動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2013.09.10_19:44

地球が怒っている

ピカッ ゴロ ゴロ ゴロ ドカーン 

病院の午後3時、
窓の外がだんだん暗くなってきたと思ったら、
カミナリ が
次に窓ガラスを大粒の雨が叩きはじめました。
レントゲン室の前で寝ていた“でぶっちょビーグル”が
突然立ち上がり、無理くり、僕の膝にのってきました。

最近のニュースはゲリラ豪雨・竜巻・アルバイトが冷蔵庫に入る(これは違うか)? 
間違いなく地球は変わり始めています。
“温暖化”は様々な異常な気象をおこしています。

温暖化は産業革命からはじまりました。
このことから現在の温暖化は、
人間の生活活動によるものであることが間違いありません。
産業革命から現在までの100年で地球の平均温度は0.6度上昇しました。
ちなみに東京に限ると3度ほど上昇しました。
何だ、たった0.6度かとほっとしたのですが、
これからの100年はこの上昇スピードが加速し、
最大6度上昇すると予想されています。
確かにここ数年は、加速度的に夏が暑くなったことを実感しています。
ちなみに1万2千年前の氷河期は平均気温が今よりたった5度の低かっただけのようです。
たった平均温度が5度低いだけで氷河期になる!
となると、平均温度が6度上がるということは、
どんな環境になるか恐ろしや・・・。
僕が身近に感じている温暖化の影響としては、
暑さに弱いミヤマクワガタがめっきり捕まらなくなったことです。

温暖化を実感させるほど暑かった今年の夏、
熱中症は思ったよりすくなかったのですが、
背中に丸い脱毛ができたと来院するワンちゃんが多かったです。
熱中症に関しては、けっして今年の夏が涼しかったためではなく、
飼い主さんが気をつけたためだと思われます。
丸い脱毛は“皮膚真菌症” …犬の水虫です。
顔や首、背中・お腹・尻尾の付け根によく発症し、
その周囲にフケ、かさぶたがみられます。
痒みがあまり見られないのが特徴です。
ちなみに人間の水虫はとっても痒いです。

水虫は暑くてジメジメした環境が大好き、
25℃~35℃、湿度80%以上で
とってもよく増えます。
今年の夏は水虫たちにとっては居心地良い環境なようです。
地球温暖化は水虫にとってはとってもありがたいのです。

僕と水虫 
僕の水虫との最初の出会いは大学時代です。
僕は学生時代に“フッくん”を飼っていました。
フッくんは牛、
まだミルクを飲んでる仔牛でした。
毎朝乳首の付いたバケツに粉ミルクを入れて、
牛乳をつくります。
乳牛の仔はお母さんの乳首からの牛乳を飲むではなく、
人間が粉ミルクを溶かして、バケツや哺乳瓶の乳首からあたえるのです。
お母さん牛の牛乳は僕たち人間がもらっているのです。
牛さんに感謝して牛乳を飲みましょう。
バケツをもって牛舎に近づくと、
僕に気付いた“フッくん”は
「ベエ~べエ~」と僕を呼びます。
バケツを置いて、口もとに人差し指をだすと
それを咥え「チュウチュウ」と吸いつきます。
おバカなフッくん、僕の指を乳首と間違えるのです。
次に大きな乳首の付いたバケツでミルクをあげます。
バケツの中のミルクはボコボコいいながら
凄い速さでフッくんのお腹に吸い込まれていきました。
のみ終わると少し追いかけっこをして遊びます。
そのあとに健康チェック。
そして、定期的に血液検査をしました。
血液を採るのは首から、
とってもいやがるのでしっかり押さえなくてはいけません。
僕が押さえて相棒が注射器で血液をとります。
その時の押さえ方(保定)は
僕の股の間にフッくんの頭をはさむのです。
血液検査をして1週間ほど過ぎたころ
僕は太ももの内側(股間)が異常に痒くなりました。
ズボンを降ろして見て見ると、丸く赤くなっていました。
うー痒い・・・・・!
実はフッくんの鼻の上に丸く毛が抜けて白くボツボツした場所がありました。
これは牛の“ガンベ”という皮膚病、牛の水虫です。
押さえた時にこのガンベが僕の股間に密着し、
僕に感染したのでした。

動物園に勤務していたときは“足水虫”との戦いでした。
働き始めてすぐの頃、
僕は間違えてT先輩の長靴を履いて半日ほど作業をしてしまいました。
それから一週間後、
足の指に痒みがではじめました。
そう言えばT先輩休憩中、長靴を脱ぐといつも足を掻いていました。
長靴の中は水虫くんにとっては最高に住みやすい環境でした。
3年ほど付き合っていましたが、
爪に感染した段階で飲み薬を飲み、
徹底した治療によりみごと完治しました。

温暖化は、生態系を大きくかえます。
今までいなかった場所に蚊やゴキブリ、ダニがいるようになり、
逆にミヤマクワガタがいなくなります。
増える生き物もいますが、絶滅する生き物もたくさんいます。
温暖化により蚊やダニなどの生息域が広がり、
蚊やダニが運ぶ今まで身近に感じなかった怖い病気も広がります。

今後、温暖化は人間にとっていい影響が出るかどうかはわかりませんが、
現在の異常気象は地球を支配しようとする人間に、
地球が怒っているように感じます。
地球上にたくさんいる生き物の一種に過ぎない人間、
地球に怒られないように、もっと謙虚に生きていかなくてはいけないのでは。

あれ、足の指と指の間がムズムズ
嫌な予感が






よろしくお願いします。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日
 


気に入ったらクリックお願いします
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/77-2e8093b0
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可