動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


猫の往診

ある朝、病院に電話がありました。

「うちの子、昨日から元気がなくて御飯食べなくて・・・。診てもらえませんか。」
「それでね、あたし足の調子が悪いから連れていけないので」
「往診お願いします。」
「わかりました。捕まえておいて下さいね」 僕がお願いすると
「うちの子はおとなしいから大丈夫です」 というお答え。
僕の頭にちょっと不安がよぎりました。 

往診にいくと品の良いおばあちゃんと一緒に黒猫が出てきました。
そして、僕が名前を呼んだ途端、
彼はものすごいスピードで2階に駆け上がっていきました。
不安的中です。

2階の寝室に入り込んだ彼は、
おばあちゃんが名前を呼ぼうが、好物の削り節を持ってこようが、
タンスの上から降りてきません。
僕が近づくと背中を丸め、全身の毛を逆立てて「シャー」と一声、

そしてタンスから飛び降りると、タンスと壁の狭い隙間に入り込みました。
完全にお手上げです。

犬は本来仲間同士で協力しあいながら獲物をとるため、場所より仲間が大事なのですが、
猫は一人で狩りをするため「餌を確保する場所」が大事で縄張り意識が強いのです。

その大事な縄張りにあやしいオーラを放つ僕が来たので、まずは威嚇し追い払おうとしました。
けれどもかなわないと思ったのか、安心な場所に逃げ込んだのです。
僕が勝ったのです。いやいや勝ち負けではない、診療しに来たのにこれでは・・・。
結局おばあちゃんと30分ほど楽しいお茶の時間を過ごし、
彼に触れることもなく病院に戻ることになりました。

このようにネコちゃんにとって完全なホームである自宅では、
ネコは自由に動きまわり思うように診察ができないこともあります。


病院の方が完全なるアウェイのため固まって動かず、
聴診・注射などゆっくりと診療ができます。
中にはアウェイでも思う存分暴れ回るつわものもいますが。

ちなみにネコは100mを7秒台で走れます。
ボルトより2秒も早い。
その上木登りが得意、瞬発力も素晴らしく助走なしで2mもジャンプ!
いったん逃げたら捕まえられません。
ですから、往診の時はできるだけ隠れ場所のない部屋に閉じ込めておいて下さいね。
さてさて今回のネコちゃん、僕が帰ったあと、
「大きなうんちをたくさん出しすっかり元気になった」という電話がありました。
便秘でした。
僕とのおいかけっこが適度な運動となり、腸を動かしてくれたのでした。

 〈東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功〉


気に入ったらクリックしてね↑
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/3-f1cd975c
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

No title

ブログスタート おめでとうございます!
五十三次動物病院のHPを探していたところ、こちらを発見しました。

クロネコちゃんとは違い、ウチのチャーリーは病院と先生達が大好きなようで...。
朝晩2回の散歩の途中、病院の階段登りを日課にしているみたいです。
やれやれ (-。-;
キャバリア チャーリー | 2011.11.29 18:29 | edit

Re: No title

コメントありがとうございます。
嫌われることが多いのに
気に入ってくれてありがとうチャーリー。
つきまるにゃん | 2011.12.01 12:23 | edit