大きな餌をプレゼントとした雄を選びます。
大きな餌をもらった雌は、食べながら20分ほどの交尾を許します。
餌が小さかったりすると、交尾を拒否したり、5分程しか交尾を許しません。
5分では、交尾はできても精子を送り込むには短すぎます。
雌はプレゼントはもらうけど、
「小さな餌しか捕まえることのできない甲斐性なしの遺伝子はいらない」ということなのです。
その上、雌はしたたかで大きな餌を持ってきた雄がその雌を独占できるわけではなく、
とりあえずその雄の卵を2から3個産み、
また次の雄が大きなプレゼントをもってくるのをまちます。
交尾期の雌は雄のプレゼントで生きていきます。
しかし、雄の中にも強者がいます。
雌にプレゼントを与えて交尾を始め、目的の精子を送り込むと、
そのプレゼントを取り上げてさっさとその場を立ち去ります。
次の雌にそのプレゼントをあげるのです。
もっとびっくりすることに、雌のふりをする雄がいるのです。
なんのためかというと、
雌と間違って近づいた雄のプレゼントを奪い取るためです。
その雄は、お気に入りの雌のところにそのプレゼントを持っていくのです。
生き物たちにとって
それぞれ‟プレゼント“には大事な意味があるのです。



僕もサンタに手紙を書きました。
欲しいものは「優しい言葉」と「お休み」と「カメレオン」です。
僕のサンタはどこにいるの・・・・・?

🎶僕がサンタクロース プレゼントかかえて
本当はサンタクロース🎶





よろしくお願いします。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日
   
年末年始のお知らせ 
     12月29日(日)午後 から 1月4日(土)午前まで休診となります。
       ※1月4日(土)の診療は午後1時からとなります。


 


気に入ったらクリックお願いします
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/84-0eedc090
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

No title

ご家族の仲の良さが伝わるほっこりエピソードですね(^^)
私の高校、大学なんか、プレゼントのおねだりどころか反抗期まっさかりで口もきくかー!って感じでした。今ふりかえると苦笑してしまうのですが(笑)
今はオ・ト・ナになって!すっかり仲良くしていますが。。

どうぞゆっくり羽を伸ばして、よいお年をお迎え下さい。
きりん | 2013.12.31 09:39 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.01.03 04:26 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。