動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.18_18:55
涙をながす


「先生、うちのミーちゃんごはん食べながら涙ながすの、
ミーちゃん食いしん坊だから、うれしくて泣いちゃうのかね」
ミーちゃんは猫ちゃん、やや太り気味のペルシャです。
「ごはんの時だけですか?」
「うん、そうなのよ。ゴハンの時間になるとお椀の前に座ってね、
 目をウルウルさせながら私がゴハン入れるのをまってるの。
 そしてね、ゴハンを食べだすとポロポロと泣くのよ。」
 ミーちゃん涙をながすのは、ゴハンの時だけのようす。


涙は目の上にある涙腺から分泌される血液から作られている液体です
血液からできているのに透明なのは、涙腺に取り込まれる時、
毛細血管により赤血球などの大きな成分を取り除いているためです。
成分は90%以上水分が占めており、
残りはナトリウム・カリウム・カルシウムなどの電解質、
抗菌作用のあるリゾチームなどが含まれています。
ちなみに、オシッコ・ウンチ・鼻水・汗などの体から出る物質の中では一番きれいです。
なぜ涙がでるのかというと、涙には目を守る大切な働きがあります。
涙腺から出た涙は、ゴミや細菌から目を守り、目の表面(角膜)を潤し、
目が乾かないために常に少しずつ出ています。
出てきた涙は再び目頭にある穴(涙鼻管)から吸収されます。
しかし、涙が多すぎると吸収しきれずに、目からポロポロと流れ出ます。
これが涙を流している状態です。

涙の種類には3つあります。
<基礎分泌>目を潤し、栄養分与えたりする、ほとんど無意識に、常に流れている涙。
<刺激>まつ毛がはいったり、殴られたり、玉ねぎを切ったりなど刺激による涙。
<感情>悲しかったり、嬉しかったり感情によって流れる涙。


脳(大脳辺縁系)は、悲しい・悔しいなどの感情を感じると、
自律神経を使い涙腺に涙を出すように命令します。
なんのために、涙を流させるかというと、
<感情>の時だけに含まれる成分に秘密がありました。
この涙には、ストレスを感じた時にでるストレス物質(副腎皮質刺激ホルモンなど)が
含まれていました。
この物質は、悲しい・悔しいなどの感情が高ぶりストレスを感じると
体内にたくさん放出されます。
脳は、その過剰に出てしまったストレス物質を出す方法として、涙を利用したのです。
涙を流すとスッキリするのは、涙としてストレス物質を体から排出したからです。

これがもし、オシッコとして出すように命令したら、
恋人同士が別れる悲しいシュチュエーションの時、
オシッコを垂れ流すか、一番大事な時にトイレに行くなど
非常にマヌケなことになってしまいますね。
涙でよかった。
笑った時も涙がでますが、この時はストレス物質を出すためではなく、
笑うと“ほっぺ”が上がり、ただ単に涙腺を圧迫するためです。
あくびも一緒です。

さて、ミーちゃんはなぜゴハンの時だけ涙を流すのでしょうか。
ネコちゃんやワンちゃんも人間と同じように大脳辺縁系が発達しているので、
豊かな感情はありますが、この感情により涙を流すのは人間だけと言われています。
つまり、悲しくて涙を流すのは人間だけなのです。

いやいや「うちの子はさみしいと目をウルウルさせて涙を流すよ」
という人がいると思いますが、
これはワンちゃんは、飼い主さんの顔を見るために上を向いているので、
基礎分泌による涙が上手く涙鼻管から吸収されず、目に溜まってしまい、、
涙をながしているように見えるのです。

でもね、これはあくまで説で、僕が初めて飼った犬の"ジュン"は、
僕が大学生になり家を出ることになったお別れの時に、
確かに涙を流しました。
あれは基礎分泌ではなく刺激でもなくさみしくて泣いていたのです。

ミーちゃんの話に戻りますが、食事の時だけ涙を流すネコちゃんは結構います。
食いしん坊が多いようで、食べ物を見てよだれがでると、
涙腺も刺激してしまい、よだれと一緒に涙も出てしまうのです。
また、ミーちゃんのように目が大きくて鼻ぺちゃのペルシャは、
涙が排出される涙鼻管が閉じやすいのと、
食事中下を向いた時に、下瞼の皮膚や毛が目に入りやすく涙が出やすいのです。
刺激による涙です。

さ、今から「ライフイズビューティフル」でも見て思いっきり涙を流そう。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします


スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/40-b124afcc
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.06.27 22:55 | edit

うれし涙

飼い主さんにとっては、何故涙を流すのかという原理よりも、喜んで涙を流している、と思える方が幸せですよね(^_−)−☆
はなわさび | 2012.06.27 23:01 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。