動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2011.12.21_20:07
グルメなウサギ
「バン バン」「バン バン]
診療を終えカルテ整理をしていた病院にものすごい音が響きました。
今度は「ガシャン」
様子を見るため入院室にいくと
何かを僕に訴えかけるように「ブッブッブッ」 
ぴょん太 が鼻を鳴らしていました。
ぴょん太は怪我の治療で入院中の“ドワーフラビット”
小さなウサギです。

「バン バン」 は後ろ足で思い切り地面を踏み鳴らす音
ウサギは声帯を持たないため大きな声をだすことができません。
そのため、野生のウサギは天敵(鷹、キツネなど)を見つけると
仲間に危険を知らせるために後ろ足で地面を踏み鳴らすのです。
スタンピングという行動です。
ぴょん太は何を警戒したのでしょう。
ペットのウサギは警告というより不満な時にスタンピングをします。

「ガシャン」これは、餌箱をくわえて、ひっくり返した音。
「気に入らない食べ物は食べないよ」というアピール。
ウサギは 好き嫌いが多く そのうえ結構 気難し屋。
嫌いなものは食べず、新しい食べ物も拒絶しがちです。
そして嫌いな食べものが餌箱にはいっていると
餌箱を口で加えて「ガシャン」とひっくり返します。

味の違いなどわかるの?
ウサギは味蕾の数が人間の倍以上あります。
味蕾は舌の表面にある突起で、味を感じるための器官です。
これが多いほど味の違いが分かります。
同じように見えるペレット(ウサギ用のフード)の微妙な味の違いがわかるのです。
僕は“吉野家”と“すき家”の味の違いだってわからないのに ウサギはグルメ です。
           

「ブッブッブッ」
ウサギは声帯がないため鳴きません。
これは声ではなく、どこからか(鼻から?)空気を吹き出し
ラッパのように音を鳴らした音。
僕に不満を訴えたのです。
餌箱にいれたペレットがお気に召さなかったようで・・。
このようにウサギは、うれしい時ではなく
怖い時、不満な時に音を出します。
僕のような“すき家の並盛”丼ぶり一品で済ます食事はお口に合わなかったみたいです。
せめてサラダにおしんこ、玉子、味噌汁ぐらいつければよかったのかな。

この飼い主さんは入院にあたり、山ほどの餌を持ってきました。
ペレット2種類、牧草、ビスケット、ドライフード(ブロッコリ・イチゴ・リンゴ
パパイヤ・パイン・マンゴー)

退院の時飼い主さんに聞きました。
「いつもこんなにいろんな種類あげてるの?」
「いやいや、うちではこれに新鮮なサラダがつきます。」
“すき家”ではなく毎日フルコースでありました。

うさぎを飼っているみなさまへ、
餌箱ひっくり返すたびに
「これ嫌いなの」とおいしいおやつをあげていませんか?
「ひっくり返すとおやつがもらえる」と学習しちゃいますよ。
金網かじりもそうです。
金網をかじっている時にやめさせようとおいしい物をあげると
「よしよし、かじるとおいしいものがもらえるぞ」となっちゃいます。

〈大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功〉


気に入ったらクリックお願いします

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://tukimaru532.blog.fc2.com/tb.php/10-221db4e4
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.12.22 15:28 | edit

No title

はじめまして、信州在住のモンモンと申します。

ウチのブログにおいで下さってありがとうございます。

うさぎの行動にこんな意味があるんですね。
ウチのうさぎ達は外で飼っているので、彼らが出す音はまだ聞いたことがないんですが、
今度から注意して耳を傾けてみようと思います。

また立ち寄らせていただきます、どうぞよろしくお願い致します!
モンモン | 2011.12.25 12:49 | edit