動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2011.12.14_18:58


冬眠?
雪が舞う12月のある朝。
小学生の僕は、目覚まし時計を止め、
2段ベットの上段で布団のぬくもりを楽しんでいました。
「コロン死んでいるわよ」
「早く起きなさい」

母が、ベットの横から顔をのぞかせて、
僕の耳元で怒鳴りました。
「え~」
いきなり僕の目はぱっちり、
ベットから飛び降り、コロンのところに走りました。
コロンはケージの隅で、きざんだ新聞紙の中で丸まっていました。
あわてて抱き上げ、手のひらにのせました。
あー動かない。
そんな僕の後ろから、母が
「ほら、寿命ね。昨日まであんなに元気だったのにね・・」
母の冷静な言葉と態度に怒りを感じながらも
コロンが心配で、母の相手などしていられません。
コロンをそっとなでてみますが、動きません。
今度は強く突っつきますが、やっぱり動きません。
普段なら暴れて、指に噛みつき、絶対僕の手の上になんて乗らないのに。

コロンゴールデンハムスター
僕がおこずかいで買った初めてのペット。
毎日毎日せっせとひまわりをあげ、まるまる太っていました。
30年以上前の当時は、ハムスターの餌の基本はひまわり、
あとは残りものの野菜でした。ハムスター用フードなど存在していませんでした。
巣材は新聞紙、そしてお家は鳥用のかご、お皿に水を入れ飼っていました。
今のように軽く安全なヒーターもありません。

右手に新聞紙、くわえタバコで便所からでてきた父が、
ほら貸してみろと僕の手から、コロンを取り上げました。
「“やわらかい”だいじょうぶだ」
石油ストーブ前に座り込み、コロンの体をゴシゴシこすりだしました。
15分程たったでしょうか、後ろ足がぴくっと動きました。
父はコロンを僕に渡し
「あとは任せた」
新聞とともに再び便所に戻りました。
僕はストーブの前で、必死に体をこすり、息を吹きかけました。
すると、コロンのお腹がゆっくりと大きく膨らみ、呼吸を始めました。
次に、前足も動かし僕の手の上をゆっくりと動きだしました。
「あ、危ない」
落ちそうになり、あわてて抑えた僕の親指を
コロンはカプリと
ひと噛み

完全復活です。

ゴールデンハムスターは冬眠するの?
images_convert_20111214193324.jpg 寝ているヤマネ

日本に生息するげっ歯類のヤマネは、冬になる前にできるだけたくさんの餌を食べ、
体の中に脂肪として貯めこみます。
そして、巣の中でまるくなって、何も食べずに貯めた脂肪をエネルギーとして春まで眠って過ごします。

ゴールデンハムスター(野生)は、
寒くなると体には脂肪を貯めこまず、巣に餌をため込みます。
そして、できるだけお腹が空かないように寝て過ごします。
どうしてもお腹がすいたら、起きて貯めておいた餌を食べます。
時々うんちやオシッコもします。冬眠というより、冬籠りです。

冬眠ですごいのは熊、冬眠中に寝たまま出産するのです。
このこともすごいのですが、生むかどうかをお腹の空き具合で決めます。
森のどんぐりが不作でお腹が空いている時は妊娠を途中でやめてしまうのです。
お腹がいっぱいかどうかで妊娠を継続しようかどうかをきめるのです。
すごいでしょう。 

コロンは、はたして冬籠りだったのでしょうか。
冬籠りするためには、それなりの準備が必要なのですが、
コロンは寝場所を用意する、餌を貯めるなどの準備はおろか、
冬に向かって籠るぞという心構えがありませんでした。
冬籠りというよりも、急な寒さによって体が動かないよーという状態だったのです。
冬眠というより、低体温症という病気だったのです。
あのままほおっておいたら死んでいました。
父が低体温症のことを知っていたかどうかはわかりませんが、あの対処は正しかったのです。
ただし、もう少しゆっくり暖めるほうが体に優しいのですが。
やわらかいというのも正しい判断、もし死んでいたら体は硬直しています。

このように、冬に動かないハムスターはほとんどが低体温症、病気ですよ。
冬にはヒーターなどを用意しましょう。
冬籠りの心構えのあるハムスターはほとんどいませんから。
どうしても冬眠させたい方は、
ハムスター本人にが冬眠する心構えがあるか確認してからにしてください。


            〈五十三次どうぶつ病院  獣医師 北澤 功〉

気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/8-cb6f2f8c
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

No title

そう言えば 近所のペット霊園の火葬日程に 、愛犬 愛兎に混じって「愛ハムスター 」ってあったな~。

ここ最近の冷え込みで低体温症とか。実は死んじゃいなかったのかも!?

それにしても 熊の冬眠にはビックリです。

チャーリー | 2011.12.14 22:14 | edit