動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017.06.07_16:07

‟ペンギンだ~”

診察台の段ボール、
ふたを開けると、
クリクリした黒くまん丸な目と目が合いました。
頭のてっぺんにはフワフワの産毛が、
段ボールから出た顔を見て、
「ペンギンだ~」
看護師さんが大喜び・・。
違うよ、日本にはペンギンいないから、それとペンギンは飛べないから。

僕は東京都の傷病野生鳥獣保護活動(指定病院)をしています。
病院には時々傷ついた野性鳥獣がもちこまれます。
今回のクリクリ目のカワイイ鳥は「ハイイロミズナギドリ」の幼鳥、
渡りの途中に何らかの事情で衰弱したものと思われます。
まずは身体を温めることから始め、栄養剤を注射しました。
2時間ほどすると段ボールから飛び出すぐらい元気が出てきました。
大きなけがもなく、バランスよく羽ばたくことができました。
さあ餌です、近所のスーパーで、マグロ・アジ・カツオのお刺身を買ってきました。
まずはマグロの刺身を嘴に押し込みました。
切り身の魚は食べたことないためか、
マグロを食べたことないためか
“プッ”と吐きだしました。

次は嘴を無理やり大きく開き、喉の奥まで刺身のアジを押し込みました。
一度は吐こうとしましたが、うまく吐けなく、目をパチパチさせながら飲み込みました。
ガッツポーズの僕です。
それから2切れほど同じように食べさすと、
よほどおいしかったのか、3切れ目から嘴の前に持っていくと
自分からパクッと食いつきました。
アジは積極的に食べます。
マグロは少し押し込むといやいや食べます。
カツオに関しては、嘴を左右に振り外に掃き出しました。
しょうがないので残ったカツオとつまとわさびと生姜は僕のおやつとなりました。

保護動物で一番困るのは餌です。
先日保護された小型のフクロウは基本的に虫を食べます。
まずはコオロギをあたえるのですが、
結構な量を食べるのと栄養のバランスもちょっと不安。
そこで冷凍ヒヨコを買ってきてあたえました。
小さなフクロウは狩りがしやすいので虫を食べているため、
ヒヨコでも問題なく食べることができます。
鶏のむね肉などでもいいのですが、
栄養のバランスを考えると内臓なども食べる必要があります。
全てを食べることができるヒヨコは完全栄養食となります。
また、栄養にはなりませんが骨や羽毛も食べることも大事。
骨や羽毛などの消化できないものは胃の中でまとめて、プッと吐き出します。
この吐き出したものはペリットと呼ばれます。
この行動は胃腸の掃除と動きをよくして健康維持となります。
野性のフクロウの観察をするのが僕の趣味ですが、
フクロウのいる場所を探すときは、
大きな木の根元に落ちているペリットを探します。
ペリットは僕にとっては宝物、
家に持ち帰り解体してみるとネズミや蛇の骨が出てきます。
その骨を見ながら前の夜に起きた事件(狩り)を想像するのが大好きです。

一度ヨタカが保護されたことがあります。
ヨタカは夜行性で、飛びながら大きな口を開けて飛んでいる虫を食べるため、
虫を地面においても食べません。毎回口に大量の虫を押し込みました。
えらく大変でした。

保護されて大変なのは虫しか食べない生き物です。
餌となる虫も飼っておかなければなりません。

東京都内にも
人間に見つからないようにこっそりと、
野生動物が生息しています。
“ハヤブサ”はビルの間を颯爽と飛んでいます。
渡りの途中だと思いますが、小さなフクロウ“アオバズク”は港区で保護されました。
メジロやムクドリもちょくちょく保護されます。
ゴジラが上陸してきた呑川ではヘビの青大将が泳いでいました。
たまには、空を眺めたり、地面を見たりしてみてください。
思わぬ生き物に遭遇できますよ。

クリクリ目のカワイイ鳥は元気に飛んでいきました。





<休診のお知らせ>
6月18日(日)午後は院長研究会出席のため休診となります。

<お知らせ>
TABICA(たびか) 主催
僕が上野動物園を案内するツアー

『一味違う動物園めぐり。
サルに注射された獣医師から学ぶ
「動物の不思議な生態」』

7月30日(日)開催決定!

開催日時:7月30日(日)9:30~11:30
開催場所:上野動物園
参加費:2000円 入園料別
申し込み・問い合わせ: TABICA(たびか)
               ☎03-6869-0775      
               https://tabica.jp/travel/702
               


<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。