動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.11_23:20
絶滅危惧種

「ゲロ ゲロ ゲロ、グゥワ グゥワ」

「ケロ ケロ ケロ」

「モヲーーーモヲーーー」

信州の家の前には棚田がひろがっています。
そこに水が張られ稲が植えられていました。

太陽が沈むと、
田んぼの水面は鏡のように輝き、
それぞれの田ごとに月が浮かびます。
春のやさしい風が吹くと、
それぞれの月がゆらぎ、とっても幻想的な景色となります。
それに合わせるかのように、カエルの大合唱が始まりました。
僕は、人差し指にバンソウコウをつけ、
たくさんの月とカエルの声、
そして、熱いお茶とわらび餅を楽しみました。
足元のバケツには赤い大きなハサミをもった生き物がいました。



家の近所には棚田とともに、たくさんのため池があります。
そこは僕にとっては宝の山。
今回はその池で、先端にハムのついた糸を垂らし、ザリガニつりをしました。
まだ透明な小さなザリガニから、15センチを超える真っ赤なザリガニまで
ものの30分ほどで、10匹以上捕まりました。



捕まえたザリガニは、アメリカザリガニ
アメリカザリガニは名前のとおり、
アメリカから移入された外来種(本来日本に生息していない種)です。
昭和2年ウシガエルの餌用として、
神奈川県の鎌倉食用カエル養殖場に20匹が初めて持ち込まれました。
その後増えたアメリカザリガニが逃げ出し、あっという間に日本全国に広がりました。
ちなみにウシガエルも外来種、ウシガエルも逃げ出しあっというまに全国に分布をひろげました。

本来日本にいたザリガニはニホンザリガニで、
今は北海道の一部と青森・岩手・秋田の3県にだけ生息しています。
ニホンザリガニは暗褐色で、大きくても6cmほどの小さなザリガニです。
北海道で捕まえたことがありますが、体の割にはハサミが大きく、
小さいくせにやたらに力が強く、挟まれる痛さはアメリカザリガニの比ではありません。
以前は北海道や東北地方の川や池にたくさんいたニホンザリガニは
外国からやってきたアメリカザリガニやウチダザリガニとの戦いに敗れ、
そして生息地は汚染されたり、開発され、
個体数が減り、今では絶滅が心配されています。

このため池には、アメリカザリガニ以外にもたくさんの生き物がいます。
イモリ、フナ、ヤゴ、ナマズ、ミズカマキリ、タイコウチ
そして、“シナイモツゴ”が生息しています。
このシナイモツゴは、クチボソの愛称で知られるモツゴの仲間で、
モツゴより頭の大きく、ずんぐりむっくりした体型で、
体長7~8cmの小さな魚です。
戦前には関東以北にはたくさん生息していたのですが、
最近は減少の一途をたどり絶滅危惧種に指定されるほど個体数が減っています。

そんなシナイモツゴが10年ほど前にこのため池にも生息していることがわかりました。
なんでシナイモツゴが減少したかというと、
日本の南の地方に生息していたモツゴがだんだん北に生息地域を広めてきたためです。
シナイモツゴとモツゴが交雑すると繁殖能力のない雑種が生まれます。
そしてなぜか、シナイモツゴの雌とモツゴの雄との間で交雑がおこるため、
モツゴの雄が生息地に入ってくると、シナイモツゴの子供はみんな交雑種になってしまい、
こどもが生まれなくなってしまいます。
最終的には池からいなくなってしまいます。
たまたまこのため池にモツゴがはいってこなかったため、
シナイモツゴが残っていたのでした。
しかし、この池にも危険がせまっています。
シナイモツゴの敵はモツゴだけではありません。
スポーツフィッシングのために、人間が放流する外来種のブラックバスです。
ブラックバスやブルーギルは魚食性のため、
小さなシナイモツゴなどあっというまに食べてしまいます。
ブラックバスが数匹池にはいるだけで、
繁殖力もすごいため、あっという間に増え、シナイモツゴなどすぐに食べつくされてしまいます。
実際周りのため池の何か所かは、ブラックバスがいるため、
シナイモツゴをはじめ日本の在来種の魚がいなくなってしまいました。

「モヲーーーモヲーーー」と鳴く
ウシガエルもたくさんいます。
アメリカザリガニ・ウシガエル・ブラックバス・ブルーギル
こんな信州の山の中にも、外来種がいっぱい恐るべし。



人差し指のバンソウコウの理由
出川さんの鼻にザリガニ、あれは本当に痛いです。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/39-1ff29e4c
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。