動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.09.29_16:37



天井のシミが動く


布団にはいってウトウトしていた撲に
猛烈な尿意が襲ってきました。
ボーッと朦朧とした意識の中で、寝る前に飲んだ紅茶を悔やみつつ、

“起きてトイレに行こうか” 
“我慢して寝続けようか” 

布団の中で悩んでいました。

しかし、ついに我慢の限界がきました。
出来るだけ、眠気が飛ばないように
薄目を開け、電気をつけました。
「オヤッ」
天井に何か黒いシミが
あれ!動いたような。
いや確かに何か黒い物体がいる。
そして、うごいている。
ラッキー
“クワガタ”だ。
のわけないか・・・・。

撲は布団の横においてあるティッシュの箱を掴み、
天井の黒い物体に投げました。
顔に向かい落ちてきた箱を巧なフットワークでうまくよけた撲、
しかし、よけた顔の鼻に何かがポトリ、
それはすぐにサワサワサワと撲の顔の上を軽快に走り逃げていきました。
顔で触れた感覚から大きさは3cmを超えていることがわかります。
それから2時間、奴をついにカラーボックスの裏に追い詰めました。
丸めた新聞でバシン。
奴はお尻から液体をだしながらついに息絶えました。
その死体をティッシュでくるみごみ箱へ捨てました

黒光りする1匹の虫 

それは、悪名高きゴキブリです。
「一匹いれば30匹」の言葉どおり、
翌日には、大小ゴキブリが6匹。
撲とゴキブリの仁義なき闘いが勃発しました。

敵を倒すには敵のことを知らなくてはと

ゴキブリのことを調べました。
チャバネゴキブリの寿命は百五十日、
一生の間に40個程度の卵が入った卵鞘を8個ほど産みます。
つまり5か月で三百二十匹の子供をつくります。
このままの計算でいくと1ペアのゴキブリが
1年後には1千万匹以上になるという恐るべき繁殖力です。
足の速さは秒速約1.5m。
これはゴキブリの大きさを考慮するとチーターの3倍の速度に値します。
そして、驚くべきことに、ゴキブリはなんと頭と尾に2つの脳をもっており、
この2つの脳の間は高速(普通の神経の十倍の早さ)の
巨大な神経線維でつながっています。
そのため脳からの指令は肢までわずか0.045秒で伝わります。
人間が新聞をもった時には、すでに逃げているわけです。
ゴキの食べ物はというと、
肉・魚・ジャンクフードといった人間の食べ物すべて、
そのほか木・紙・ウール・革、はては人間のまつ毛までなんでも食べます。
この恐るべき食性の広さは胃の中に歯のようなものがあるからです。
また、水だけで1か月以上生きることもできます。
もっと凄いことに、放射線にも強く、
ビキニ環礁の水爆実験でも死に絶えなかったそうです。
ちなみにゴキブリだけでなく甲虫も放射線に強いようです。
調査の結果かなり手強い相手と判明。

今回の失敗は、

“ごみ箱に捨てたこと”
ゴキブリが死に際に出した体液には、
集合フェロモンが含まれており、
その匂いを求め、仲間が次々と集まってきたようです。
ゴキブリは、仲間と暮らしたい欲求がとっても強いのです。
見つけても新聞などで潰すのはやめたましょう。
逃げている間に、フェロモンをだし仲間を呼ぶ上に、
つぶれた時に出た体液にもたっぷりフェロモンが含まれています。
潰した時は、死体とともに、
フェロモンのついた使用した武器も外に出しておくことが必要です。

その後の戦いは

まずは大掃除から始めました。
冷蔵庫を動かすとゴキちゃんの糞らしきものが、
カラーボックスの裏には卵がたっぷりくっ付いていました。
次にゴキブリホイホイをしかけました。
こんなにもいたのかとビックリするほどたくさん捕まりました。
これで完璧です。

ゴキブリというと、
以前とある動物園に遊びに行き、
飼育員と飲んでいると、
「フサオマキザルが風邪ひいたから診てくれ」ということで、
閉園後の動物園に行き、懐中電灯を片手にフサオマキザル舎に向かいました。
そして、獣舎の中に入り、懐中電灯で床を照らすと、
撲はウーロン茶しか飲んでいないのに、
床がユラユラと動きました。

もう一度床を照らすと、
「グエッ」
床いっぱいにいる大量のゴキが一斉に動き出したのでありました。

ゴキブリとの闘いを終えてから2週間、

今撲は大好きなビスケットとコーヒーを食べながらパソコンに向かっています。
おっとビスケットのかけらが割れて机の下に、
それを拾おうと机の下を覗くと
あれ、何か2匹の黒い物体が・・・。




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/52-045a6c9f
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

先生こんばんは。

割と田舎育ちの私は、大抵の虫は大丈夫なのですが、背の光るあの子はどうも苦手です。
カナブンやクワガタとそれほど変わらない容姿の筈なのに…チラリと見えただけでヒーーッΣ(゚д゚lll)となります。
その生命力や生態には関心ありますが、出来るなら見かけたく無い存在です…。
はなわさび | 2012.09.30 23:30 | edit

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
実はゴキブリを飼ったことあります。
マダカスカルゴキブリ
飼っているとちょっと愛情が出ました。



> 先生こんばんは。
>
> 割と田舎育ちの私は、大抵の虫は大丈夫なのですが、背の光るあの子はどうも苦手です。
> カナブンやクワガタとそれほど変わらない容姿の筈なのに…チラリと見えただけでヒーーッΣ(゚д゚lll)となります。
> その生命力や生態には関心ありますが、出来るなら見かけたく無い存在です…。
つきまるにゃん | 2012.10.02 14:30 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。