動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.03_22:44
ドラゴン

あけましておめでとうございます。
今年は「龍年」
imagesCAWF0Y3H.jpg


僕はこの龍という“生き物”に特別な思いがあります。
僕がこの龍に初めて出会ったのは小学生の時
『世界の驚異の動物達』という図鑑に載っていた
『口から人間の足だけが出ている』 挿絵でした。
この絵があまりに恐ろしく、しばらくの間、夜1人でトイレにいけなくなりました。
そして、この生き物の解説が
「無人島に不時着した操縦士が偶然発見した」
というのも小説の出だしのようで、僕の心をとらえました。
それ以来、僕はこの怪物の虜になり
“いつかこの怪物に会いたい”
と思っていました。

その龍とは世界最大種のトカゲ「コモドドラゴン」です。
この“コモドドラゴン”が正式に調査される以前は、
「大きさが10mもある、火を噴く、人間を襲う」など
恐ろしい噂がある謎の怪物でした。
この怪物はインドネシアのコモド島と、その周辺の島にのみ生息しています。
さすがに10mにはなりませんが、
全長3m、体重100kgにもなり、イノシシをも襲って食べます。

火は噴きません、黄色く長い舌が炎に見えたようです。



image[8]


ドラゴン人間を襲う
彼らの狩りはまず茂みに隠れ、獲物が近づくと噛みつきます。
彼らの口の中には50種以上の細菌が存在し、
その場は逃げられても嚙み傷から菌が体中に回り、
数日後にはやがて死亡します。
5km先のにおいがわかるほど臭覚が発達しているため、
死んだ獲物の腐臭をたどって捜し、その死肉をむさぼり食べます。

さて本当に人間を襲って食べるの?
2007年に実際、排便のため草むらに入った少年が
コモドドラゴンに襲われるという悲しい事故がありました。
これは縄張りに踏み込んでしまったためで、
決して捕食のためではありません。
襲って食べることはありません。

この「ドラゴン」が北海道で1年間だけ飼われていたことがあります。
インドネシアの国宝「コモドドラゴン」は、
政府により厳重に保護され、国外にほとんど出ることのなかった幻の動物。
国交樹立50周年記念として、1年間の期限付で北海道にやってきました。
この機会をのがすといつ会えるかわからないため、
僕は本物のドラゴンに会いに北海道にいきました。

いたいた!
2m近い巨体で地面にドテッと横たわっていました。
想像以上に太く、大きく、その上なぜか〝気品″があり
いっそう僕の心をつかんで離さなくなりました。
大きな体を左右に振りながら
のっしのっしと優雅に歩く姿は「ドラゴン」の名にふさわしい怪物でした。
獣舎内には、体をくねらせながら歩いた跡。
この痕跡すら美しい。
ガラス越しではありますが僕にとって夢のような時間でした。
imageCAK985AZ.jpg

半日ほどドラゴンを見ていると、
ドラゴンのいる部屋にデッキブラシを持った飼育員が入ってきました、
「えっ危ない襲われる」
飼育員はデッキブラシでコモドドラゴンを隅においやり、
コモドドラゴンにホースで水をかけ無造作に体を洗い始めました。

違う、僕の知っているドラゴンは近づく人に襲いかかり、
頭から丸呑みするはずなのに。
看板を読むと、結構人懐こく、人になれるそうで・・・・。
体洗いが終わり飼育員が出ていくと、
僕の前にノッシノッシと近づいてくるではありませんか。
僕はガラスにくっついているので、
ドラゴンとの距離はほんの20㎝、感動的な瞬間でした。
アイツは僕に敬意を表しあいさつにきたのです。

        《五十三次どうぶつ病院  獣医師 北澤 功》


気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/13-0ca6a532
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。