動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.06.26_15:31

おじさんの青白い足

梅雨の晴れ間 久しぶりの休日
僕は短パンに素足、カットソーを着てワンちゃんの散歩をしていました。
僕は短パンが大好き、夏はほとんど短パンで過ごしています。
散歩のあと、自転車で靴下とパンツを買いに“ユ○クロ”にでかけました。
その“ユ○クロ”で試着用の鏡の前を通り過ぎると、
短パンから青白い足に汚いすね毛の生えている親父が写っていました。
動物病院を開業して3年、日中はほとんど病院で過ごすため、
陽にあたることがほとんどありません。
動物園時代はほとんど外で仕事、休日は“まき割り”“畑”“採集”
この時期はすでに日焼けで真っ黒でした。
休日、短パンから青白い足を出したおじさん達をみて、
カッコ悪いと思っていたのに、
僕の短パンから出た足が青白いなんて・・・。

シロちゃんと日光
真っ白い上品な猫 シロちゃんがやってきました。
シロちゃんの耳は真っ赤で、皮膚は厚くなりボコボコ、
痒きすぎて血が、先端はかさぶたができていました。
シロちゃんは毎年この時期になるとやってきます。
シロちゃんは『日光過敏症』
毛の薄い耳に強い日光を浴びると、耳が赤くなり痒がります。
毛の色が薄い猫は、紫外線から皮膚を守るメラニンがあまり作られないため、
紫外線を浴びると毛の少ない耳や鼻などで症状がでます。
最悪の場合は癌化することもあります。
この病気を防ぐのは陽に当たらないこと、
だけど、シロちゃんはベランダで寝るのが大好き。
炎症を抑えるお薬をだし、
日焼け止めクリームを塗ってもらうことにしました。

猫の耳が落ちる
東北地方では、『春先にアワビの内臓を食べさせると猫の耳が落ちる』
という言い伝えがあります。
アワビの肝は濃い緑色、
その緑はアワビが食べた海藻の中に含まれる葉緑素です。
この肝を猫が食べると、葉緑素が吸収され全身に運ばれ皮膚に蓄積されます。
特に春先のアワビにこの成分が多いそうです。
葉緑素自体には害がないのですが、
葉緑素の代謝物質ピロフェオホルバイドに日光があたると、
周りの細胞を破壊してしまうのです。
頭のてっぺんについている耳は、日光が一番あたるところ。
そのうえ毛が少なく、色素も薄いため、
日光が直接あたりやすく、
葉緑素が蓄積すると細胞の破壊がおこります。
すると細胞の破壊がおこり、
悪化すると“耳が落ちて”しまうのです。

人と日光
耳は落ちませんが、人間もアワビを食べなくても、
葉緑素の代謝産物フェオフォルバイトにより、
日光過敏症が多発しました。
原因がわかったのでフェオフォルバイトの規制をおこなったため、
それ以降は少なくなりました。
また、ある種類の痛み止めの湿布を貼ったあとに、
日光を浴びるとやけどのような症状や湿疹が出ることがあります。
湿布を貼ってから半年たってもおこることで知られています。
夏に短パンを履いて足を出すと、
冬に貼った湿布のあとに見事に四角い皮膚炎がおこったりします。

爬虫類は日光が必要
昼行性で草食のリクガメ・イグアナなどの爬虫類は日光が不可欠です。
生き物の骨や甲羅はカルシウムでできています。
またカルシウムを吸収するためにはビタミンDが必要です。
骨や甲羅を維持するために、いくらたくさんのカルシウムをあたえても、
ビタミンDがないと利用されないのです。
そして、ビタミンDは日光の紫外線にあたることにより体内で作られます。
日光浴もせず、紫外線照射もしないで飼育していると、
ビタミンD不足、カルシウム不足になり、
甲羅の継ぎ目が薄く、ペラペラの亀になってしまいます。
骨も弱くすぐ骨折したり、曲がった足になったりします。
夜行性の爬虫類は紫外線なしでもビタミンDの合成ができます。
日光を必要としないこれらの種は、
地球に衝突した隕石の粉塵による太陽光の遮断によりおきた、
白亜紀の恐竜の絶滅の時も生き延びることができたと言われています。
ちなみに人間は週2回・10~30分の日光浴で、
必要なビタミンDがつくられるそうです。


買い物から帰った僕はあわてて、
一番短い短パンを履き、
太陽の下でお昼寝をしました。
1時間ほどするとあまりの暑さと、
たっぷりの悪い汗で目を覚ましました。
危ない・・。これでは熱中症になってしまう。
家に帰って鏡の前に立ちました。
あれまだ“青白い”まま?
あっ!
足の後ろが“真っ赤”
ずーとうつ伏せで寝てたため、
“青白い”表、“真っ赤”な裏、
僕の足は見事な2色となりました。


<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/100-19f1cca0
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。