動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.30_17:52
熱中症

飼い主さんに抱っこされ、ワンちゃんがやってきました。
「先生、○○ちゃん少し歩くと倒れちゃうの」
口を大きく開け、
速く浅い呼吸「ハァハァハァハァ」息苦しそう。
床に降ろすと、2~3歩き、べたっと座り込んでしまいました。
舌は口の横から飛び出しています。
舌と一緒によだれが垂れて、口の周りがビショビショに濡れていました。
耳に触れると熱く
体温計で計らなくても熱があることがわかりました。
耳の内側と口の中は赤みが強くなっていました。
今年最初の熱中症です。
すぐに緊急治療を始め何とか一命を取り留めました。
あと30分おそかったら・・・。

この子はミックス犬(キャバリア×マルチーズ)
全身長い毛に覆われ、
食べることが大好きな“太っちょ”ワンちゃん。
普段から呼吸が速いことが多く、
あまり歩かず、すぐ座ってしまうので、
緊急事態とはわからなかったようで。
心臓にも雑音が聴こえ心臓の病気がありました。

 梅雨に入りいよいよ、熱中症の季節。
全身毛に覆われたワンちゃん、猫ちゃんには受難の季節。
熱中症はとっても危険な病気です、手当が遅れると死んじゃうことも。
“うちの子はサマーカットするから大丈夫”なんてかたも多いと思います。
しかし、バリカンで皮膚が見えちゃうほど短くするのは、暑さ対策になりません。
逆に熱中症になりやすいこともあります。
私たち人間も真夏の太陽の下、裸で歩くよりTシャツを着て歩いた方が涼しいですよね。
Tシャツは直射日光や太陽の紫外線から皮膚を守ってくれます。
裸のまま長時間野外にいたら、皮膚は日焼けを通り越し、
“やけど”状態になってしまいます。
丈夫そうに見える犬の皮膚は、
実は人間に比べ角質層が薄く、
人間の皮膚よりずっとデリケートなのです。
そのデリケートな皮膚を守るため、全身を毛で覆っています。
皮膚が見えるほど毛を短くしてしまうと、
紫外線が皮膚に直接あたり皮膚にダメージを与えてしまいます。
そして、太陽からの熱い直射日光を皮膚に直接受けます。
毛は保温効果だけではなく、直射日光の高温から体を守る断熱効果もあります。
サマーカットは室内では涼しい効果がありますが、
太陽の光が降り注ぐ、外では逆に熱くなりますので注意してください。


サマーカットの注意点として、もう一つ。
ポメラニアンやシェルティは、バリカンで丸刈りにすると、
毛の質が変わると言われています。
剛毛になったり、毛が生えそろわなくなったりするらしいのです。
らしいというのは、
毎年サマーカットにしているポメラニアンのモモちゃんは、
全く問題なく、冬にはフカフカの毛が生えそろっています。
サマーカットによる毛質の変化、僕は今のところ経験していないので、
本当なのか、都市伝説なのかわかりません。
ちなみに人間も髭(体毛)をそると太く濃くなると言われていますが、
そんなことはありません。そう感じるだけだそうです。
ただし、実験的に毎日過剰に毛をそり続けたマウスの実験では
毛が少し太くなったそうです。実験をやめたらもとにもどったそうですが。
丸刈りにすると毛が太くなるのが本当なら、
そろそろ髪の毛に不安を抱える僕も丸坊主にしてみようかな?
逆に生えてこなくなくなったりして、あー恐ろしい。

サマーカットはお腹の毛を短くするのは効果があります。
お庭で飼っているワンちゃんが、
庭に穴を掘りお腹を付けているのを見たことがありませんか。
表面の熱い土を、穴を掘ってどかし、冷たい地面をだし、
そこに“ベタっと”フセをして体を冷やします。
ワンちゃんはお腹を冷やすことによって、体を冷やします。
よって、お腹の毛を短くするのは結構効果があります。

熱中症の症状は
☆“ハァハァハァ”いつもより早く浅い呼吸
☆舌を口の横から出している
☆よだれを垂らしている
☆耳の内側が赤くなっている。
☆ふらふら、ヨタヨタ歩く
☆体が熱い、耳が熱い
☆吐いて下痢をする
などです。
ひどくなると、
筋肉が震え、意識が薄れ、失神することもあります。
口の中の粘膜が白くなっていたら、緊急事態です。
すぐに緊急処置をして病院に連れてきてください。

ワンちゃんは熱中症になりやすい
ワンちゃんは汗ではなく、呼吸によるよだれを蒸発させ、
その気化熱を利用して体温調節をしています。
そのため、日射しの強い暑い日中に起こる病気と思われがちですが、
朝方や夕方でも湿度が高いとよだれが蒸発しにくく、熱中症になることがあります。

熱中症になりやすいワンちゃんは?
“太っちょワンちゃん”は、体中の皮下脂肪が断熱材となり体の中に熱をため込みやすく、
また、首のまわりの脂肪によって気管が圧迫されて、空気の通り道が狭くなり、
呼吸による体温調節が難しくなり熱中症になりやすいです。
心臓の病気を持つワンちゃんも、循環機能が上手く働かず、
やっぱり体温の調整が上手くできず熱中症になりやすいです。
肥満は心臓病にもなりやすいため、熱中症で運び込まれ心臓の病気が発見されることも
よくあります。

熱中症かなとおもったら
一刻も早く体を冷やしてください。
首のまわり、わきの下、内股のつけねを冷やしてください。
体全体に濡れたタオルをかけるのも効果的。
水が飲めるようでしたら、水分を補給してください。
そしてすぐに動物病院に連れてきてください。

一晩入院すると○○ちゃんはすっかり元気を取り戻しました。
飼い主さんが迎えにくると、
○○ちゃんは、これでもかというぐらいシッポを
フリフリし飼い主さんに飛びついていきました。
飼い主さんは、抱っこをして顔をスリスリ、
そして、一言
「帰ったら大好きな“すき家の牛丼”食べようね。」
ダメですよ、ネギが入っているから、
いやいやそれだけじゃない、
熱中症の原因の一つは肥満
牛丼は絶対ダメです。吉野家でもダメ。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします


スポンサーサイト

2012.06.18_18:55
涙をながす


「先生、うちのミーちゃんごはん食べながら涙ながすの、
ミーちゃん食いしん坊だから、うれしくて泣いちゃうのかね」
ミーちゃんは猫ちゃん、やや太り気味のペルシャです。
「ごはんの時だけですか?」
「うん、そうなのよ。ゴハンの時間になるとお椀の前に座ってね、
 目をウルウルさせながら私がゴハン入れるのをまってるの。
 そしてね、ゴハンを食べだすとポロポロと泣くのよ。」
 ミーちゃん涙をながすのは、ゴハンの時だけのようす。


涙は目の上にある涙腺から分泌される血液から作られている液体です
血液からできているのに透明なのは、涙腺に取り込まれる時、
毛細血管により赤血球などの大きな成分を取り除いているためです。
成分は90%以上水分が占めており、
残りはナトリウム・カリウム・カルシウムなどの電解質、
抗菌作用のあるリゾチームなどが含まれています。
ちなみに、オシッコ・ウンチ・鼻水・汗などの体から出る物質の中では一番きれいです。
なぜ涙がでるのかというと、涙には目を守る大切な働きがあります。
涙腺から出た涙は、ゴミや細菌から目を守り、目の表面(角膜)を潤し、
目が乾かないために常に少しずつ出ています。
出てきた涙は再び目頭にある穴(涙鼻管)から吸収されます。
しかし、涙が多すぎると吸収しきれずに、目からポロポロと流れ出ます。
これが涙を流している状態です。

涙の種類には3つあります。
<基礎分泌>目を潤し、栄養分与えたりする、ほとんど無意識に、常に流れている涙。
<刺激>まつ毛がはいったり、殴られたり、玉ねぎを切ったりなど刺激による涙。
<感情>悲しかったり、嬉しかったり感情によって流れる涙。


脳(大脳辺縁系)は、悲しい・悔しいなどの感情を感じると、
自律神経を使い涙腺に涙を出すように命令します。
なんのために、涙を流させるかというと、
<感情>の時だけに含まれる成分に秘密がありました。
この涙には、ストレスを感じた時にでるストレス物質(副腎皮質刺激ホルモンなど)が
含まれていました。
この物質は、悲しい・悔しいなどの感情が高ぶりストレスを感じると
体内にたくさん放出されます。
脳は、その過剰に出てしまったストレス物質を出す方法として、涙を利用したのです。
涙を流すとスッキリするのは、涙としてストレス物質を体から排出したからです。

これがもし、オシッコとして出すように命令したら、
恋人同士が別れる悲しいシュチュエーションの時、
オシッコを垂れ流すか、一番大事な時にトイレに行くなど
非常にマヌケなことになってしまいますね。
涙でよかった。
笑った時も涙がでますが、この時はストレス物質を出すためではなく、
笑うと“ほっぺ”が上がり、ただ単に涙腺を圧迫するためです。
あくびも一緒です。

さて、ミーちゃんはなぜゴハンの時だけ涙を流すのでしょうか。
ネコちゃんやワンちゃんも人間と同じように大脳辺縁系が発達しているので、
豊かな感情はありますが、この感情により涙を流すのは人間だけと言われています。
つまり、悲しくて涙を流すのは人間だけなのです。

いやいや「うちの子はさみしいと目をウルウルさせて涙を流すよ」
という人がいると思いますが、
これはワンちゃんは、飼い主さんの顔を見るために上を向いているので、
基礎分泌による涙が上手く涙鼻管から吸収されず、目に溜まってしまい、、
涙をながしているように見えるのです。

でもね、これはあくまで説で、僕が初めて飼った犬の"ジュン"は、
僕が大学生になり家を出ることになったお別れの時に、
確かに涙を流しました。
あれは基礎分泌ではなく刺激でもなくさみしくて泣いていたのです。

ミーちゃんの話に戻りますが、食事の時だけ涙を流すネコちゃんは結構います。
食いしん坊が多いようで、食べ物を見てよだれがでると、
涙腺も刺激してしまい、よだれと一緒に涙も出てしまうのです。
また、ミーちゃんのように目が大きくて鼻ぺちゃのペルシャは、
涙が排出される涙鼻管が閉じやすいのと、
食事中下を向いた時に、下瞼の皮膚や毛が目に入りやすく涙が出やすいのです。
刺激による涙です。

さ、今から「ライフイズビューティフル」でも見て思いっきり涙を流そう。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします




2012.06.11_23:20
絶滅危惧種

「ゲロ ゲロ ゲロ、グゥワ グゥワ」

「ケロ ケロ ケロ」

「モヲーーーモヲーーー」

信州の家の前には棚田がひろがっています。
そこに水が張られ稲が植えられていました。

太陽が沈むと、
田んぼの水面は鏡のように輝き、
それぞれの田ごとに月が浮かびます。
春のやさしい風が吹くと、
それぞれの月がゆらぎ、とっても幻想的な景色となります。
それに合わせるかのように、カエルの大合唱が始まりました。
僕は、人差し指にバンソウコウをつけ、
たくさんの月とカエルの声、
そして、熱いお茶とわらび餅を楽しみました。
足元のバケツには赤い大きなハサミをもった生き物がいました。



家の近所には棚田とともに、たくさんのため池があります。
そこは僕にとっては宝の山。
今回はその池で、先端にハムのついた糸を垂らし、ザリガニつりをしました。
まだ透明な小さなザリガニから、15センチを超える真っ赤なザリガニまで
ものの30分ほどで、10匹以上捕まりました。



捕まえたザリガニは、アメリカザリガニ
アメリカザリガニは名前のとおり、
アメリカから移入された外来種(本来日本に生息していない種)です。
昭和2年ウシガエルの餌用として、
神奈川県の鎌倉食用カエル養殖場に20匹が初めて持ち込まれました。
その後増えたアメリカザリガニが逃げ出し、あっという間に日本全国に広がりました。
ちなみにウシガエルも外来種、ウシガエルも逃げ出しあっというまに全国に分布をひろげました。

本来日本にいたザリガニはニホンザリガニで、
今は北海道の一部と青森・岩手・秋田の3県にだけ生息しています。
ニホンザリガニは暗褐色で、大きくても6cmほどの小さなザリガニです。
北海道で捕まえたことがありますが、体の割にはハサミが大きく、
小さいくせにやたらに力が強く、挟まれる痛さはアメリカザリガニの比ではありません。
以前は北海道や東北地方の川や池にたくさんいたニホンザリガニは
外国からやってきたアメリカザリガニやウチダザリガニとの戦いに敗れ、
そして生息地は汚染されたり、開発され、
個体数が減り、今では絶滅が心配されています。

このため池には、アメリカザリガニ以外にもたくさんの生き物がいます。
イモリ、フナ、ヤゴ、ナマズ、ミズカマキリ、タイコウチ
そして、“シナイモツゴ”が生息しています。
このシナイモツゴは、クチボソの愛称で知られるモツゴの仲間で、
モツゴより頭の大きく、ずんぐりむっくりした体型で、
体長7~8cmの小さな魚です。
戦前には関東以北にはたくさん生息していたのですが、
最近は減少の一途をたどり絶滅危惧種に指定されるほど個体数が減っています。

そんなシナイモツゴが10年ほど前にこのため池にも生息していることがわかりました。
なんでシナイモツゴが減少したかというと、
日本の南の地方に生息していたモツゴがだんだん北に生息地域を広めてきたためです。
シナイモツゴとモツゴが交雑すると繁殖能力のない雑種が生まれます。
そしてなぜか、シナイモツゴの雌とモツゴの雄との間で交雑がおこるため、
モツゴの雄が生息地に入ってくると、シナイモツゴの子供はみんな交雑種になってしまい、
こどもが生まれなくなってしまいます。
最終的には池からいなくなってしまいます。
たまたまこのため池にモツゴがはいってこなかったため、
シナイモツゴが残っていたのでした。
しかし、この池にも危険がせまっています。
シナイモツゴの敵はモツゴだけではありません。
スポーツフィッシングのために、人間が放流する外来種のブラックバスです。
ブラックバスやブルーギルは魚食性のため、
小さなシナイモツゴなどあっというまに食べてしまいます。
ブラックバスが数匹池にはいるだけで、
繁殖力もすごいため、あっという間に増え、シナイモツゴなどすぐに食べつくされてしまいます。
実際周りのため池の何か所かは、ブラックバスがいるため、
シナイモツゴをはじめ日本の在来種の魚がいなくなってしまいました。

「モヲーーーモヲーーー」と鳴く
ウシガエルもたくさんいます。
アメリカザリガニ・ウシガエル・ブラックバス・ブルーギル
こんな信州の山の中にも、外来種がいっぱい恐るべし。



人差し指のバンソウコウの理由
出川さんの鼻にザリガニ、あれは本当に痛いです。

<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
 休診日 月曜日



気に入ったらクリックお願いします



2012.06.03_10:43
犬語を覚えるぞ

「ワンワン・ワンワン・ワンワン」
ドアの外から甲高い声が聞えています。
「静かにしなさい
今日は注射しないから、なかないの
 あんまりなくと先生に怒られるよ」
飼い主さんの甲高い声も聞こえます。
おいおい、僕はないたからって怒りませんよ。

ワンワン ワンワン ワンワン

声がだんだん近づいてきました。
ドアが開き、飼い主さんに思いっきり引っ張られながら
「ワン ワン キャン キャン」
ポメラニアンのポッキーがはいってきました。
彼は病院が大嫌いなようで、
病院の前の道にきただけで吠えます。

彼は家でも、

チャイム  がなると玄関に突進し「ウーワンワンワンワン」

朝の5時  お母さんの顔を前足で押しながら耳元で「ワンワンワンワン」

お母さんがかえってくると
足元でジャンプし飛びつきながら「クーンクーンワンワンワン」

お母さんがお出かけしようとすると玄関で「ワンワンワン」

人を見てワン、犬を見てワン、
テレビを見てワン、車を見てワン

病院で、僕を見て「ワン」

犬の祖先のオオカミも吠えます。
しかし、いつでどこでも吠えるわけではありません。
狼は5頭から10数頭が集まり群れで、
広い縄張りの中を、獲物を求め移動しながら生活しています。
獲物を見つけると、皆で協力しながら獲物を捕らえます。

しかし、同じ肉食獣でも猫は単独で生活し物陰に隠れ、待ち伏せ型の狩りをします。

群れで生活する狼には雄・雌の中にそれぞれ厳密な順位があります。
ちなみに繁殖を行うのは一番上位の雄雌だけです。

狼は獲物を見つけると一番上位のリーダーの指示のもと追跡を始めます。
この追跡は時には数十キロになることもあります。
追跡の時は群れ全頭で協力し、
役割を決め、何頭かが先回りするなどじわじわと獲物を追い詰め、
獲物が疲れると、一気に距離を縮め、一斉に襲い掛かり獲物を仕留めます。
見事なチームワークです。

このように先回りしたり、挟み撃ちにするなど群れによる狩りには、
群れをまとめる強く賢いリーダーが必要です。
それとともに、群れの中の厳密な順位により、
リーダーに従うためのシステムができています。
そして、権力闘争に負けたり、そのシステムになじまなかった個体は、
群れを出て単独で生活することになります。

この狼を“一匹狼”といいます。

僕たち人間界では“一匹狼”というと誰にも媚びず、
一人で強く生きている、ちょっとアウトローでかっこいいイメージがありますが、
本当の“一匹狼”は、群れから追放された狼で、
そのうえ“一匹狼”は完全に群れから離れるわけではなく、
群れの仲間には無視されつつも、
元の群れの後を少し離れてついていく、

本当は“さびしんぼう”な狼なのです。

賢く強いリーダーがいて、みんなで協力しながら社会を構成している狼社会は、
まるで人間社会のようですね。
あれ、みんなから信頼され、群れを守りながら統率している賢いリーダー? 
人間社会、日本国にいたっけ?
狼社会のほうが、今の日本の人間社会より、
ずっとしっかりとしていますね。

このような群れ生活の維持には、お互いに理解し合う必要があり、
なき声、遠吠え、表情やしぐさなどでコミニュケーションをとります。
遠吠えは、仲間への連絡や、縄張りの主張、
居場所の確認などが目的で、それぞれの吠え方が違います。
近くにいる時は、声ではなく表情やしぐさにより、コミュニケーションをとります。
吠えると言っても、野生では必要最小限でしか声をだしません。
獲物に自分の居場所を知らせることとなってしまうので、無駄吠えはしません。

さてポッキーはなぜ吠えるのでしょう、
答えは簡単です、自分の気持ちを飼い主さんに伝えるため、
もしくはこうしてほしいと命令しているのです。
そして、敵がいないので、いくら吠えて居場所がばれてもいいので、
何度も繰り返し大きな声で吠えます。

病院に近づくと『病院 に行きたくない、やめて「ワンワン」』

チャイム  がなると「僕の家に知らない人はこないでワンワン」 

朝5時「早く起きてよ、散歩   に連れてってワンワン」

お母さんに飛びつきながら「遊んで遊んで  ワンワン」

お母さんが玄関に向かうと「僕をおいていかないで  ワンワン」

野生では敵を見つけると警戒音をだします、
仲間がそれに応え、わかったと吠えます。
理解されているので短い会話ですみます。
でもお母さんとポッキーの場合、
ポッキーの「ワンワン」にお母さんは大声で、
「なかないで」「静かに」「だめ」と答えます。
しかし、ポッキーにはお母さんの甲高く大きな声は、
「吠えるのはやめなさい」とは聞えず、
逆に一緒に“吠えている”ように聞こえ、
お母さんの声が“応援”にすらきこえます。
お母さんは犬語がわからず、ポッキーもお母さんの言葉がわからないので、
お互いに気持ちを一生懸命伝えようとするけど、
お互いに理解できず、その結果何回も吠え合うようになるのです。

ワンちゃんは順位をつけることが大好き。
ポッキーとお母さん、どちらが上か僕にはわかりませんが、
たぶんポッキーは自分が上だと思い、お母さんに命令をしています。
命令を無視するお母さんに何回も何回も大声で指示しているのです。

解決法は、
お母さんが賢く強いリーダーとなり、
ポッキーに信頼されることです。
信頼が大事ですよ、力で押さえつけても真のリーダーにはなれませんよ。
そして、もう一つの方法はお母さんが犬語を覚え、
ポッキーと会話ができるようになること。
これができれば完璧。
犬と普通に話せたら、“びっくり人間大集合”にでられるうえ、
犬の通訳として世界中で大活躍。
そっか、僕も早く犬語を覚え犬語辞書をだし大儲けしよう。
犬語の次は猫語・・・。
妄想はひろがります。
だけど現実の僕は人間の言葉、英語すら理解できていません。




気に入ったらクリックお願いします




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。