動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.07.29_01:32
母性に目覚める

「ジャイアントパンダの赤ちゃんが死亡」
というニュースが。
あらら・・・、残念。
飼育担当の人はどんなにか悲しいことでしょう。
死因は肺炎、母乳が気管支に入ったことによる、誤嚥性の肺炎だそうです。
ジャイアントパンダの赤ちゃんは、
ハツカネズミぐらいの大きさで非常に未成熟な状態で生まれてきます。
大人の1000分の1の大きさです。
私たち人間に例えると、50kgの母親が50gの赤ちゃんを産んだぐらいです。
そのためか、生まれて1週間で60~70%が死んでしまうというデータがあるそうです。

僕も自分の手で育てていた仔を、同じ病気で死亡させてしまったことがあります。
小学生2年生の女の子が、両手でやさしく包みこみ、
生まれたばかりのアブラコウモリを連れてきました。
どうも、小学校の体育館の裏で拾ったようで、
女の子は「コーちゃん」という名前を付けていました。
大きさは小指ぐらい。
体温が下がっていたため、まずは暖めました。
少し動きだしたため、注射器を使いゆっくりと特性ミルクをあたえました。
“チュウチュウ”と飲むわけもなく、口の中に入った数滴を舐めるだけ、
口の外にこぼれる方が多いぐらいでした。
0.2mlを飲ませるのに30分以上かかりました。
2日程すると“コーちゃん”はミルクの味にもなれ、
僕のあげ方にも慣れたのか、
自分からチュウチュウ飲むようになりました。
飲み終わるとお腹がぷくっと膨れてしっかり飲んでいることがわかります。
タオルでお尻をマッサージ、オシッコとウンチをします。
そして、5日目には、
ぐいぐい飲むようになっていました。
ミルクの時間が楽しみとなりました。
そして、僕のもとにやってきて1週間、
いつものようにミルクをのんでいると、
「ゴフゴフ」と鼻と口からミルクを吹き出しました。
そして、その日の夜、“コーちゃん”は静かに動かなくなりました。
いっきに飲み込んだミルクが気管に入っていまい
肺炎を起こしてしまいました。
僕のミルクを与えるスピードが速過ぎたのか、
原因はわかりませんが、とっても悲しく悔しい経験でした。

その後も何度かコウモリの人工哺育を経験しました。
アブラコウモリはミルクの次は離乳食。
さて、アブラコウモリの離乳食は何かというと、
ミルワームという、ゴミムシダマシの幼虫を与えます。
ただそのままあげると、ミルワームの外皮は硬いため、
消化不良や便秘を起こして死んでしまいます。
そのためミルワームの内臓だけをあげます。
幼虫の先をパツンと切りおとし、中の内臓を絞りだしそれをあげます。
その内臓をコウモリはクチャクチャと食べます。
食べる物はグロテスクですが
食べている姿はとってもかわいいのです。
ここまでくると、あともう少しで野生に帰せます。
その前にできるだけいろんなものを食べさせます。
主に蛾やイモムシ、小さい体のくせに大食漢、
体の半分ぐらいの量を食べます。
この時期は、毎日虫探しで大忙しです。
そして、夕方コウモリの舞う仲間の元に帰してあげました。

ジャイアントパンダはないのですが、
レッサーパンダの人工哺育をしたことがあります。
3つ仔で誕生したのですが、一番小さい子の栄養状態が悪かったため、
僕たちの手で育てることにしました。
この子はちょっと飲むと飲むのをやめ寝てしまい、
哺乳の時間がやたら長かったのを覚えています。
灰色からだんだん親と同じ色と模様になった時は、
まるで動くヌイグルミとってもかわいかったです。

ノウサギの人工哺乳をしたこともあります。
ノウサギの仔は生まれた時に、
すでに毛が生えておりとってもかわいいです。
親は生まれてすぐ仔を草むらに隠します。
仔はそこにずっと隠れて決して動きません。
あまり頻繁にその場に親がいくと、
敵に見つかってしまうため、母ウサギはできるだけ隠した場所に近づきません。
そのため、母ウサギは1日1回から2回しか哺乳しません。
そんな、隠れている所を人間が見つけると、
“動かないため弱っている”とか、
“周りに母親がいない”
“親に捨てられた”と
勝手に思い込み連れてきてしまうことがあります。
これは誘拐ですよ。
母ウサギは子供を隠していただけですから。
ノウサギのミルクは哺乳回数が少なくてすむように、
とっても濃いのです。
人の手で育てる時も哺乳回数は少なくてすむのですが、
ミルクの濃度がとっても難しいのがウサギの人工哺育です。
薄いと栄養がたりず、濃すぎると下痢をするなど大変気をつかいます。

ネコちゃんワンちゃんは専用のミルクがあるため、
昔に比べ大変、育てることが楽になりました。
昔は牛乳で育てたため栄養不良や下痢で、
なかなかうまく育ちませんでした。
最近のミルクは大変良くできています。

今、生後1週間のネコちゃんを預かり育てています。
哺乳瓶でミルクをあげていると、
ネコちゃんは、フカフカした肉球で哺乳瓶を持っている僕の手をモミモミ、
そして、飲みながら「ミャァ ミャァ ミイ ミイ」とってもおしゃべり。
とっても幸せを感じるひと時です。

夜中にこっそり僕のオッパイを
ネコちゃんの口もとに持っていってみました。
首を左右に振りながら、イヤイヤのポーズ
そして、伸び始めて尖った爪で“ガリ”
僕のオッパイが出るのなら、
僕のオッパイを飲ませてあげたい。
すっかり母性に目覚める僕です。
ミルクの後は、
赤ちゃんネコは自分で排泄が出来ないので、
排泄を補助してあげる必要があります。
ママネコがお尻を舐めるように、
飲ませた後はお尻をチィッシュやガーゼでそっと刺激して、
オシッコとウンチをだしてあげます。
これはミルクの前でもいいですよ。

鳥の赤ちゃんもたくさん育てました。
ほとんどの鳥はミルクではなく虫で育てます。
僕をみつけると餌をねだり、
大きな口をあけてピーピー鳴きます。
あの大きな口を見るとついつい餌をあげたくなります。

ミルクをあげるのは特別なこと、
僕は1回でもミルクをあげると
すっかりお母さんの気持ちになってしまいます。
僕は“赤ちゃん”を育てることが大好き、
これが趣味といってもいいぐらいです。
僕が女性だったらいいお母さんになるのになあ。

ジャイアントパンダのニュースを聞いたとき、
僕の手は“コーちゃん”の一生懸命ミルクをのんでいる時の
あの感触を思い出しました。


<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします



スポンサーサイト


腫瘍


いつもは上品なフローレス系の上品な香りで
きれいに髪をセットしてやってくる奥さんが、
大きなサングラスに  深々と帽子をかぶり 
焼肉の臭いがついたままやってきました。

「先生、ペコちゃんのお腹と耳の後ろに
ものすごく大きな腫瘍ができたみたいなのの診てください」
さっそく触れてみると、お腹に厚みのある草加せんべいのようなできものが。
耳の後ろにはウズラの卵のようなものが数個。
触れてみると弾力がなく硬い。
これが腫瘍としたら、状態は相当悪いことが考えられます。
そおっとつまんで見ると、皮膚から浮き上がりました。
あれ、思わず僕は“ニヤ”  と笑ってしまいました。
その顔を見て奥さんはサングラスを外し、
僕をにらみつけました。
違います、ふざけて笑ったわけじゃないよ・・・。
ほっとしての“ニヤ”です。

奥さんの目の前でその塊をつまみ上げ、
塊の一部をハサミでチョキ。
そこから“血がぴゅー”、
奥さんは“ぎゃー”と悲鳴。
ウソです、そんなことはありません。
中身はフェルト状になった毛が。
そうですこれは大きな毛玉でした。

ペコちゃんはノルウェージャン・フォレストキャット長毛の猫ちゃん。
寒い地方の猫だけあり、
毛は保湿、保温性に優れていて密なアンダーコートと
雨や雪をも寄せ付けないトップコートをもつ、
おっとりとした優しい猫です。
暖かくなって、保温の必要がなくなり抜け始めたアンダーコートが、
絡み合ってこの大きな毛玉が出来上がっていました。
毛玉とわかり奥さんはほっとした様子。

しかし、毛玉をなめてはいけません。
ほおっておくとますます大きくなり、
そのうえ、蒸れて皮膚が炎症を起こしてしまいます。
普通の毛玉でしたら、まわりからすこしずつほぐしていけばいいのですが、
これだけ大きく硬い毛玉は、カットするしかありません。

カットの注意事項
ハサミは皮膚に垂直に、縦に入れること。
絶対毛玉をつまみ上げて、チョッキンしようなどと考えてはだめです。
猫ちゃんの皮膚は柔らかく伸びるので毛と皮膚の境がわかりにくく、
皮膚をパツンと切っちゃうことになります。
あわてずゆっくり少しずつが大事です。

さっそくペコちゃんの毛玉の状態を調べてみると、
米粒大から、一番大きいのは手の平ぐらい、
全部で27個の毛玉がありました。
ほぐすのもカットも無理なため、
奥さんの了承のもと、バリカンでカットすることにしました。
みごとなライオンカットとなりました。

毛玉はコーミング(ブラッシング)で防げます。
コーミングによって換毛期に抜ける毛をとってあげると、
毛玉ができにくくなります。
毛玉がお腹の中で詰まってしまう毛球症の予防にもなります。
猫ちゃんに負担もかけず、
びっくりするぐらい抜け毛とむだ毛をごっそり取れるブラシありますので
使ってみて下さい。
病院にありますので相談してください。

猫にシャンプーは必要?
猫はセルフグルーミングをしますので、基本的にシャンプーの必要はありません。
あのザラザラした舌によるグルーミングで、いつも被毛を健康に保てます。
以前、白い粉(フケ)がたくさんでるという猫ちゃんがやってきました。
この猫ちゃんは御主人がお風呂に入ると、
必ずお風呂にやってくる猫ちゃんでした。
そして、御主人は毎日自分の頭を洗うついでに、
猫ちゃんも自分のシャンプー(人間用)を使い洗っていました。
油が取れすぎたせいか、毛の艶がなくパサパサして、
毛も細く全体的に薄い感じでした。
飼い主さんにお風呂にきてもシャンプーを使うのをやめてもらうことで、
艶々した毛をとりもどしました。
猫のシャンプーによる“ふわふわの毛”“いい香り”は人間の都合。
猫ちゃんはちっとも嬉しくありません。
逆にシャンプー直後、その臭いがいやなのか、ひたすらグルーミング、
全身を舐めまわして自分の臭いをつけます。
シャンプーのあと同居の仲良し猫が近づくと、香料の香りのためか
「お前誰だ!」と知らない猫と思われシャーと攻撃されることもあります。
シャンプーは、汚れている時や、もしくは皮膚病の時だけでいいですよ。
猫ちゃんの毛玉の予防はコーミングがいいのです。
シャンプーだけでは、むだ毛や抜け毛がとれません。

コーミングしているのに毛玉ができる時などは、
毛に油が付きすぎていることがあるのでシャンプーは効果的です。
去勢のすんでいない雄猫に多いスタッドテイルとよばれる病気は、
尻尾の付け根皮脂腺やアポクリン腺の分泌の活性化により、
尻尾の表側が油でギトギトし汚れがついている状態です。
そこに菌が付き2次感染がおこることがあります。

治療法はシャンプーで余計な油をとることです。
シャンプーする時は人間用はだめです猫用のもの、
できるだけ刺激の少ないものを使ってください。
病院にあります、要相談。

ペコちゃんに専用のブラシを用意して、
コーミングの方法を教えてあげました。
1月後やってきたペコちゃん、
奥さんの髪型と同じように
艶々した毛でやってきました。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします




2012.07.11_09:31

“キン太”

「ギャーギャー、ヒャーヒャー、キャーキャー」
動物園内にニホンザルの悲鳴が響きわたりました。
時々このような騒ぎはあるのですが、
この時はいつもの叫び声とは違っていました。
あわててサル山に駆けつけると、
サルたちは、2つある大きな岩の山の回りをグルグル回っていました。
彼らはなぜかみんな左回り、いつも同じ向きに回ります。
理由はわかりません。
いつもなら1分程で収まるのですが、
この時は騒ぎが収まるどころか、あちこちでケンカが始まり、
今までに聞いたことのないほどの叫び声が響きわたっていました。
サル山は、どこもかしこも興奮に包まれ、
地面には大量の柔らかいウンチが散らばっていました。
(ニホンザルは恐怖を感じると、肛門が緩みウンチを垂れ流します。
これをショック便と呼びます。)
そして、血痕もあちこちに。
ぐるぐる回っているお母さんのお腹や背中には、
子供たちがしっかりくっ付いています。
顔や足から血をながし、足を引きずっている者もいます。

そして、大きな山と小さな山の間の岩陰には、
倒れているらしきサルの足だけが見えていました。
その周りには比較的大きな血痕がひろがっていました。
血痕のまわりを遠巻きにして、
短い尾をピンと立て、口を大きく開け、
太く尖った犬歯を見せながら興奮気味の
実力NO2とNO4の♂ザルがウロウロしています。
いやな予感が、“キン太”がいません。
NO2・4がこんな状態の時は、
その前には大きな体を左右に揺らす“キン太”がいるはず。
誰の足かを確認するために、僕は移動しました。
足の持ち主は一際大きなニホンザルでした。
全身には多数の噛み傷があり、
両手、両足の指の何本かは噛み切られていました。
顔も酷く、両目は大きく腫れあがり、
唇もぱっくり割れめくれあがっていました。
腫れあがった顔からは、誰かはわかりません。
しかし、あの大きな体と、大きな○○玉(男にしかない玉)は
間違いなく“キン太”です。
“キン太”はこのさる山で実力NO1のボス。
どうもNO2とNO4が組んでクーデターを起こしたようです。
“キン太”は突然の反乱に敗れ、岩陰で大量に出血しながら倒れていたのでした。
ボスが敗れたため、群れの秩序が敗れたのか、群れ全体に不安が広がり、
さる山全体が興奮状態でした。

●「ボスザル

動物園のさる山で「『ボスザル』はどの子」とよく聞かれました。
強大な権力をもち、食べ物に優先権がありメスを独占し、
群れを外敵から守り、秩序を維持して群れをまとめ、常にみんなを守り、
みんなに信頼され一目置かれている、そんなボスはいません。
ニホンザルの群れには順位があり、ボスザルはその中で一番強いということだけです。
心配りなどせず、餌を見れば一番に食べ、お気に入りの♀がいれば交尾をする、
ただ力の強さから、威張っているだけです。
野生下では、餌が広いところにあるため、一人で独占は無理なうえ、
♀も自由に広い範囲を動きまわっているので、独占することもできず、
明確な“ボス”が存在しないことも多く、
全体の順位自体も飼育下よりずっとあいまいです。

●サル山の実際

餌を付けると、いっせいにサルたちが集まってきて、両手で餌をかき集め始めます。
すると、筋骨隆々で体が大きく、尾を上にピンとたてた、
1位(ボス)が悠々とゆっくり近づいてきます。
すると、餌を集めていたサルたちは、さっと場所を明け渡します。
ボスはドンと餌の真ん中に座り込みゆっくりと好きなものだけ思う存分食べます。
お気に入りのメスと子どもだけは近づいて一緒に食べることができます。
順位の低いサルは、餌がまかれるとともにできるだけ素早くかき集め、
順位の高いサルが来る前に、入るだけ口に詰め、
さらに両手で抱え込み、2足歩行で安全な場所まで運びます。
しかし、餌が少なかった時など、
順位の低いサルは、高いサルに口を無理やり手で開けられ、
頬袋にため込んだ餌中奪いとられることもあります。
ボスはたくさんの好みの♀と交尾し、♀を独占すると考えられていましたが、
DNA調べてみるとボスの子は意外に少なかったことがわかりました。
弱い♂もすきをみて交尾するし♀もそれを受け入れている現実がわかりました。
動物園などで飼われているニホンザルは、
豊富な餌があるため餌を探し回る必要がなく呑気で楽だと思われがちですが、
そんなことはありません。限られた空間で、
その上過密のことが多く、ささいなことによる個体間の争いが多いうえ、
逃げる場所がないなど、
力関係による順位は野生の群れよりずっとシビアな生活環境です。

●♀が強い

ボスになるためには、自分の力だけではなく、♀の力が必要です。
より強い♀の一族がバックにつくことにより一層地位が安定します。
逆にいくら大きく、力が強くとも♀の支持が得られなければ、
高い地位にいることができません。

●人間社会の縮図

☆閉鎖された群れ社会で一番になり、威張っているボス。
いざとなると、一番最初に逃げて行くこともあります。
☆戦えば強いのに、他のサルとは群れず、
いつもみんなとちょっと離れたところで過ごすクールなやつ。
☆いつもボスのそばでペコペコしグルーミング(毛づくろい)してボスの機嫌をとり、
権力のおこぼれに預かっているサル。
☆本当はボスより強い権力をもつメスのサル。
さる山を観察していると自分を見つけることができ、ちょっと悲しい。

●今までなぜリーダー的役割のボスがいると言われていたのか?

これは人間がつくりあげた幻想でした。本当は力に任せ威張っていただけでした。
こんなリーダーがいたらいいなという勝手な思い込みが、
サル山のボス像をつくりあげていました。

●野生のニホンザル

ニホンザルの群れは、基本的には数頭から数十頭の母系の集団です。
メスは生まれた群れで母親に守られながら成長し、
出産や子育ても同じ群れでおこない、同じ群れで一生涯を過ごします。
それにたいして、オスは生まれてから数年間はその群れで暮らしますが、
若者ザルと呼ばれる年齢になると、群れから出て行ってしまいます。
群れにいるオトナのオスのほとんどは、
違う群れからやってきたよそ者です。
群れは通常、ほぼ一定の範囲の森の中を移動しながら暮らしています。
他の群れとはできるだけ、重なりあわないように棲み分けています。
その範囲内で餌を求め群は移動します。
移動するときは、
♂のボスザルが「そろそろ場所を移動するよ」と決めて、
皆を引き連れて移動していたと思われていたのですが、
実際はそんなことはないそうです。
本当は、強いメスザルや若者サルが移動を始めると、
そこにみんなが何となくついていくようで、
群れを率いている本当の実力者、リーダーは♀なのかもしれません。
これを考えていると、日本だってまとめる力のない男のリーダーよりも、
女性の方がいいのでは・・・。

●“キン太”救出

園内に「さる山に全員集合」の放送が流れ、キン太救出作戦が実行されました。
集まった職員は、それぞれの手に網・デッキブラシ・竹ほうきなどをもち、
さる山に入りました。
周りのサルを追い払いながら、キン太に近づいてみると、
ゆっくりと胸が上下し、息をしていることがわかりました。
いそいで捕獲作戦実施です。
「行くぞ」の合図で、
ニホンザル担当者がキン太の両腕を掴み、網に入れ病院に運び込みました。
診察台の上で診察をすると、
顔を始め両足・両腕・お尻多数の噛み傷があり、
指も何本か噛み切られていました。
傷は全身で20か所を超え、傷口をふさぐため100針以上縫いました。
しかし、運よく傷は大きな血管を避けており、
命にかかわるようなケガはありませんでした。
しかし、“キン太”は次の朝を迎えることはありませんでした。
通常この程度の傷では死ぬことはありません。
“キン太”はケガで死んだというより、
クーデターによるショック、
NO1からの転落による精神的なショックが、
“キン太”から生きていこうという気持ちを奪い取ってしまったようです。
まだ20代の獣医師になりたての僕に“キン太”は、
病気やケガを治すのは、僕たちの治療行為だけではなく、
本人の生きていこうという気持ちが大事だということを教えてくれました。
どんなにケガでも生きようとする気持ちがなければ死んでしまいます。
逆にひどいケガや病気でも
生きようとする気持ち「生きる力」があれば助かることもあります。
僕は獣医師として生きる力をほんのちょっとお手伝いをしています。

“キン太”の犬歯はこのクーデターの数か月前から抜け落ちていたようで、
ケンカの時にする、犬歯を見せつける大きく口を開けた威嚇に、
あまり威力がなくなっていたようです。
威嚇のために大きく口を開けるのに、開けたはいいが犬歯の抜けたあとを
見せることになっていました。
そして、いつもキン太の横にいた♀のNO1が、
今回のクーデターの裏で暗躍していたという噂がありました。
キン太のいなくなったさる山では、
NO1の♂(NO2だったサル)の横に、
NO1の♀サルがいつも寄り添っていました。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。