動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

注意 
今回は非常に危険な描写があります。
食事をしながらの閲覧はおやめください。
   



「うぇっうぇっうぇ」
僕の愛猫「ロン」が背中をまるめ、首を伸ばしながら、

口から茶色い ツブ ツブ を吐き出しました。
やや太り気味で食いしん坊のロンは、
お皿にキャットフードを出したとたん、

「シャンシャンシャン」首につけた鈴を鳴らしながら
すごい速さでやってきます。

そして「ガフガフガフ」と一気に口の中に流し込みます。
食べているというより、流し込むという感じ。
そして、その後すぐ

「うぇっうぇっうぇ」です。
ほとんど原型のままのキャットフードが、お皿の横に広がります。
次はそのお皿の横の、自分の口から出たものを、再び口の中に。

今度はそれを見ている僕が「うぇ」です。

ロンは“食いしん坊”という病気。
だれも横取りしないのに、食いしん坊猫は、
食べ物をあわてていっきに食べ、よく吐きます。
その後ケロっとして、再び食べたり、
前足を舐めながら、口の周りや顔を撫でるなど
落ちついている時は問題ありません。

他にも、体を舐めて手入れをするネコちゃんはどうしても毛を飲み込んでしまうことがあり、
この胃の中にたまった毛を出すためにやはり吐きます。

そして必ず “毛と胃液と消化された食べ物のMIXされたもの”は、

「ここでは吐かないで」と思ったところで吐きます。

もう一匹の愛猫の「ラン」も「ウェッ」のそぶりをすると、
僕はあわてて処理しやすいフローリングに連れて行くのに、

吐く時わざわざジュータンに移動して「ウェッ」。
ジュータンの上で吐かれると、
茶色い液体の色や独特の酸っぱい臭いが、なかなか取れずえらい苦労をします。
吐いた中に毛玉があるようでしたら、病院に相談してください。
良いお薬ありますよ。

ワンちゃんも散歩途中で草を食べ「グウェ」。
食べ過ぎで「グウェ」。
味の濃い物で「グウェ」。
よく吐きます。
その後元気よく走っていたら問題ありません。

吐く動物の代表いったら
牛はいつも胃から口に吐き戻した餌を、

「クチャクチャ」しています。
牛さんがいつも何か食べているように見えるのはそのためです。
絶対 おいしいはずはないのに、なぜ吐き戻してまで食べるのか?
僕には絶対できません。
牛さんは、進化として、他の動物が食べない、
非常に消化しにくい繊維質をもつ草を食べることより大量の餌を確保しました。
しかし、繊維質をただ食べても消化しなければウンチとしてでるだけのため、
消化する方法として、何回も吐き戻して消化することにしました。
4つの胃を持ちその中でバクテリアを飼う牛さんは、
その胃の中で、バクテリアたちによる発酵という形で繊維質を分解します。
しかし、いくら優秀なバクテリアたちでも、大きいままの草では分解できません。
そのため分解できなかった草を再び口に戻して、
バクテリアが分解できる大きさまで、歯を使いスリスリとすり潰します。
それを再び胃に送りバクテリアさんに再度分解してもらいます。
分解できるまで何度でも、口に戻しスリスリ。

動物園勤務の時よくアシカ池にホースを投げ込みました。
カリフォルニアアシカのアスカは遊びごころいっぱいの女の子、
彼女はホースで遊ぶのが大好き。
40cmほどに切ったホースをアシカの池に投げ込むと
彼女はそれを口に咥えて、僕のいる外に投げ出すのでした。
この遊びは僕も大好きでした。
ある時のこと、いつものようにホースを投げ込んだのですが、
そのホースがかえってきませんでした。
あれおかしいなと思っていると、

「この子ホースを飲んじゃったよ大丈夫?」
アシカを見ていたお客さんが教えてくれました。

僕は一瞬のうちに“ちびまる子ちゃんのガーン”状態 
僕の顔には縦線がいっぱい。
つまるのかな? 

僕の頭の中は
「ホースが腸につまり、そこに餌のホッケが絡みつき、腸閉塞」
ガーン
直ぐ取り出さなくては、でもどうしたらいいの?
緊急手術、手術前にレントゲン、デカすぎてとれないな、
水を全部抜かなきゃ、これだけで水道代高いんだろうな、
手術した後水なしで大丈夫かな・・・。
ありとあらゆることを想像して、ガーン。
そんな池の前でボー然としている僕の前を、アスカは優雅に泳いでいました。

そして、目の前で「アゥ」と一声あげた後、
首を伸ばし口の中からホースを吐き出し、
僕に向かいニヤと笑いかけました。
それはまるで、小学生の頃見た

「びっくり人間大集合」の飲み込んだ金魚をお腹をクイックイと横に振った後、

ポンと叩き生きたまま金魚を出す「金魚おじさん」のようでした。
カリフォルニアアシカはこんな芸ができるのでした。
 
吐く動物で一番恐ろしいのは
オランウータンのキッキ
反芻動物でもないのに、オランウータンは食事後、

お腹を膨らましたかと思うと 「ウップ」と腹圧を器用に使い、口の中に戻します。
それを、再び食べたり、壁に塗ったりと自分のゲロで遊びます。
キッキは自分の楽しみのために自由に吐き戻せるのです。
そして時々、治療を終え帰ろうとした後ろを向いた僕の頭に向け

“胃と口の中でドロドロと液体状にしたそれを”
口をとがらせ水鉄砲のように器用に飛ばすのです。
怒った僕は頭にゲロをのせたまま振り向き,


「こらー」、
振り向いて怒ることを予測しているキッキは、
今度は顔面に向け、口の中に残しておいた半分を再び僕の顔面に・・・。
僕のメガネは酸っぱい液で覆われ何も見えません。完全に僕の負けです。
3度目の攻撃を避けるため、僕はその場を逃げるしかありません。
キッキはゲロを武器としてつかうのでした。

ちなみにウサギは吐きませんよ。

 私見ですが、今回登場の動物のゲロの臭い順位
 4位 犬 3位 ネコ 2位 牛 
1位 オランウータン
 


夜中にブログを書きながら、甘いスイーツが楽しみな僕も今回はさすがになしです。



<東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功>




気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/20-502e5ab3
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

No title

先生 チャーリーだよ♪(^o^)
実は僕ね、この前 お友達のフレンチブルドッグ君のゲロ 食べちゃったの。白泡&お肉のゲロが目の前に吐き出されたもんだから「いっただっきま~す!」って目にも止まらぬ早さでツルッと完食 。あ~おいちかった!
お友達とバイバイした後、うちんちのママったら「チャーリー•••キモイよ•••何で?」って落胆の顔してた。



キャバリア チャーリー | 2012.02.11 10:24 | edit

Re: No title

チャーリーちゃんへ
食べるときは、ママへ一言断ってから食べましょう。
もしくは、見つからないようにこっそり食べましょう。
それと、元気なゲロだったら、大丈夫だけど、体調の悪い子のゲロはやめたほうがいいよ。
                  

つきまるにゃん | 2012.02.12 09:58 | edit