動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.08.01_21:14

広がるオデコ

時々病院でお預かりする、ミニチュアダックスの「ポン太6歳」。
病院にいる時はいつもお気に入りの場所、僕の足下で寝ています。
彼は、どんなワンちゃんが来ても片目を開けるだけ、
寝ることが大好き、とってもおっとりしているワンちゃんです。
ただし、おやつの時だけ豹変します。
おやつの袋の音がしただけで、パッと飛び起き、僕のほうに走ってきて、
短い足でピョンピョン跳ねてほしがります。
特に牛皮でできたのがお気に入り。
「お座り、待て」の後におやつを渡すとそれを加えトイレの前で“カジカジ”。
半分まで食べるとそれを咥えて、冷蔵庫の横に行き、隠します。
その後は思い出したように秘密の隠し場所に行き“それ”を取り出し
少しずつ“カジカジ”
そして、僕が冷蔵庫に近づこうものなら走ってきて「ウ~」
ポンちゃんは、大好きなおやつ、
食べきれない分は隠しておいて、後で楽しみながら食べるのです。
ポンちゃんのように、ワンちゃんは餌を隠す行動をよくします。
これは餌がない時に困らないための本能です。

ネコはどうなの?
ネコたちはエサを隠しとっておく行動をとりません。
どんなに好きなエサの時でも満腹になると、
ごはんを残したままその場を離れてしまいます。
家猫だからいつもエサをもらえるから隠さないのでは?
いやいや、いつも空腹気味の野良ネコちゃんたちもお腹いっぱいになると、
その場を離れてしまい、残ったごはんをしまっておくことはありません。
この理由はオデコにありました。
「猫の額のような庭」のように「猫の額」は狭いたとえにつかわれます。
実際に猫のオデコは狭いのです。
このことに“ごはんを隠さない”秘密がありました。
ワンちゃんがなぜ食べ物を隠すかは、
時間がたって、お腹が空いたとき食べるためです。
「将来、餌がないと困る」
これはお腹が空いて困った経験から、
こうなるかもしれないという想像をするのです。
ポン太も大好きなおやつが、
いつでも食べられるわけではないことを経験しており、
あとで食べられるように隠すのです。
「あとで困らないように餌を隠しておこう」という考え、
この想像力はちょうどオデコの場所にある大脳の前頭葉という器官で行われます。
ワンちゃんはオデコがあるので、このように将来を考え隠す行動ができるのです。
しかし、猫はオデコが狭いということはこの前頭葉が小さいのです。
結果として、猫は将来どうなるか想像することができず、
今さえ満足であればいいという生活をしているのです。
ネコは「宵越しの銭は持たない」江戸っ子気質なのです。

人間のオデコは?
人間は、どうかと言いますと広いオデコを持っています。
このオデコ、前頭葉が発達したため、
とっても想像力が豊かな生き物になりました。
よく博物館にある人間の進化の絵をみると、
だんだんと腰が伸びていくとともに“オデコ”が大きくなっていくのがわかります。
これは前頭葉が大きくなってきたということで。
ちなみにもっとも人間に近く、とっても賢いチンパンジーでも
前頭葉の大きさは人間の1/6しかありません。
いかに人間のオデコが大きいかということです。
オデコが大きくなるとともに
人間は本当に頭がよくなり
何十年先のことを想像することができるようになりました。
結果としてどんどん人間社会は発展し、便利になり、良い社会になりました。
のはずなんだけど、
想像力があるために将来の夢よりも自分の老後を心配して
悲観的に生きている若者、
地球上は紛争ばかり、
そして、オゾンの破壊、温暖化、化学物質による汚染、
地球は人間生活によってどんどん破壊されているようで、
本当に想像力があるの?

必要な分だけ食べて、
今、お腹いっぱいになれば幸せ、
“明日のゴハンは明日心配すればいい”
前頭葉の小さいネコのほうがなんだか幸せそう。
その上、ネコは地球を破壊することをしません。

獣医師の仕事で大事なことは想像力。
動物たちはしゃべらない上に、我慢するため症状をなかなかだしません。
情報がとっても少ないのです。
うんちやおしっこ、食欲などの少ない情報から
今までの経験と想像力をフルに働かせ、
いろいろな病気を探しだします。
咳をしていたるからといって風邪とは限りません。
心臓が悪い時や寄生虫がいるときも咳をします。
いつ咳がでるか、こもった咳か、乾いた咳か
年齢は、太っているかから
いろいろな病気を想像し治療します。
最近年齢とともに僕の想像する力が増してきたような感じがします。
何といってもオデコが広がっているのがその証拠、
きっと前頭葉が大きくなっているに違いありません。
奥さんにこの話をすると、
そういえば髪の毛薄く・・・・。
それ以上は言うな!




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/104-8e696da9
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。