動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2011.12.06_19:36
刑事犬カール 
「カール♪」
かわいい声で女性が呼ぶと、颯爽と大きな犬が走ってきます。
そして、テレビの画面いっぱいに『刑事犬 カール』があらわれました。
カール

月曜日は宿題を早く済ませて、いつもはだらだら食べる夕ごはんをさっさと済ませ、
午後7時30分きっかりにテレビの1番前に陣取ります。
僕の大好きな「刑事犬カール」を見るためです。
大きくて賢くて強い、ジャーマンシェパードカールが犯人を捜し出し
そして、格闘の末逮捕。かっこいい!

次の日僕は必ず、愛犬「ジュン」“刑事犬ごっこ” をしました。

「待て」など教えていないので、リードを離すと同時に僕は全速力で走ります。

10メートルほど離れた所で振り向きながら「ジュン」と呼びます。
カールのように疾走してくる・・・はずの彼は、
しっぽを丸め腰を低くしながら、自分の小屋に逃げ帰って行きました。
彼は小さくて小心者の犬だったのです。

彼は今でいうMIX犬、当時は雑種犬と呼ばれていました。

鳥取県警が トイプードル を “警察犬” に採用というニュースを見ました。
警察犬トイプードル

可愛いけど違う・・・僕の考える“刑事犬”は大きく強いシェパード。
開襟のシャツに、大きなサングラス、白いスラックスで、左手に人質、右手に包丁、
こんな犯人に向かっていくのはやっぱりシェパードじゃなくてはダメ。
もし、あの可愛いぬいぐるみのようなトイプードルが向かって行ったら。
多分、犯人は包丁を離さないでしょう。

ちなみに、警察犬ではなく刑事犬です。
※最近知ったのですが、刑事犬はこのドラマの造語だそうで・・・。

ニュースには続きがありました。
「鳥取県警は12月上旬に正式に嘱託し、早ければ来年1月頃から行方不明者の捜索などで出動する。
大型犬が入れないような狭い場所での活動で才能を生かしてほしい」
そうだよな、犯人逮捕だけが仕事じゃないよな。

警察犬の大事な能力のひとつに嗅覚があり、
犬の嗅覚は人間の1億倍といわれています。
え、じゃあ1個のうんちで1億個分のうんちのニオイを感じるの?
いやいや、ニオイが1億倍になるわけではなく、
人間が感じる1億分の1のニオイまで感じとることができる、
つまり少ないニオイでも感じとれるということです。

本来肉食獣である犬は狩りをするため、

動物が出すニオイ・体臭・オシッコ・うんち などのニオイに特に強い嗅覚を発揮します。
全ての物について嗅覚が1億倍になるわけではなく、得意・不得意があるそうです。

得意なのは好きなニオイです。
そして、人間とは好きなニオイが違います。

犬にとって3日間はいた靴下のニオイは臭くないのです。

僕の出す親父臭だって、ワンちゃんにとってはいい匂い。
逆に整髪剤、香水など人工的な香りは嫌いのようです。


現代のワンちゃんは狩りの為に嗅覚を使うのではなく、大好きな人を探すために、
嗅覚を使っています。

本当を言うと、テレビの一番前に座った理由は、カールも好きだったのですが、

訓練士役の木ノ内みどり ちゃんが目当て。くりくりした目、可愛かったな・・・
そんな彼女は竹中直人さんと結婚しました。がっくり

   〈東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功〉




気に入ったらクリックお願いします↑
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/7-237df419
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可