FC2ブログ
動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


アズサとサクラの6日間



アズサは長い首を曲げ、
その丸めた首の輪の中、サクラが体を丸めて寝ていました。
アズサはキリンの母さん、
サクラは生まれて6日目でした。

4月の下旬、動物園内の桜は満開でした。
夜10時に担当の木村から連絡、
「始まりました、すぐ来てください」
お風呂に入っていた僕は慌てて作業着に着替え動物園に向かいました。
この時の僕はまだ新米動物園獣医師でした。
アズサの出産が始まった様子。
僕がキリン舎につくと、アズサは寝室をウロウロ歩き回っていました。
アズサの陰部からはすでに前足が出ていました。
「足、出てからどのくらいたった?」
「30分ぐらいかな」
木村が答えました。
それから20分。なかなか生まれません。
僕にとってキリンの出産は初めて、
緊張で手の平は汗でビッショリです。
アズサの早かった呼吸がゆっくりとなることが多くなり、
陣痛が弱まってきた様子、
疲れも出てきました。
引っ張り出す?
気が立っているアズサ、うかつに近づくことはできません。
何もできないまま時間が過ぎていきます。

脚が出てから1時間ぐらい過ぎた時でしょうか、
アズサの呼吸が突然激しくなりました。
そして残りの力をすべて出すように、
足を踏ん張り、力みました、
次の瞬間、“ど~ん”と大きな音とともに
80kg近い赤ちゃんが地面に落ちてきました。
生まれました。

しかし、その直後アズサは足を滑らせて後ろ脚を大きく広げたまま、
開脚状態で座りこんでしまいました。
立とうと足に力を入れますが、
滑って立てません。
脚の健を痛めたアズサはその後2度と立つことはありませんでした。
体重1000kgを超えるキリンが立てないことは「死」を意味します。
キリンは立って生活する体のつくりになっているため、
長時間横になっているとすぐ床ずれができ、壊死していきます。
内臓にも負担がかかり動かなくなってしまうのです。

赤ちゃんキリンも地面に倒れたまま全く動きません。
本来ならお母さんが舐めて刺激をするのですが、
僕が赤ちゃんを藁でゴシゴシこすって刺激を与え続けました。
ゴシゴシを続けると、
赤ちゃん大きく息を吸い、呼吸を始めました。
頭もあげました。

キリンは頭を前後に振ってその勢いを使い立ち上がります。
アズサも立とうと頭を大きく、何回も何回も振ります。
そのたびに“どすん”と大きな音が響き渡りました。
頭がコンクリートの壁にぶつかってしまうのです。
頭は切れ、瞼もみるみる腫れあがりました。
キリンは高い位置にある頭に血液を送るため、
血圧がとても高いのです。
頭を壁にぶつけることは脳内出血の危険が、
飼育員と僕は、交代でアズサが頭を振らないよう押さえました。

パドックには満開の桜、
赤ちゃんの名前を“サクラ”としました。
そして、僕たちはサクラのためにアズサのオッパイを搾りました。
ほんの少ししか出ませんが、
アズサの愛情と免疫が入った初乳、できるだけサクラに飲ませました。

サクラが生まれてから3日たちましたが、
アズサは何も食べません。
足の関節は地面にこすれて赤く腫れあがり、
壁にぶつけた瞼は赤紫に腫れあがっていました。
角も一皮むけてしまいました。
立とうと頭を振る回数が確実に減っています。
首を曲げ、頭を背中に乗せて休む時間が増えていました。
サクラは僕たちが大きな哺乳瓶で人工のミルクをあげ、
足もしっかり、寝室を走り回るぐらい元気になりました。
疲れるとお母さんの所へ行き、
曲げている首にくるまれ寝ました。
アズサはそんなサクラを優しく舐めてあげました。
どこから入ってきたのか、
アズサたちの周りをサクラの花びらがヒラヒラと舞っていました。

サクラが生まれて6日目の朝。
アズサは自分の背中に頭を乗せて寝ているサクラを起こさないように、
そ~と頭を上げ窓の外を見ていました。
サクラと一緒にアフリカの広い平原を走っているのを想像しているのでしょうか。

やがて頭をゆっくり下げ、寝ているサクラの顔を舐めました。
そして自分の首で優しくサクラを包み込みました。
閉じた目の上の長いまつげがとっても優しい顔に見えました。
そして、アズサは、再び頭を上げることはありませんでした。

アズサとサクラの6日間、
2人にとっては幸せで大切な時間だったのかな・・。
アズサから僕はいろいろなことを学びました。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日




スポンサーサイト





この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/156-28d3fa9d
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可