動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.09.25_11:52

びしょ濡れ

「キャー!」人々の悲鳴が
だんだん僕に近づいてきた。
周りの人は一斉に頭を下げ“攻撃”に備えた。
そんな中、僕だけは頭を上げた。
次の瞬間“バッシャーン”僕の顔面に“攻撃”が
やった~ うれし~  僕は顔面に“攻撃”を受けながらも満面の笑み、
シルバーウィーク
僕はシャチを見たくて鴨川シーワールドにいきました。
シャチのショータイムが始まる1時間前には
前から3番目に座りこの瞬間をまっていました。

『シャチ』
シャチは赤道から極地の海に生息し、
生態系の頂点に君臨する海で最強の生き物です。
体長は10m近くなり、体重は10tになるものも、
“海のギャング”と呼ばれ
英名はKiller Whale (殺し屋のクジラ)。
学名はOrcinus orca (冥界から来た悪魔)。
とてつもなく恐ろしい生き物です。
僕とシャチの出会いは、
子供のころに見た映画『オルカ』
海から飛び出した白黒の巨大な生き物が人を襲うのですが、
恐ろしさよりも、賢さと、カッコよさが、
子供だった僕の心をとらえました。
確か内容は、ただの恐ろしい生き物ではなく、
家族愛からの復讐のために、人間を襲っていたような・・。

海で最強のシャチの餌は、
魚、海鳥・ペンギン・アザラシ、時にはクジラ、
そして、『ジョーズ』に出てきたホオジロザメをも襲うことも。
海では敵なし。
シャチの狩りの能力はとにかくすごい。
シャチは、数頭から数十頭ほどの群れで生活しており、
この群れは母親を中心とした家族を中心に構成されています。
この家族はとっても仲が良く、
それぞれのシャチはコールと呼ばれる超音波を使いコミュニケーションを取りますが、
このコールには家族ごとの「方言」があります。
シャチは作戦のもとお互いにコールを使い、集団で獲物を襲います。
氷上で休んでいるアザラシを見つけると、
シャチは横一列にできるだけ密着して並び、
一斉に氷に近づき大きな波を起こします。
発生した大波は氷上の上にいたアザラシを海の中に落とします。
落ちたアザラシを落ちるところに待ち伏せしていたシャチが
あっという間におそいます。
シャチはどうすれば大波が起こる、
どこに落ちるか、
計算しそれぞれの役割分担のもと狩りをします。
見事なチームワークです。
アルゼンチンのバルデス半島では、
海の中や上ではなく砂浜にいるアシカまで襲います。
地形や潮の流れや波を考え、
条件がそろうわずかなチャンスに、
波に乗り砂浜のアシカを捕らえ、
また波に乗り海に戻ります。
少しでもタイミングを間違えれば砂浜に乗り上げたまま海には戻れず、
逆に命を落とすことも。

協力して狩りをする、
母親が狩りをしている時は、お姉さんが赤ちゃんの面倒を見る、
とった獲物を若い個体にゆずる、
若い個体に狩りの練習をさせるために獲物を放ったり、
仲間がいなくなったときはお互いにコールによって探すなど、
シャチの生活の基本は仲間、家族の絆のです。

10t近い大きな体、
クジラまで襲うどう猛さ、
そのイメージから“海のギャング”と恐れられていたシャチ。
しかし、
白黒のツートンの美しい色、
水の中でも70㎞近いスピードをだせる無駄のない流線型のカッコイイ姿、
波乗りを楽しんだむなど好奇心旺盛で、
作戦をたて協力して狩りをする賢さ、
そして、なんといっても家族の絆、
シャチはとっても魅力的な生き物です。

鴨川シーワールド
元気な音楽が始まりトレーナーのお姉さんがステージに出てきました。
前から3列目に座る僕、
周りの人達は頭からすっぽりポンチョをかぶり始めました。
僕は違います、ポンチョを着ましたが、
首から上を出しています。
ショーが始まりました。
ツートンカラーの美しい身体で大きくジャンプ、
そのたびに大きな波が観客たちを襲います。
みんな頭を下げ「きゃー」。
とっても楽しそう。
いよいよ僕の前でジャンプ、
僕は頭を上げ全身で波を受けました。
「しあわせ~」
予想以上の水量、
頭を出していたため顔面は当然びしょ濡れ、
ポンチョの首の所からも大量の水が入りTシャツもびしょ濡れ、
濡れた唇を舐めるとショッパイ、「あ~海水だ~」
僕とシャチが一体となった瞬間だ。
オデコにだらしなく張り付いた前髪、
少しずれたメガネで、満面の笑みの僕、
その横には完璧なデフェンスで全く濡れていない妻、
そんな妻は、びしょ濡れの僕を見て、
「車濡れるから、裸で帰ってね」
シルバーウィークあけの僕、
鼻水が止まりません。




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

  お知らせ 

  10月4日(日)の午前中 北澤院長は研修会出席のため不在となります。
  午前中の診療は研修獣医師が対応します。
  午後からは通常診療します。
 
 
  今後11/1 (日)  12/6(日) 1/10(日)  2/7(日) 3/6(日)の午前中も
  院長研修会出席となります。
 


 
スポンサーサイト

2015.09.08_21:48

ケンカからのキス

「すみません、今何時ですか?」
人通りの少ない裏通りを歩く僕に、
50代前半の小太りのおじさんが声をかけてきました。
僕は腕時計を見て「11時50分です」
おじさんの腕を見ると、ロレックス風の腕時計が・・?
仕事の打ち合わせが伸び、
終電はすでになく、タクシーで帰ろうか、泊まろうか悩みながら歩いている時でした。
今度はおじさんの手が伸びてきて僕の手をギュッと握ってきました。
びっくりした僕は手を振り払い、大通りに急ぎました。
ちなみに打ち合わせの会社は“新宿2丁目”にありました。

カブトムシの場合
小学生の僕は夏になるとたくさんのカブトムシを捕まえ飼っていました。
せっせと毎日世話をしていると、
よく、オスの上にオスがのっているという光景を目にしました。
トンボは独特なくっつき方で交尾をします。
中には飛びながら交尾をするものもいます。
しかし、その中にもやはりオス同士ということが多いようです。
これらの昆虫は、はじめからオスを狙ったわけではなく、
性衝動が我慢できず、身近なオスにくっついてしまったようです。

ペンギンの恋
以前僕がお世話したフンボルトペンギン。
その中に特に仲の良いカップルがいました。
ペンギン舎には岩のくぼみを模写した小さな部屋がたくさんあります。
ペンギンのカップルは絆が強く、
恋の季節になると毎年同じペアがカップルになります。
恋の季節になると2羽は寄り添いながら
水の中で、陸の上で、お互いに恋を語り合います。
デートを重ねた後、2人はお気に入りお部屋に入り、
巣材を運び込み、卵を産み、
2人で卵をあたため、子育てをします。
しかし、特に仲の良い1組のカップルがいっこうに卵を産みませんでした。
雌雄を調べてみるとなんと“オスとオス”
彼らお互いに肩に手(翼)をまわし、首を伸ばしながら愛の言葉を・・・。
いつもくっついていました。
その上、2人で部屋にこもることも。
動物たちには“同性の愛”結構あります。

キリンの場合
優しくおっとりに見えるキリン、
オス同士の恋が70パーセントを超えるというデータがあります。
たしかにあの長いまつ毛のパッチリ目はオネエに見えます。
これは関係ないか・・。
キリンのオスは、メスをめぐり、長い首をぶつけあう激しい喧嘩をします。
しかし、その戦いに決着がつかないと、
何と今度は戦っていたオス同士でキスをはじめ、
優しく相手の首を舐めたり、
そして、ついには交尾体勢になることも。
あれ、どこかで見たような、
“ダチョウ倶楽部のケンカからのキス”
あれはキリンと一緒だ。

ボノボの場合
知能がもっとも高く、人間に一番近い小型のチンパンジーボノボ。
気が荒く興奮体質で凶暴なチンパンジーと違い、
とっても穏やかな平和主義者。
群れのなかで緊張が高まると、
平和主義者の彼らは、
多様な“性行動”をすることにより、
緊張を和らげ闘争を防ぎます。
オス同士でも、トラブルになりそうになるとお互いに抱き合い、
キスをして、ペニスをぶつけ合います。
戦いを防ぐためだけでもなく、
挨拶や、単に快楽のためだけでも同性で性行動をします。

マウンテンゴリラの場合
野性下での観察によると、マウンテンゴリラにも同性愛があります。
マウンテンゴリラの異性による交尾は後背位で行われます。
しかし、マッチョなオス同士の同性愛行為の時は後背位だけではなく、
対面位(正常位)で行うこともあります。
その上、行為の時間も長いのです。そして、射精を伴います。
社会的な緊張の時ではなく休息時に行うなどから、
挨拶行動や緊張の緩和のためではなく、
繁殖を伴わない、純粋な性行動を楽しむためにしているようです。

このように、野性では昆虫からゴリラまで
同性愛は結構普通のこと。
それぞれの種はこの同性の性行動によって、
無駄な争いを減らしたり、
社会的緊張を緩和したり、
仲間のつながりを強化したりします。
また、若い個体は求愛行動を学んだり、
昆虫のように我慢できずにだったり、
時には快楽を得るためにも同性愛行動をします。
このように自然界で同性愛は、
とっても普通であり、社会や種の維持には必要なことなのです。

もしかしたら、2丁目のカップルは純粋で、
本能に従って行動しているのでは?
確かに、新宿2丁目は平和のオーラが



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

9月の臨時休診のお知らせ
 9月21日(月)~22日(火)は休診とさせていただきます。
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。