動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR



ジャイアントパンダ


上野のジャイアントパンダのシンシン(メス)に発情兆候、
リーリー(オス)と同居準備のため
展示を中止するというニュースがテレビでながれました。
パンダの恋の季節が、もうそんな時期か、
僕は毎年このニュースを聞くと春がやってくるのを感じます。
ジャイアントパンダは2月から5月が繁殖の時期です。
しかし残念ながら妊娠までいくのは難しいようで、
そのうえ生まれても無事育つのがまた難しい。
シンシンとリーリーも2012年に交尾・妊娠、無事産まれたのですが、
残念ながら生まれて1週間で亡くなってしまいました。
その後は交尾を確認するのですが妊娠はしませんでした。

ジャイアントパンダは現在中国の一部で、1500頭ほど生息しています。
この数は山手線の車両の定員を1両150名として1編成11両編成なので、
世界中のパンダを集めても1編成で全員が余裕で乗れてしまうのです。
通勤ラッシュの時でしたら、1車両300人以上乗るので5両でたります。
こんなにも数が減った理由は、
愛らしく、珍しい動物のための人間による乱獲、
開発による生息地の減少、生息地の分断化。
繁殖率や生まれた子の生存率が低いことなどによります。

パンダは単独行動をとる動物のため、普段はオスとメスはバラバラに生活しています。
その上メスが交尾を受け入れるのは1年の中でほんの数日(1日から4日)だけ、
そのタイミングに好みの雄がいないと妊娠はありません。
また、生まれたときの大きさは100g前後ととっても小さく、
100gはお母さんの900分の1の大きさです。
2か月は目が見えず、自力での移動もできないので、
お母さんの体温の母乳と体温がすべてです。

パンダは動物園でも大人気のため、世界中で飼育されています。
しかし、思うように繁殖してないのが現実です。
現在の野生下での生息数では絶滅の可能性があります。
それを防ぐために、飼育下での個体数の確保が、生息域外保全が重要です。
そこで世界中の動物園で飼育しながら、飼育法・疾病対策・繁殖の研究を行っています。
その結果、謎の動物ジャイアントパンダの秘密がだんだんと解き明かされてきました。

以前あまりの繁殖の難しさのため、
大人のパンダに性的興奮をおこさせるため、
“パンダの交尾シーンのビデオ(パンダのAV)”
をみせる試みをしたこともありました。
でも冷静に考えても、パンダは五感で発情を感じるため、
視界よりも 匂い・触れる・声 などが大事。
動物たちは特に匂いがとっても大事なように感じます。
2次元の画面で興奮することはありません。
2次元画面で興奮するのは人間だけです。
パンダを研究していくと、
異性に対して結構“好みがうるさい”ことがわかりました。
中国のジャイアントパンダ繁殖センターで、複数の雄雌でお見合いを行い、
そのなかからお互いにタイプの相手が見つかると繁殖率が上がりました。
今までのように動物園で好みのタイプでない異性と人間が無理やり一緒にしても
うまくいかなかったのがうなずけます。
飼育頭数が少ないことが繁殖率の低さにつながったようです。
ほかにも交尾の可能な日数が極端に少なく、
その瞬間に合わせて雄雌を一緒にしなくてはいけません。
相性のいいオス・メスが、恋の時期に一緒にいることにより
繁殖することができるのでした。
よく考えたら、とっても普通のことでした。
ただし、野性下ではタイプの異性が1頭ということはないようで、
複数の異性と交尾するようで、これも繁殖率の上昇につながるようです。

そんな中で南紀白浜アドベンチャーワールドのジャイアントパンダの「永明」がすごい。
繁殖の難しいといわれているのに12頭ものお父さん。
それも自然繁殖、これがすごいこと。
他の人間に飼育されているパンダのほとんどは人工授精なのです。
その上人間に例えると60歳を超えてもまだまだ子供を作っています。
元気いっぱい、あやかりたい。
なんでこんなにもメスにもてるのか、うけいれてもらえるのかというと、
理由がありました。
乱暴もののオスが多い中、永明はメスにとっても優しく、
その上、メスが拒絶してもめげずに何度もアタックするのだそうです。
これがモテモテの理由です。
それとそんな雰囲気を作り、絶妙のタイミングでオスメスを一緒にする、
南紀白浜の飼育員の素晴らしさに尽きると思います。

よし今年のは「永明」を見習い、モテモテを目指そう。

今回の上野動物園のリンリンとシンシン、
残念ながら交尾にまで至らなかった様子。残念でした。
次回に期待します。


ムツゴロウさん
動物への愛情消えていないとのこと
ホッとしました。




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

 
  3月6日(日)の午前中 北澤院長は研修会出席のため不在となります。
  午前中の診療は研修獣医師が対応します。
  午後からは通常診療します。 
 


  ★ もう一つのお知らせ

  辰巳出版の 日本犬専門マガジン!
  Shi-Ba(シーバ) 
  に連載始めました。
 “毎日事件発生!? マニアな視点で診察中
  北澤先生のおもしろ動物病院”
 
 本屋さんで見つけたら読んでください。


 ★またまたお知らせ


 やっとできました。

  『 獣医さんだけが知っている 動物園のヒミツ 人気者のホンネ』

 2月15日に発売されました。
 僕が動物園で知り合った愉快な仲間たちのお話しです。
 動物のあやしいウンチクまんさい!
 この本をもって動物園に行ってください。
 動物園が100倍楽しめます。
 
 犬養ヒロさんの絵がとってもかわいいですよ。






スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/135-cef19ac9
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可