動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2013.07.12_01:19


暑い

梅雨が明けたとおもったら、
連日気温は35℃を超え、夕方にはスコールが、
これはまるで亜熱帯の気候。空にはセキセイインコが飛んでいました。
今後地球はどこへ向かうのか?
この暑さは比較的暑さに強いネコちゃんにとっても暑すぎます。
ましてや暑さに弱いワンちゃんにとっては辛すぎます。
熱中症気をつけてください。
特に心臓病のワンちゃん、夜中から朝にかけて熱中症になることがあるから要注意です。

ネコちゃんの祖先は北アフリカの砂漠なので、
本来暑さに強く、少ない水分摂取でも生きていける体をもっています。
暑い時は体をせっせと舐め気化熱で体を冷やします。
だけどこの暑さはさすがのネコちゃんにもきついようで体調を崩し来院する子がいます。

この暑さをものともしない哺乳類はというと、
背中に特徴的なコブをもつラクダです。
ラクダには西アジア原産のコブが1つのヒトコブラクダ
中央アジア原産の2つのコブをもつフタコブラクダがいます。

この地球上で、もっとも過酷な環境に生息しているラクダ、
この環境で生き抜くために、独特な進化を遂げ
背中に大きなコブを持つようになりました。
僕が小学生の時、鳥取の砂丘のラクダの映像がテレビから映し出された時、
父は自慢げに「ラクダのコブの中には水が入っているんだ」と教えてくれました。
違いました。コブの中身は脂肪です。
体中の皮下に脂肪をつけると脂肪の服を着たことになり、
体の熱をだしにくくなります。
そのためラクダは脂肪を背中の一か所に集めました。
この脂肪を背中に集めることにより、
背中以外の脂肪のないところから熱を放熱し
背中の脂肪は、
太陽からの直射日光を遮る断熱材になりました。
そして、餌のない砂漠で長期間食べなくても、
背中の脂肪をエネルギーに変えることにより生き抜くことができるようになりました。
背中の脂肪はお弁当になのです。
当然、脂肪を消費すればコブはだんだん小さくなります。
砂漠には食べ物もありませんが、もっと大切な水もありません。
そのためラクダは一気に100リットル以上の水を飲み貯めておくことができます。
100リットルということは体重も一気に100kg増えるということ。
さて100リットルもの大量の水をどこに貯めておくかというと、
血液として体全体に貯めておきます。
他の哺乳類は血液中に水分が多いと赤血球が破裂してしまいますが、
ラクダの赤血球は水分が多くても破裂しないようにできています。
その上、取り込んだ水をできるだけ出さないように、
汗をかきません。
そして尿の量も極力へらすため、尿をろ過しリサイクルできるよう、
特殊な腎臓・肝臓をもっています。
よって尿は濃く少量しか出しません。
また、人間の場合は体重の1割程度の水分が失われるだけで、
命の危険がありますが、
ラクダは4割の水分が失われても元気です。
そのかわり、水を見つけると100リットルの水を一気飲みします。

もっと暑さに強い生き物がいます。
それはクマムシ
クマムシは緩歩動物門の動物の総称で、体長1ミリにも満たない小さい生き物で、
歩く姿が熊みたいなためにこの名前で呼ばれています。
熱帯から極地、深海から山、海・陸と、
地球上のありとあらゆる環境に生息しています。
そして、マイナス273℃の低温から150℃の高温でも死なず、
強い放射線を当てても生き残る不死身の生き物です。
もっとすごいのが、120年間も眠って過ごすことができるのです。
ただし、極限環境で耐えるためには、
クリプトビオシスという状態になっている必要があります。
クマムシは乾燥すると体を樽のように丸めて乾眠状態(仮死状態)になります。
この状態をクリプトビオシスといいます。
水をかけるともどって生きかえります。

でも、本当に暑さに強い生き物は、
熱帯から極地に生息する
「人間」です。
人間は毛が少ないため、汗をかくことができます。
ちなみに、汗をかく動物は人間と馬ぐらいです。
たいていの動物は全身毛が生えているため汗をかきません。
人間は暑い時、汗をかくことによって体温を下げます。
そして寒い時は毛の代わりに服を着ます。
時には他の動物の毛皮すら着てしまいます。
あんまり暑い時や寒い時は自分の体だけではなく、
生活空間自体を冷やしたり温めたりもします。
しかし、人間はおバカさんでした。
そんなことばかりしていたら、
地球全体の温度を上げてしまうことに気付かなかなかったのです。
おかげで、自分達の住んでいる場所が毎日35℃を超え、
ゲリラ豪雨や雷、
時には竜巻すら襲ってくる恐ろしく住みにくい空間にかえてしまいました。
現在の地球環境の激変は、6回目の大絶滅を起こし始めました。
5回目の大絶滅は、白亜紀後期の約6500万年前に起こりました。
この大絶滅は恐竜の絶滅で知られており、生物全体の半数以上の種が絶滅しました。
この原因は地球に小惑星が衝突したため、この時に巻き上がった粉塵が太陽の光を遮り、気温低下がおこり大量絶滅につながったと言われています。
この時は数百万年かけて絶滅が起こり、絶滅速度は1年あたり10~100種であったと計算されています。
しかし、現在起こっている大絶滅は、地球上に生息する人間という
たった一種の生き物の生活活動により起きており、
絶滅速度は1年間に40000種です。
これは一時間に4・5種の生き物が地球上から消えているということです。

今このブログを書いている間だけでも
10種以上の種が地球上から消えて行ったことになります。
この暑さは地球の悲鳴なのかな・・・・。


告知
●7月14日(日)午前10時から12時
 TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」にゲスト出演します。
 聴いてください
●WEB「R25」に
 “元動物園の獣医に聞く 真夏の動物トリビア”
 7月下旬に掲載されます。


よろしくお願いします。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/73-635aba98
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

いつもお世話になってます(^^)v
今日のラジオ聞きましたよ!
面白かったです\(^^)/
いつもお世話になってる先生の声がラジオから聞こえるって不思議な感じでした(笑)

モコ母ちゃん | 2013.07.14 12:32 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2013.07.21 19:25 | edit

Re: タイトルなし

安住さんとってもいい人でした。
黒いポロシャツを着ていました。
スーツ以外の姿にびっくり。
台本と全く違う話になって、
めちゃくちゃな内容でちょっと反省しています。
つきまるにゃん | 2013.07.21 23:13 | edit

Re: 子猫

猫ちゃん元気でほっとしています。
強く元気に育ってほしいです。
つきまるにゃん | 2013.07.21 23:14 | edit