動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2012.04.27_16:50
ツキノワグマとカリフォルニアキングスネーク

桜が散ったと思ったら、2つの恐ろしい事故が起こりました。
まず1つ目は14日に茨城県でのこと、
アミメニシキヘビに頭と腕を噛まれて大人の男性が死亡。
“ゲゲ” 外国ではこのようなニュースはありましたが、日本でもこんな事故が起こるとは。
そして、もう一つは20日に秋田県で熊牧場から逃げた熊が、女性2人を噛み殺すという事故。
連続してこんな事故が起こるとは。

今回のように「命を落とす」ほどの大事故は少ないですが、
動物と接していると小さな事故は結構あります。
実際に僕の知り合いの何人かは、動物に指を噛まれ、指がありません。

特に獣医師は怪我が多いです。
動物達は注射を治療だと理解していないため、注射を打つ人は敵。
噛むひっかく、蹴る、それも普段出さないような力で、
恐ろしい注射から自分を守るため必死に抵抗します。

動物を飼っていると人は経験があるかもしれませんが、
遊んでいる時、激しく遊んでいると、
だんだん気分が高まり興奮状態となり、
ついには、すごい勢いで飛びついてきたり、噛んできたりすることもあります。
動物は遊んでいるつもりでも、人間にとってはとっても痛いのです。
「興奮し始めたら遊びをやめる」
「怖がっているなと気づいたら近づかない」
「こんなことをしたら嫌がるなとおもったらやらない」
これで怪我は激減。
動物を飼育するにあたり、動物の気持ち考えてあげたり、
生態をよく知り快適な環境を作ってあげることが、
動物たちと楽しく暮らすコツです。
動物たちの生態を知れば信頼関係ができお互いに楽しく幸せに暮らせますよ。

実は僕、熊にもヘビにも噛まれたことがあります。
僕を噛んだ熊はお母さんを殺されて保護されてきたツキノワグマでした。
母親を亡くした生後2ヶ月、体重2kgの小さな小さなクマでした。
名前を「テツ」と「ミヤ」と名付け、僕が母親の代わりに育てていました。
ミルクは犬用、哺乳瓶は人用を使用しました。
母熊のおっぱいとほど遠い「味」と「乳首」を嫌がり、
哺乳のたびに大暴れし、僕の手に噛みつきました。
彼女らは小さな赤ちゃんなのに“鋭い爪”と“犬歯”を持っていたため、
僕の腕から脇腹まであっという間に傷だらけになりました。
けれどもどんなに噛まれ引っ掻かれても、
「つぶらな瞳」と「フカフカの毛」そして「胸にある小さな月の輪の模様」にメロメロでした。
あの小さな熊でもあんなに痛いのだから、
大人のヒグマにかまれるなんて・・・・。
あ~恐ろしや。
僕を噛んだヘビは体長1m30cmのカリフォルニアキングスネークの「ジャム」。
彼はダイエット中でお腹を空かしていました。
それなのに僕は不用意にいつものように飼育ケースの中に手を入れました。
ジャムは丸めていた体をものすごい速さで伸ばしガブリ。
僕はあわてて飼育ケースから手を引き出そうとしましたが、
手のひらの柔らかい所に噛みついたまま決して離そうとせず、
ケースから出した僕の手に彼がくっ付いてきました。
ジャムを引っ張って見ますが、牙が一層深く食い込み痛さが倍増。
ヘビは噛みつくとなかなか離しません。
彼は離さないどころか今度は僕の手首に巻きつき、手首を絞め始めました。
「ジャム君、僕は絶対食べられる大きさじゃないよ!」
ジャムには申し訳ないのですが、洗面器に水をため、その中に手とジャムを入れます。
窒息作戦です。
水はみるみるうちに、僕の血で真っ赤に染まりました。
赤い水の中の手とヘビまるで「恐怖映画の一場面」。
ジャムはなかなか口を開かず、3分以上水の中に入れることになりました。
細く尖った歯は深く食い込み、とっても痛かったです。
僕からのアドバイス、お腹の空いたヘビには決して近づかないこと。
もしヘビに噛まれたら引き抜こうとするといっそう強く噛むので、
できるだけそっとしたまま、水の中にヘビごといれてね。
毒蛇の時は直ぐお医者さんに。
ケースに入れ、たっぷりの餌をあげた後
落ち着いたジャムを抱き上げてハンドリング(手に乗せて遊ぶ)を楽しみました。

テツとミヤは、ものすごい食欲であっという間に10kgを超えました。
彼女らは、小さい時と同じように僕に体当たりしてきました、
遊んでいるつもりなのでしょうが、
僕はあまりの力で後ろにドスンとひっくり返り、お尻に大きな青痣ができました。
これ以上一緒に過ごすのは危険です。
僕の母親の役目は終わりました。

どんな生き物でも、お腹がすいているとイライラしています。
ダイエット中の生き物(人)にはあまり近づかない、これが一番。



気に入ったらクリックお願いします


スポンサーサイト

 蚊はけっこう気を使う

最後に残った小さな桜の花びらが散る中 
桜の木からは、花にかわり生き生きとした濃い緑の葉が芽吹いていました。 
「テツ」は、落ちてくる花びらを追いかけて楽しんでいます。
目の前でくるっと方向を変える花びらが楽しいようで
落ちる寸前に花びらに向かい「ワンワン」。
僕のほっとするひと時です。
入院中のテツを連れて、今年最後の桜を見に行きました。

“ブーーーーン”  
「ん」聞き覚えのある、いやな音が聞えました。
今年最初の「蚊」。
まだ寒いせいかヨタヨタと飛んでいました。

ついに来ました「蚊」の季節。
「蚊」は、ワンちゃんにとって天敵。
フィラリアの幼虫を体の中にもっている「蚊」がワンちゃんを刺すと、
その幼虫は、血を吸う時に さっと ワンちゃんの体の中に入り込みます。
そして、この幼虫はワンちゃんの心臓や肺動脈に住みつき 
長さ30cmの“そうめん”そっくりの成虫になります。
フィラリア成虫はほんの1~2匹寄生しているだけでも咳などの症状を起し、
何十匹もが団子のように心臓に住みついてしまうと
だんだん血液循環がうまくいかなくなり、
やがて衰弱して死に至ります。
フィラリア症はとっても怖い病気です。


不思議な生き物「蚊

蚊に刺されたことがある人はわかると思いますが、
刺された時は痛みもなく、刺されていることに気づきません。
しばらくしてから「かゆーーーい」
“しばらくして”が大事、刺した時に痛いと、
血を吸う前に追い払われてしまいます。
そのために、刺されたことに気づかせない恐るべき戦略を蚊は持っています。
その一つは針がギザギザになっていること。
このことにより針を刺さした時、皮膚との摩擦面が少なくなって痛みを感じさせません。
ちなみにこの構造に注目して、日本の会社が痛みの少ない採血針を開発したそうです。
もう一つ気づかれない作戦は、刺すと同時に麻酔成分の入った唾液を注入し、
皮膚を麻痺させてしまいます。
そして、唾液の中には血を固まらなくする成分も含まれており
血をサラサラにしていっきに短時間で吸い込むこみます。
しばらくして“痒い”、これはこの唾液のせいでした。
体内に唾液が入ると体はアレルギー反応を起こし、痒く感じたのです。


蚊はけっこう気をつかう。

なんとたっぷり血を吸い終わると
親切のためか、気をつかっているのか、
蚊はこの唾液を吸いもどしてくれます。
そこで、体についた蚊を発見したら、
じっと我慢してゆっくりと満足いくまで吸わせてみてください。
最後に唾液を吸いとらせると痒みが感じなくなります。
血を吸ってる最中に追い払うと、
唾液が体内に残り、痒みがでるうえ、血も止まりにくくなります。
蚊が血を吸っていたら、ゆっくりと最後までたっぷりと吸わせてあげましょう。
僕には絶対無理ですが。


蚊は血を栄養にして生きていると皆さん思っていませんか?

血は餌ではありません。
蚊の主食は草の汁や花の蜜なのです。
ではなんで血を吸うのかというと、卵を育てるために必要なのです。
よって、血を吸うのはメスだけ。
オスは草の汁や花の蜜だけで生きています。
恐ろしいのはメスだけ、人間と一緒です。
そして、メスの体にはこの血をためておく専用の胃があります。
餌用の胃、血のための胃、2つあるのです。
どのぐらい血をすうかというと、
体重の3倍もの血を吸うこともあります。
このため、お腹がパンパンに膨れ、重くなりすぎてうまく飛べない蚊もいます。


浮気をしない「ヤブ蚊」

ヤブ蚊のオスはだれとでもできるだけたくさん交尾します。
僕とは正反対、うらやましい
しかし、メスは一生に一度だけ、一匹としか交尾しません。
なぜかというと、
メスの体の中には精子をため込む袋をもっており、
1回の交尾でそこに精子をため込み、
一生、この精子を少しずつ利用して卵を産みます。
ただし、アカイエカのメスは、
たくさんのオスが集まる「蚊柱」の中に飛び込んで交尾します。
なんと両極端。


フィラリア症は防げる


温暖化真っ最中の地球、
蚊にとって、日本はとっても住みやすい環境になっています。
残念ながら、蚊はいなくなりません。
今後もフィラリア症の危険は増えると思います。
いくら蚊にさされようとこの病気は予防する方法がありますので、
きちんと予防さえしていればこの病気にかかりません。
「ブゥーン」あの羽音をきいたらすぐに動物病院に相談してください。


こんなにも嫌われ者の「蚊」
こんな面白い生態を知るとちょっと、
自分の血を吸わせながら、

「飼ってみようかな」とおもう僕でした。




気に入ったらクリックお願いします



2012.04.12_13:12
トップスタイリスト

サクラの満開ともに、気温が一気に上昇
毛に覆われた動物たちの換毛のシーズンが本格的に始まりました。

実は僕、動物園の『トップスタイリスト』でした。
サクラが散り終わるといよいよ僕の出番です。

独創的なカットは評判がよく、指名客を多くかかえていました。
まずはポニーたち、ながくの伸びた鬣をきれいに切りそろえ、
三つ編みにしてリボンをつけます。
前髪は「パッツン」と揃えて切る“おかっぱ”
可愛い女の子の出来上がります。
皮膚病のモルモットは全身「丸坊主」の特性“サマーカット”。

そして、毎年1回お客さんの前でトップスタイリストとして、カットを見せるイベントも。
僕のバリカンさばきの美しさで、たくさんの拍手をもらいました。
この時カットされるのは、“羊”
そして、羊にとってこの“毛刈り”はとっても大事。
もし毛刈りをしないと、なんと死んでしまうのです。

長い間、毛をとるために品種改良してしまった羊は、毛が抜け変わりません。
そのため、毛刈りをしないでいると35度を超える真夏に、
ウール100%の分厚いセーターを着ていることになるからです。
毛刈りをしないでそのままにしておくと、日本の暑さに耐えきれず死んでしまうのです。



羊を捕まえカットを始めます。



右手にバリカンを持ちます。
このバリカンは長さ35cm、重さ2kgを超える非常に大きく重いもの。




20分で終了。周りにはぶつぶつ切れた毛が散らばります。
1頭終えた時は腕がプルプル。
シャツは汗でびっしょり、拍手はテクニックではなく汗におくられたようで。




熟練職人は一頭あたり1分から2分ぐらいです。
そして刈られた毛は全部つながって一枚の布のようになっています。

トップスタイリストはあくまで自称です。
指名?羊は名前を呼べないので。

僕のカットですっきりした羊にはとんだ災難がまっていました。
同居のヤギたちのいじめです。
毛を刈られ大きさが半分になってしまった羊を
「妙なものが紛れ込んできたぞ」と思い込んでしまったヤギたちは、
角を羊のお腹に向け体当たりをくりかえします。
ヤギが細い羊に見慣れてくると、もとのように仲良くなりました。

そういえば羊に尻尾があるのを知っていますか。
おそらく羊の尻尾を見たことがある人は少ないのではないかと思います。
毛の長い尾は、糞で汚れやすく、衛生的に問題があるので、
生まれてすぐ人の手によって断尾(尾を切ること)してしまうのです。
動物園でも、生まれてすぐに尾を切ります。
切るといっても、尾の根元に輪ゴムを付けるだけ。
そうすると2週間ほどで出血も痛みもなく、自然にポロリととれるのです。

毛を「刈る」から「脱がせる」に?

最近この羊の毛刈り、バリカンで「刈る」から「脱がせる」時代になってきました。
脱がせるって?
この毛を脱がせる技術を日本の醤油会社が開発しました。
この会社がつくりだした薬剤を注射すると、毛の成長が一時的に止まり、
毛に切れ目が入ります。
そうすると不思議なことに皮膚と毛が自然にはがれ、
セーターをぬぐように毛を脱がせることができるのです。
映像を見たのですがびっくりするぐらいきれいに脱げます。
まるでヘビなどの脱皮のよう。
抜けたところからは、すぐまた新しい毛がはえてきますし、副作用もありません。

醤油と羊、不思議なつながりによる不思議な技術、

恐るべし日本の技術「ヒゲタ醤油」

次は、「脱がせる」から「自分で脱ぐ」新たな技術をお願いします。
 



気に入ったらクリックお願いします



2012.04.06_18:50
 衣替え 


桜も芽吹き、 なが~い冬が終ったと思ったら、
4月なのに季節外れの嵐がやってきました。
最近の地球は人間への復讐の為か“大暴れ”ばかりしているように感じます。

嵐の後、僕はやっと冬のコートをぬぎました。
それと同時に、病院では掃除機とコロコロの活躍が始まりました。
病院に来るワンちゃんネコちゃんも、この数日の暖かさで衣替えを始めたのです。
冬用の暖かいコートを脱ぎ、春の薄い可愛い服を着るようになりました。
いやいや服を替えてあげるのは飼い主さん、これは掃除機と関係ありません。
ワンちゃんネコちゃんは自分達でも服を替えます。
服とは被毛のこと、フカフカで温かい毛を脱ぎ、夏用の短くすっきりした毛に変わります。
脱ぐと言っても一気に変えるわけではなく、何週間もかけて抜け変わるのです。
この大量の抜け落ちる毛を掃除するための掃除機と、
抱っこしたときにスクラブ(診察中着ている服)に着く毛をとるために、
コロコロが大活躍するのです。

人間もその昔は全身毛で覆われていました。
しかし、進化の過程でほとんどの毛を捨て、
毛の代わりに洋服を着ることにしました。
それでは、人間が洋服を着なかったらどうなるのでしょう。
冬は寒くて、すぐに風邪をひきます。
夏は逆に太陽の直射日光で暑く、紫外線でやけどをしてしまいます。
また雨や雪が降れば皮膚が濡れて体温が奪われてしまいます。
犬や猫は服を着ない代わりに全身の毛によって、
「保温」「防水」「太陽の直射日光や紫外線から皮膚の防御」を行っています。

もう一つ毛には大事な役割があります。
人間もこの役割のために、体の一部の毛を残しました。
毛のある場所は人間の体にとって、みんな大事な場所です。
眉毛やまつ毛は汗やホコリなど上から落ちてくるものから目を守り
鼻毛は、ホコリやウイルスなど有害な物質を体の中に入れるのを防ぎ
髪の毛は柔らかく傷つきやすい脳が入っている頭を、外からの衝撃から守っています。
もう一か所、大事な場所に生えています。
ここはぶつけると、とてつもなく痛いことから急所ともよばれています。
そこに生えている毛がクッションとなりが外部からの衝撃から守っています。
このように毛には「物理的な衝撃から守る」という大事な役割もあります。

さて犬の換毛の時期は春と秋の2回あり、
これは「保温」の機能が関係しています。
犬の毛には短く細いアンダーコートと、太くて長いオーバーコートがあります。
アンダーコートは柔らかく、密集して生えているために、毛の間に空気を含み、
断熱材の役割をして寒さから体を守ります。
オーバーコートは、硬くツンツンしてアンダーコートを覆うように生えており、
ばい菌やホコリなどの汚れや、雨や雪などから皮膚を守る役割をしています。
春になり、日が長く暖かくなってくると、
みっちりフカフカ生えていたアンダーコートが大量に抜け、
粗めで硬いオーバーコートが多くなり、すっきりした姿になります。
秋は、逆にアンダーコートがみっちりと生え、もこもこの姿になります。
換毛期のある犬は、アンダーコートとオーバーコートの両方をもつ
『ダブルコート(柴犬・ポメラニアン・コーギーなど)』の犬で、
アンダーコートを持たない
『シングルコート(マルチーズ・トイプードル・シーズーなど)』の犬は
明確な換毛期がありません。
換毛期がないのなら、シングルコートの犬は楽でいいなと思うかもしれませんが、
毛が伸び続けるので長さを保つために、定期的なカットなどのお手入れが必要です。

ただ近年、本来は換毛期のある犬種が
常にエアコンで温度管理された快適な部屋ですごし、
外出時にはお洋服を着るために、
明確な換毛期のないまま、一年中毛が少しずつ抜けることが少なくありません。
また、今年もそうですが異常気象により明確な四季がなくなってきており、
換毛期が長くなっているように感じます。

ゾウには毛があるの?




「ゾウには毛がないよ」と思うかもしれません。
いやいやゾウの祖先のマンモスをイメージしてください。
雪や氷に囲まれた寒い所で「長い毛で覆われた姿」が思い浮かぶと思います。
暖かいところに生息している現在のゾウも近くでみると、全身に短い毛が生えています。
面白いことに、長野や北海道の寒い地方で飼育されているゾウは、その毛が長くなります。
長くなったからといって保温機能がある程は、密に生えませんが。
家ネコとノラ猫も毛の長さが違います。
いつも暖かい部屋の中で住んでいる家ネコより、
寒い外で生活しているノラ猫の方の毛が長くなります。

湯冷めをしないニホンザル。

繝九・繝ウ繧カ繝ォ_convert_20120407002547

青森県の下北半島に住むニホンザルは、地球上のサルの中で最も北に住むサルです。
世界でもっとも寒さに強いサルです。この寒さに強いのは全身の毛おかげです。
あの密に生えるフカフカの毛は保温効果抜群です。
長野県の雪の降る中、露天風呂に入る「地獄谷のニホンザル」は有名です。
いくら体が温まっても、あの寒い中お風呂からあがったら、
湯冷めしないのか不思議ですよね。
彼らは、お風呂から上がると脱衣所で一列に並び、
大きなドライヤーで一気に乾かしているのです。
ウソですよ~。
ニホンザルの密に生えた毛は、毛と毛の間に空気の層をつくるため、
お湯の中に入りながらも、
毛の生えていない手や顔と足の裏以外の皮膚はほとんど濡れません。
そのうえ、毛には撥水性があるためお風呂あがりに体をブルブル震わすと、
水を弾き、飛びちり、あっという間に乾いてしまいます。
ドライヤーは必要ありません。
皮膚が濡れないので湯冷めはしません。

これから始まる換毛期、ワンちゃん猫ちゃんの抜けた毛を、
絡まったまま体につけておくと、
下の皮膚が蒸れたり、汚れがたまってしまいます。
そうすると、ジメジメし暖かいところが大好きなばい菌がどんどん殖え、
臭くなったり、皮膚病になることもあります。
ブラッシングをするだけで防げますので、毎日少しずつしてあげてください。
耳の後ろ、尻尾と後ろ足の付け根などは特に絡みやすいですよ。

じつは僕も最近換毛期にはいったのか、枕にたくさんの毛が・・・。
いやいや生え変わらないので、脱毛 



気に入ったらクリックお願いします