動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2012.02.18_10:16
ふぇ~っくしゅん

今年一番の寒い日ことでした。
朝の掃除を終え、甘いチョコを食べながら朝のコーヒーを飲んでいると
いつもはしっぽを振り振り、リードを引っ張りながら元気いっぱい病院にやってくる
ポンちゃんが、フリースの毛布に包まれ、
お母さん(ポンちゃんの飼い主さん)に抱っこをされてやってきました。

ポンちゃんは今年7才の女の子、体重1.5kgの小さなチワワです。

僕は笑顔で「大丈夫?」優しく声をかけました。

「大丈夫なわけありません」いきなり怒られる僕でした。
この日のお母さんは、モコモコのダウンに毛糸の帽子を深々かぶり、サングラス
元気もなくちょっと不機嫌。
「どうしました?」
「おとといの夜から元気がないの。鼻水は垂らすし、
昨日はちょっとしかごはん食べなかったのに、そのごはんも吐いちゃったのよ」
「そしてね、ずーとあたしにくっついて離れないの」

すぐに診察台の上に乗せました。
親指でそっと耳に触れると、寒い外から来たのにもかかわらず、
ほんわりと温かくお熱があることがわかりました。
このやり方はお熱を確かめる一番簡単な方法、
普段から耳の内側を親指で触っていると、
お熱が出るとわかるようになりますよ、おすすめです。

体温計で体温を計ると確かに熱がありました。
どうやら風邪をひいたようです。
そのことをお母さんに伝えると、

「え、ワンちゃんも風邪をひくの?あたしの風邪うつったかしら。
あたしも先週からずーと鼻水が止まらないの。今も頭痛いのよ」

「へ~っくしゅん」お母さんは大きなくしゃみをしました。

直ぐに診察台に乗ってもらい、僕はそっとお母さんの耳を指で触れて・・・・。
これは“うそ”ですよ。

ワンちゃんも風邪をひくの?
風邪は呼吸器系に病原菌が入り込み悪さをする総称。
お腹にはいり胃腸に悪さをするのは、お腹の風邪とも呼びます。
人間の風邪の症状は、頭が痛い・熱が高い・寒気がする・鼻水が流れる
喉が痛い・咳が出る・食欲がない・下痢をする・吐いてしまうなどです。
ワンちゃんも病原菌が体の中に入り込み、その菌が悪さをすると、
やっぱり咳や鼻水、高熱、下痢、吐くなど人間と同じ症状が出ます。
ワンちゃんも風邪をひきます。

人間界では、インフルエンザがはやっているようですが、
ワンちゃんの今冬の症状は熱と吐くことが多いように感じます。
人間の風邪は犬にはうつりません。人間は人間同士、犬は犬同士でうつしあいます。

小さく体力のないポンちゃんは、風邪による高熱でぐったりしていたのでした。
肺炎になる恐れもあるため、すぐに治療を始めました。

ネコも風邪ひくの?
ネコもひきますよ、ネコにはとくに症状を悪化させる2つのウイルスがあります。
症状はクシャミ・目ヤニ・鼻水・ヨダレ・高熱です。
ネコの風邪もやっぱり犬や人間にはうつりません。
犬もネコも年1回のワクチンの接種によりだいぶ発症を抑えられます。
ワクチンは絶対おすすめです。

チンパンジーも風邪をひく
チンパンジーも風邪をひきます。
ある日チンパンジーのミセスが風邪をひきました。
彼女は風邪をひくと床暖の入った一番暖かいところで、
麻でできた袋を体にかけてひたすら寝ています。
僕は毎日往診に行きました。
まずは、胸と背中を聴診します。
次は大きく口を開けさせ喉を見ます。
そして口の奥をのぞきこんでいた時でした、

「ふぇ~っくしゅん」

彼女は“ドリフのカトちゃん”ばりの大きなクシャミをしました。
彼女の鼻水・ヨダレすべてを顔全体で受け止めました。
僕は真剣に何かを見るとき口が半開きになるくせがあります。
口の中にも大量のいろんな液体が飛び込んだのでした。
予想通り、翌日から僕の鼻からは大量の液体が流れ出るようになり、
体中がだるくなりました。
そして彼女の風邪はすっかり良くなりました。
風邪を治すには人にうつすが一番。
チンパンジーの風邪は人間にうつります。体験しているので間違いないです。
ミセスはクシャミのあと、僕を見てニヤッとしました。
まさか狙っていたのでは。

3日間後ポンちゃんは、
ナチュラル化粧にストールをまいたオシャレなお母さんを、
ぐいぐい引っ張りながら病院にやってきました。
お母さんもポンちゃんもすっかり元気。
お母さんはいつもの優しい笑顔と声で

「おはよう先生」

そして僕の鼻からは大量の鼻水がたらーり
人間から人間はうつります。

<東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功>




気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/21-19e1c3fc
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可