動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




“こ~ちゃん”のおでこ



20年ぶりに“こーちゃん”に会いました。
コーちゃんは同級生、頭の半分がおでこになっていました。
それなのにサイドから後頭部にかけて残っている毛を無理くり伸ばし、
前にもってくるという往生際悪い髪型をしていました。
そういえば、僕のおでこもだんだん広がり、
毛も細くボリュームもなくなってきたような・・。
小学校時代のなつかしい思い出話をとともに、
髪の毛が生える薬はないのか、
これ以上抜けない方法はなどの話も

モコモコ、コロコロで、家中を元気に走り回っていた可愛い子犬も
10歳を超えると白髪が目立ち始め、毛は薄くなり、寝てばかりいるようになります。
室内で犬を飼うようになり、ワンちゃんたちは番犬やペットから家族に変わりました。
いつも一緒に過ごすようにより、元気がない、咳をするなど
体調が悪いと早めに気づくようになりました。
そのおかげでぐ~んと寿命が伸びました。
しかし、寿命が延びたおかげで、昔はなかったいろいろな病気も多くなりました。
そして、1つの病気だけではなく、同時にいろいろな病気を発症します。
耳が遠く、目も見えにくくなります。
腰も曲がり、便秘、おしっこを失敗してしまうようになることも・・・。

年をとることにより非常に多い病気として、
ワンちゃんは弁の閉まりも悪くなる心臓の病気があります。
猫ちゃんの場合は腎臓の動きが悪くなる病気があります。
これらは病気でもありますが老化の一つでもあります。
心臓の動きが悪いと、肺に水が溜まったり、肝臓が疲れてしまったり、
脚に力が入らなかったり、いろいろな臓器に負担がかかります。
全部を直そうと思うとたくさんの薬を飲まないうえ、一生涯飲み続ける必要の薬が多く、
とっても大変で、そのおかげで飼い主さんとの関係も悪くなることもあり、
毎日噛まれる飼い主さんまで・・。

年をとってからの病気は、治すというよりもどうやって上手に付き合うかが大事です。
心臓や腎臓の薬なども、治すためのものではなく、それぞれの負担を楽にしてあげ、
できるだけ悪くなるのを遅くしようという薬です。
目の場合、若い時は積極的に治療しますが、
年をとってからの症状は、痛いものなどは積極的に抑えますが、
見えにくくなるものなどはほっとくというのも選択の一つです。
僕たち人間は目に頼って生きているため、どんなに年をとっても
ちょっとでも目に違和感を感じると病院に行き、治療します。
少しでも見えにくくなる、目が見えなくなるなどはとてつもない恐怖です。
今は見えているのに、数年後に見えにくくなることを想像するだけですごいストレスを感じます。
そのため、大変だろうがお金がかかろうが、
少しでも進行を遅らせることができるのなら、徹底的に治療します
しかし、ワンちゃんネコちゃんは、目が見えなければ匂いや音などの五感を使い生活します。
今の現状を受け入れ、残っている機能を使い最大限利用し楽しく生きます。
また、人間は治療を理解しているため、
注射の痛さや、苦い薬、目薬の恐怖心もがまんできます。
ワンちゃんは治療を理解しているわけではなく、
飼い主さんを信用しているから、怖いから、
もしくはその後のご褒美があるからなどから、
薬を飲んだり、注射を打てたり、目薬をさせるのです。
それが、毎日となるととてつもなくストレスです。

高齢のワンちゃんは、
痛かったり、命にかかわるものは治療し、
命にかかわらないような病気とは、
様子をみながら上手に付き合っていくのがいいように思われます。

“こーちゃん”
髪の毛がなくなるのは痛くないし命にもかかわりませんから、
ほっておきましょう、
将来、毛がなくなる恐怖をかんがえながら生活するより、
今ある髪の毛に感謝して人生楽しみましょう。


<GW休診のお知らせ>
5月1日(月)  3日(水)から6日(土)まで休診となります



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。