動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.03.18_13:22

「サルの惑星」 


車のボンネットの上で「ドンドンドン」

飛び跳ねる黒い大きな塊。
フロントガラスを蹴る太い足と殴りつける拳。
車内で恐怖に震える4人の男。

黒い塊は保護区から脱走したチンパンジーの“ブルーノ”とその仲間達。

何気なくつけたテレビでこんなシーンが映っていました。
あー「サルの惑星」の放映か。
と思っていたら、アフリカ西部シエラレオネで実際におきた出来事の再現フィルムでした。
ぐわー 恐ろしい、「サルの惑星」の場面そのもの。
やがてフロントガラスは突き破られ
筋骨隆々のチンパンジー“ブルーノ”が車の中に入ってきました。
運転手が必死にエンジンをかけ、車を動かし、何とかその場からは逃げたのですが、
すぐにフェンスに激突、エンジンが止まってしまいました。
そして、再び襲ってきたブルーノは運転手を車から引きずりだし、
両手両足の爪をはがしたうえに、顔面全部を食べてしまいました。

チンパンジーというとやさしく・賢い

“志村どうぶつえんのパンくん”を思い浮かべる人が多いと思います。

あんなにも可愛いチンパンジーが人間を襲って、そのうえ食べてしまうなんてあり得ない、

人間を襲うとしたら“ゴリラ”だよなと思うかもしれません。

でも実は、チンパンジーは果物や木の実も好きですが、お肉も大好き
野生では小さなサルを、集団で襲って食べたりもします。
力もすごく握力は軽く300㎏を超えると言われています。
成人男性の7倍以上。
僕の目の前で雄のチンパンジー“サトシ”は、
直径2.5cmの鉄棒を、腕力だけでグニャと曲げたことがあります。
腕力もすごいのですが、発達した顎による噛む力もすごく、
トンカチでもなかなか割れない固い殻をもつオニグルミを、
2~3個口に放りこみ、いっきに簡単にバリバリと割ってしまいます。
人の指など簡単に噛みちぎってしまいます。

逆にゴリラは葉や木の実・果物などしか食べず、肉は食べません。完全な草食です。 

ゴリラはキングコングのイメージが強く

「凶暴で怖い動物」と思われ、「猿の惑星」の中でも、
ゴリラ族は好戦的な軍事集団として描かれています。
しかし、近年ゴリラの研究が進むにつれ、

本当は人間よりもはるかに

 道徳的 であり 平和主義者 だとわかってきました。

好戦的なポーズに思われがちな、胸を拳で叩くドラミングの行為は、

実は戦いを避けるためにおこなっているジェスチャーなのです。
ドラミングの典型的イメージは敵に向かい

「かかってこい」と争いを挑発しているように見えますが、

相手に向かい自分がこの群れのリーダーであることを示し

「さっさと立ち去れ」という威嚇の意味なのです。

戦いを避けるためにおこなっているのです。

では、肉を食べるチンパンジーのパン君の、
テレビの中の“優しさ”は演技なのでしょうか、
本当は“暴れん坊で凶暴”なのでしょうか、
そんなことはありません。
僕は、親が育児放棄したチンパンジーのアサコを育てたことがあります。
チンパンジーは人に最も近縁な動物で、賢く社会的な動物です。
その社会的能力は人と比べても劣ることはありません。
実際アサコも、賢く、遊ぶことが大好きな陽気な女の子でした。
僕が手をケガした時、その傷口を心配そうにのぞき込み、
指で優しく撫ぜてくれる優しい子でした。
時々気に入らないことがあると、怒って興奮することはありましたが、
抱っこをするとすぐに落ち着きました。
基本的に陽気でお茶目で優しい生き物です。

それなのになぜ、ブルーノは人間を襲ったのでしょうか。

食べるために小型のサルを襲うことはありますが、
車に乗った人間を襲うのは、食べるためではありません。
顔は食べられましたが、本当にお腹がすいて襲ったとしたら、
顔だけではなく全てを食べ尽くします。

ブルーノは子供の時に、保護区域のマネージャーに引き取られました。
非常に力があり賢いチンパンジーでした。
ここに今回の事件の理由があると思います。
「子供の時連れてこられた」ということは、
たぶん母親は死んでしまったと思います。
チンパンジーの母親の愛情は深く、いつも抱っこをし、常に子供を見守っています。
死んでしまう以外に一人でいることは考えにくいのです。
死んだ理由は病気だったのでしょうか?
ブルーノの異常なまでの執念深い襲い方は

餌のためではなく憎しみ・恨みからだと思われます。

ブルーノは子供のとき人間を恨むような体験をしたのでは、

“目の前で人間の手によって母親を殺された”ことが想像できます。

非常に賢いチンパンジーは
楽しかったこと、優しくされたこと、愛情も覚えていてくれますが、
憎しみも忘れません。
悲しいことにチンパンジーの賢さは
人間への恨みを忘れさせず、増幅させていたのではないのでしょうか。
そしてこのような悲劇が起こってしまったのです。

アサコと僕は親子でした。お互いが愛情で結びついていました。
チンパンジーは決して、理由もなく暴れたり襲ったりする
“野蛮で凶暴な生き物”ではありません。
僕の付き合ったチンパンジー アニー・ミセス・サトシ・タダシ・タカ・アツシ 
みんな性格は違いましたが、共通していたのは賢くやさしかったことです。

保護区から逃走した31頭のブルーノとその仲間たちは、
その後27頭は捕まりましたが、ブルーノを含む4頭の行方は今も不明です。
森に中で潜んで静かに暮らしているのでしょうか、
それとも・・・・。

<東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功>




気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/25-13324b95
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

気持ち

動物には言葉等通じないと言う人もいますが、私は人よりもきちんと聞いているし、感情に敏感だと思います。
今回、人の都合で野良だった猫を家に連れてきましたが、その子が安心して暮らしていけるように心を尽くしたいと思います。
はな | 2012.03.19 07:03 | edit

Re: 気持ち

言葉が通じない分うそがつけません。
言葉はないけど気持ちはすごくよく伝わります。
猫ちゃんかわいがってください、こころはつながりますから。
つきまるにゃん | 2012.03.20 10:23 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。