動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.08.23_14:11

「エボラ 医師ら80人以上が死亡」 

「エボラ隔離に反発 住民暴徒化」

「エボラ急拡大で『戦争状態』」


毎日恐ろしいニュースが流れています。

『エボラ出血熱』はウイルスの感染症。
このウイルスが人間の体内に入ると、
高熱・頭痛・筋肉痛・結膜炎に始まり嘔吐・下痢・
そして、鼻血・血尿・吐血・下血、体中のありとあらゆる穴から出血し
ついには死んでしまいます。
※症状として出血を伴わない場合もあります。
発見されている5種のウイルスの型のうち、
ある種の型では、致死率が90%に達するとっても怖い病気。
怖い 怖い  


以前 エボラウイルスは、ジャングルに生息しているコウモリの中で 
ひっそりと共存していました。
しかし、1976年になんらかの方法で人間と接触、体の中に侵入し
高熱・出血などの症状をおこし、人から人へ次々と感染させました。
エボラウイルスはコウモリの中では、悪さをしないのに、
コウモリを介して(食べられるなど)、
他の生き物の体に入ることによって病原性を発揮します。
毎年流行し問題になるインフルエンザなども、
水鳥の中にいるときは症状を出しませんが人の体内に入ると、
高熱などの症状を出します。
そして最近、このように人の体にはいることによって
人に致死的感染を起こす野生動物由来のウイルスが次々と出現しています。
人間は技術の進歩により簡単に未開の地まで行けるようになりました。
その結果今までは奥地で人目に触れずひっそり生息していた野生動物が、
人間と接する機会がでてきました。
ウイルスは体に入るとすぐに症状を出すわけではなく、
症状がでるまでにはある一定の期間があります。
そのため、昔は奥地に行くまでに大変日数がかかったので、
もし奥地でウイルスに侵されて病気になっても
他の人に接する前に発症し、
亡くなってしまうか、もしくは回復してしまうために、
病気が広がることはありませんでした。
しかし、現在はジャングルにいた人が、
数時間後にはスターバックスでキャラメル マキアート を飲むことが可能になりました。
現代は潜伏期の間に都市にでてくることになったのです。
そして、都市にきてから発症し、他の人に感染させ、
新に感染した人が、
今度は潜伏期の間に飛行機で他の都市で移動、発症 
「アウトブレイク」となるのです。

動物園勤務時代は、
特にこのような人畜共通伝染病の危険に常にさらされていました。
マカク属サルが持っているBウイルスは、
人に感染するとリンパ腫を起こします。
これは唾液に多くふくまれているので噛まれることにより感染します。
風邪は間違いなく、チンパンジーと伝染しあっていました。
病気の感染を防ぐため、
サル類が死亡し解剖するときはメガネ、マスク、帽子、手袋の完全防備
ひどい下痢の時など細心注意、
死亡後時間がたっているのに血液が固まっていない時など、
カッパを着用で病理解剖をしました。
血液がマスクに飛んだ時など消毒液で顔を洗いました。

そんな中サバンナモンキーがリンパ腫で死亡しました。
いつものように完全防備で解剖をおこなっていた僕、
事件はそんな時おこりました。
『痛て』
皮膚を剥離していた解剖刀が僕の小指にあたりました。
指を見ると手袋の中にうっすらと血が滲んでいました。
ガーン・・・・・・。
僕は顔面蒼白
奥さんとまだ小さかった子供たちの顔が浮かびました。
実は同居していたサバンナモンキーが、
この数年前 サルT細胞白血病ウイルスの感染症で死亡していました。
これは世界で初めての症例でした。
もしかしたら、僕がサバンナモンキーから
この病気を伝染された世界で初めての人間になるのか・・。
学会の発表でリンパが腫れた僕が、目隠しで全裸の症例写真で使用されるのか・・・
早めにダイエットしなくては・・・。
などなど人知れず悩んでいました。
悩みに悩み、数日後、動物園の先輩獣医に相談しました。
実はサバンナモンキーを解剖中に・・・・・。
説明を聞いた先輩は一言
「大丈夫だ!」
実に心強いお言葉。
しかし、その根拠は?
この病気自体が世界で初めてなので、
人に感染するかどうかなんてわからないはず。
「どうして大丈夫なんですか?」
「おれも2年前、リンパ腫のサバンナモンキーの解剖中同じ事故を起こした。
まだ発症してない大丈夫!」

現在、エボラ出血熱でたくさんの医療従事者が死亡しています。
なんて悲しいことなのだろう。
どんなに防御しても事故は起こります。
それを知りながらもエボラと戦う医療従事者、
感染リスクに身をさらしながら治療を続ける医師、看護師
すごい・・。
このブログを書いている最中に、
「発症した医師が未承認治療薬を投与したところ病状が大幅に改善した」とのこと。
なんていいニュースなのだろう。


今も先輩獣医、元気です。
とりあえず僕も元気です。


<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

スポンサーサイト

2014.08.01_21:14

広がるオデコ

時々病院でお預かりする、ミニチュアダックスの「ポン太6歳」。
病院にいる時はいつもお気に入りの場所、僕の足下で寝ています。
彼は、どんなワンちゃんが来ても片目を開けるだけ、
寝ることが大好き、とってもおっとりしているワンちゃんです。
ただし、おやつの時だけ豹変します。
おやつの袋の音がしただけで、パッと飛び起き、僕のほうに走ってきて、
短い足でピョンピョン跳ねてほしがります。
特に牛皮でできたのがお気に入り。
「お座り、待て」の後におやつを渡すとそれを加えトイレの前で“カジカジ”。
半分まで食べるとそれを咥えて、冷蔵庫の横に行き、隠します。
その後は思い出したように秘密の隠し場所に行き“それ”を取り出し
少しずつ“カジカジ”
そして、僕が冷蔵庫に近づこうものなら走ってきて「ウ~」
ポンちゃんは、大好きなおやつ、
食べきれない分は隠しておいて、後で楽しみながら食べるのです。
ポンちゃんのように、ワンちゃんは餌を隠す行動をよくします。
これは餌がない時に困らないための本能です。

ネコはどうなの?
ネコたちはエサを隠しとっておく行動をとりません。
どんなに好きなエサの時でも満腹になると、
ごはんを残したままその場を離れてしまいます。
家猫だからいつもエサをもらえるから隠さないのでは?
いやいや、いつも空腹気味の野良ネコちゃんたちもお腹いっぱいになると、
その場を離れてしまい、残ったごはんをしまっておくことはありません。
この理由はオデコにありました。
「猫の額のような庭」のように「猫の額」は狭いたとえにつかわれます。
実際に猫のオデコは狭いのです。
このことに“ごはんを隠さない”秘密がありました。
ワンちゃんがなぜ食べ物を隠すかは、
時間がたって、お腹が空いたとき食べるためです。
「将来、餌がないと困る」
これはお腹が空いて困った経験から、
こうなるかもしれないという想像をするのです。
ポン太も大好きなおやつが、
いつでも食べられるわけではないことを経験しており、
あとで食べられるように隠すのです。
「あとで困らないように餌を隠しておこう」という考え、
この想像力はちょうどオデコの場所にある大脳の前頭葉という器官で行われます。
ワンちゃんはオデコがあるので、このように将来を考え隠す行動ができるのです。
しかし、猫はオデコが狭いということはこの前頭葉が小さいのです。
結果として、猫は将来どうなるか想像することができず、
今さえ満足であればいいという生活をしているのです。
ネコは「宵越しの銭は持たない」江戸っ子気質なのです。

人間のオデコは?
人間は、どうかと言いますと広いオデコを持っています。
このオデコ、前頭葉が発達したため、
とっても想像力が豊かな生き物になりました。
よく博物館にある人間の進化の絵をみると、
だんだんと腰が伸びていくとともに“オデコ”が大きくなっていくのがわかります。
これは前頭葉が大きくなってきたということで。
ちなみにもっとも人間に近く、とっても賢いチンパンジーでも
前頭葉の大きさは人間の1/6しかありません。
いかに人間のオデコが大きいかということです。
オデコが大きくなるとともに
人間は本当に頭がよくなり
何十年先のことを想像することができるようになりました。
結果としてどんどん人間社会は発展し、便利になり、良い社会になりました。
のはずなんだけど、
想像力があるために将来の夢よりも自分の老後を心配して
悲観的に生きている若者、
地球上は紛争ばかり、
そして、オゾンの破壊、温暖化、化学物質による汚染、
地球は人間生活によってどんどん破壊されているようで、
本当に想像力があるの?

必要な分だけ食べて、
今、お腹いっぱいになれば幸せ、
“明日のゴハンは明日心配すればいい”
前頭葉の小さいネコのほうがなんだか幸せそう。
その上、ネコは地球を破壊することをしません。

獣医師の仕事で大事なことは想像力。
動物たちはしゃべらない上に、我慢するため症状をなかなかだしません。
情報がとっても少ないのです。
うんちやおしっこ、食欲などの少ない情報から
今までの経験と想像力をフルに働かせ、
いろいろな病気を探しだします。
咳をしていたるからといって風邪とは限りません。
心臓が悪い時や寄生虫がいるときも咳をします。
いつ咳がでるか、こもった咳か、乾いた咳か
年齢は、太っているかから
いろいろな病気を想像し治療します。
最近年齢とともに僕の想像する力が増してきたような感じがします。
何といってもオデコが広がっているのがその証拠、
きっと前頭葉が大きくなっているに違いありません。
奥さんにこの話をすると、
そういえば髪の毛薄く・・・・。
それ以上は言うな!




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。