動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.08.30_16:50
“変態は強い”

2013年猛暑のある日

僕は大きなドングリの木を一蹴りしました。
“ポト ポト ポト”上から黒い塊が数個落ちてきます。
これが目的です。
耳をすましてその音の大きさ、落ちた場所を聞き分けます。
そして、一番大きなものを、まず拾います。
必ず“ツノ”で挟まれますが、
痛かろうが我慢して挟まれたまま、次をさがします。
この時いかに短時間でたくさん拾うかが勝負。
最初の一蹴りで8匹を捕まえました。
落ちてきたのは「ゴキブリ」「カナブン」「カミキリムシ」
そして『カブトムシ』だけを捕まえます。
僕ぐらい『虫とりのプロ』になると、
音だけでゴキブリとカブトムシを聞き分け
落ちてくる音と気配で瞬時に、
どこにカブトムシが落ちたかわかります。
3回の蹴りで13匹、まあまあのでき。
次は枝の分かれ目の樹液の出ている所を探します。
そこには落ちなかったカナブンや蛾やカミキリムシ“カブトムシ”がいます。
時にはハチもいるから要注意!
また、穴があったら大チャンス
すかさず、穴に木の棒を突っ込みます。
クワガタがいる可能性があります。
最後に木の根元の腐葉土(前年の落ち葉の腐ったもの)を掘ってみます。
いるわ、いるわ、いそいで逃げるクワガタ彼らを次から次と捕まえます。
相変わらずツノで挟まれますが、
痛さなんて関係なし。
クワガタ9匹。
この日は3本の木をまわりカブトムシ23匹、クワガタ16匹。
飼うための数匹を残し再び森にかえしました。
カブトムシは大きさも数もまあまあだったのですが、
クワガタはノコギリが3匹、ミヤマクワガタはたった1匹、
あとはコクワガタとスジクワガタ、クワガタ自体がへっている様子。
特にミヤマクワガタがいない。
僕の森に異変がおきているのか?
温暖化か自然が減っているのか僕にはわかりませんが。


カブトムシは『変態』
いじめられるのが大好きで、
木の枝で特にムチのように柔らかくしなる枝で叩かれると、
思わず「きゅーっきゅーっ」と声をあげ喜びます。
『ドM』なのです。
時にはあのツノでつっついて楽しむ『S』のもいます。
ウソですよ・・・・・。
本当の変態は僕であって、カブトムシではありません。
僕は○○フェチで・・・。 これは別の機会に。

カブトムシは卵→幼虫→蛹→成虫と生活場所と生活様式・形を変えながら成長する、
「完全変態」をおこなう生き物です。
このように「変態」とは、
正常な生育過程において、きわめて短期間に著しく形態を変えることです。
この変化は生きていくために都合の良い幼体と、
生殖機能がある成体の間で顕著に見られます。
この形態の変化に伴い、住む場所や餌なども変化します。

ちなみに友達の「和夫」は、長野で僕と一緒に遊んでいた頃は男の子でしたが、
大人になった現在は、女の子「和子」として、2丁目で活躍しています。
環境(田舎から大都会)や餌(カルピスから焼酎)は大きく変化し、
ぱっと見の形態の変化もありますが、
著しく形態を変えていないため、
彼女?は変態ではありません。

『変態』が繁栄の理由
地球上で生き物の70%を占めているのは昆虫。
昆虫は種多様性が多く、わかっているだけでも80万種もいると言われています。
昆虫は現在地球上で最も繁栄している生物です。
発見されていない種もまだまだいるため、
実際は、現在知られている種類の10倍はいると言われています。
そして、ほとんどの昆虫が『変態』を行います。
こんなにも昆虫の種類が繁栄したのは、
『変態』することができたためと言われています。
『変態』することにより、それぞれの生息地にあったに形態となり、
生活様式や餌まで変えて生きてぬいてきました。
このように生きていくために形態を変えながら、
歴史上の過酷な環境の変化にも生き延び、
地球上のありとあらゆる場所で繁栄しています。

☆変態する生き物
◎魚類
魚類にも幼生と成体で全く違う姿をしたものもいます。
今絶滅の危機に瀕しているウナギも変態します。
深海にすむ幼生は、平たく細長く透明な姿をしていますが、
変態して成体になり川で成長します。
この幼生時の生態が不明なため養殖が難しいのです。
うな丼を食べた時は、、
このウナギが深海で生まれ育つことを想像してみてください。

ヒラメやカレイ
「左ヒラメに右カレイ」と言われる、目の位置が特徴的なヒラメやカレイも
幼生の時は左右に目がありますが、
最終的に両目とも頭部の片側に偏って付くようになります。

マンボウ
幼生の時はハリセンボンのような姿です。

◎両生類
カエル
水の中で鰓呼吸をするオタマジャクシから
尻尾がなくなり足と手が生えて上陸し肺呼吸します。

サンショウウオなども水の中から上陸するために、
姿を大きく変えます。


僕と『変態』
僕は小さい時からこの『変態』に異常に興味をもっていました。
僕の『変態』との最初の出会いは小学2年生の時。
ある夏の日の夕方、実家の和室の砂壁にセミの幼虫が張り付いていました。
ずーと観察をしていると、真夜中に背中が割れ
中から真っ白な頭がでてきました。
次にクシュクシュに丸まった羽とともに体がでてきました。
その羽は何時間もかけ徐々に広がり立派な羽となりました。
幼虫の背中から服を脱ぐように、姿が全く違う生き物が出てくる様子に驚き、
その白いセミの姿の美しさに感動しました。
それ以来僕は「変態」が大好きです。

よろしくお願いします。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日
 


気に入ったらクリックお願いします
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/76-6a535407
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。