動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.13_21:21

爪が食い込む

小さなおばあちゃんが、大きなキャリーバックを両手で重そうに抱え
病院にやってきました。
バック中からは長い白い毛とお肉がはみ出ていました。

バックの中からは、「ニャー ニャー」甲高く可愛い声が聞えます。
そしてバックの中には、可愛い声に似あわない、大きなネコがはいっていました。
はいっているというよりも、すっぽりとはまり込んでいました。
どうやら体が大きすぎてふたが閉まらない様子。
その姿はお腹の出たおじさんが、
小さなユニットバスに無理やり入って出られない状態の様でした。
「どうしました
「足が痛くて歩けないようで」
しっかりとはまり込んでいるネコちゃんを、
飼い主さんと2人でひっぱりだし診察台の上に乗せました。
白地に黒いブチの牛模様のメインクーン、
体重は11.8㎏、とっても大きなネコちゃんです。

メインクーン種は「穏やかな巨人」の愛称をもつだけあり、

この子も診察台の上で微動だにせず、ゴロゴロと喉をならしていました。
さてさて足の様子はというと、
爪が伸びすぎて肉球にくいこんでいました。
痛いわけです。
「そういえば、年のせいか、体重のせいか、いつも寝てばかりいたわ」
「確かに、最近爪とぎしてる姿見なかったわ」とのこと

ごはんをいっぱいあげる、はらいっぱい食べる、太る、
体が重くなる、動くのが面倒、体が大きいのでお腹がへる、
たくさん食べる、おやつも食べる、太る、動けない・・・。
動かない、爪がすり減らない、爪とぎが面倒くさい、
爪伸びる、肉球に食い込む、痛いので動かない、太る、爪伸びる・・・。

悪循環

この子は爪を切っている間もゴロゴロと喉をならしていました。
逃げる気配もなく、全くおさえる必要がありませんでした。
今までのネコちゃんのなかで一番簡単に切れました。

爪きりというと、僕は動物園でトラの爪切りをしたことがあります。
DSCF1032_convert_20120113235927.jpg


今回の猫と同様、おじいさんトラの爪が肉球に食い込んでいました。
若い時は自分で爪とぎをするので、爪切りは必要ありません。
しかし、トラも年をとると動くのがめんどうくさいのか、
爪とぎをしなくなります。
特に動物園で飼われているトラは、餌を探して歩きまわる必要もないため、
1日中寝てばかり、爪は伸び放題。
そして伸びた爪が肉球に食い込んだのでした。

野生では、年をとっても餌をとるために歩きまわらなければならないうえ、
獲物をとらえるため鋭い爪が必要なため、せっせと爪をとがらせます。
けっして爪が伸びすぎるということはありません。
ちなみにデブなトラもいません。

ところでトラの爪とぎの方法はというと、
動物園ではトラのお部屋に大きな丸太を用意します。
横たわっている丸太の上に乗り、お尻を少し上げ、体を伸ばしながら爪で丸太をガリガリします。
立っている丸太も好きなようで、後ろ脚で立ち上がりながら丸太に爪をあて、ガリガリします。
爪とぎを終えると、今度は前足で自分の顔をナデナデ、顔を洗います。
その姿はまるっきり大きなネコです。
さてトラの爪きりはどうやるのかというと、3人がかりで押さえつけて一気に、
嘘ですよ

いくらネコのようでも、トラのパンチはマイクタイソン(古い)なみ、
その上鋭い爪がついているので、もし一発でもパンチを受けたなら、

肉をそぎ取られながら (想像しただけで痛そう)
一撃で倒されます。
そして牙(犬歯)はネコの牙の100倍ぐらい大きく、水牛の骨をも噛み砕く力をもっているため、
軽く噛まれただけで、僕の腕など簡単になくなってしまいます

爪を切るだけなのですが、トラの場合は全身麻酔をかけます。
麻酔銃でお尻に大きな注射を打ち眠ったことを確認してから、いそいで爪を切ります。

麻酔がかかったか確認するのが僕の役目、
ドア係が獣舎の頑丈な鉄の扉を開け、僕は中に入ります。
長い棒でまず ツンツン つぎにしっぽをつかみ力が入ってないことを確認。
ゲッしっぽに力が入った、前肢が動く

あわてて逃げる僕の目の前でドアが閉まる。

ドア係の仕事はトラを逃がさないこと。
だけどね、普通はトラが動いたとき閉めるのではなく、

僕が出た後閉めるんだよ~。
トラさんは頭をあげ、僕をにらんだ後、
すぐに寝てくれたから今の僕がいます。

爪切りのついでに健康チェック、採血したり、体重を計ったりと大忙しです。


トラ以外にも僕が爪を切った動物たち
ライオン・牛・羊・ヤギ・ポニー・木曽馬・ハムスター・モルモット・チンパンジー・
オランウータン・フクロウ・オオタカまだまだたくさん・・。
一番大変なのは馬でした。この話は別の機会に。

今回のように年を取ったネコちゃんの足が痛そうというときには、
爪が肉球に食い込んでいることが結構あります。
とっても痛いみたいです。
爪をきりだけで簡単に防げますので、爪の確認してあげてください。

<東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功>



気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/16-deb55a75
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

メークイン?メインクーン?

ジャガイモ•メークインにちょっと似てる、ネコの品種 メインクーンは初耳でしたので、早速 Wikipediaチェック。「見たことあるある~」と名前と姿がガッテン!しました。

馬の爪って蹄の事??鍛冶屋さんみたいなお道具使うのかしら??
こちらのお話も楽しみです~(^O^)/♪




チャーリー | 2012.01.14 18:38 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。