動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おしゃべりなモルモット

「キュルルル~キュルルル~、キュイッキュイ」

夕方たくさんの牧草と野菜を入れたバケツをもってモルモット舎に近づくと


43匹のモルモットたちがいっせいに僕につぶらな瞳を向け、鳴き出しました。
動物園勤務の頃、担当者が休みの時は、僕がモルモットのお世話をしていました。
そして、寝室に餌を準備し展示室と寝室の間のドアを開けると、
モルモットたちは

「キュリキュリ、グルグル、クイックイッ」

おしゃべりをしながら一列に隊列を組み、
仲良く寝室に帰るスロープの上を歩いていきます。
モルモットはみんなのんびり屋の仲良しです。
そして、群れで生活するモルモットはおしゃべりが大好きです。

お腹が空いたとき  「キュイッキュイッ」

愛を語る時 「ルルルルル~」

抱っこしてもらいたいとき 「ブウィブウィブウィ」

無理に抱っこされ、いやな時、怖い時 「キー!キー!」

モルモットはたくさんの声をもっていて、とっても感情表現が豊かです。

ある時、モルモットを飼い始めて1か月という飼い主さんが
『うちの子、お尻に触れると鳴くのですが、うれしいの?怒ってるの?』
とたずねました。
実際にこの子のお尻に触れてみると確かに

「グルグルグル」と鳴きました。

「グルグル」はうれしい時に発することが多いのですが、嫌な時も出します。
そのままおとなしく触らせてくれたら“うれしい”
逃げだしたら“嫌”なのです。

無口なハムスター
ハムスターはほとんど鳴きません。
ハムスターは縄張り意識が強く1人で生活するため、おしゃべりの必要がありません。
声をだすのは、びっくりした時、怒った時、怖い時、苦しい時、痛い時です。

ペットショップで、一つのケージにたくさんかっていると
「ジッジッジッジ」
と鳴いていることがあります。これは喧嘩のための威嚇です。

いきなり抱っこされて
「キーーーー」
これは恐怖の悲鳴です。

呼吸に合わせ変な音
「プスップスッ」
の時は呼吸器の病気のことがあります。

僕はあったことないのですが
“おしゃべりな子” “寝言をいう子”もいるらしいです。

キリンも鳴く
キリンはほとんど鳴きませんが、僕は聞いたことがあります。
鳴きます。
僕が聞いたのは子どものキリンの声でした。
朝、一足先に放飼場に出て行ったお母さんを呼んだのか

「ボヲー」と2度鳴きました。

鳴き慣れていないのか“不器用な牛”のような鳴き声でした。

牛の声は「モーーーー」

長く遠くまで届く綺麗な声です。

モルちゃんと仲良くなろう!
モルモットはとっても怖がりでさびしがり屋
そして、のんびりでおっとり屋さん。
愛情たっぷり優しくお世話しましょう。
小さいころから優しく抱っこをしていると、
とっても抱っこの好きなモルちゃんになりますよ。
ただし、無理に触ろうとしたり必要以上に追いかけたりするとストレスが溜まります。

抱っこの仕方ですが、必ず4本の足を自分の体にくっ付けるようにしてください。
立って抱っこをするときは、
モルモットのお腹と自分のお腹をくっつけて、
座っているときは膝の上にのせてください。
足が空中にういてブラブラしているととっても不安で暴れてしまいますから。

やがて、愛情をこめてお世話をしていると、
飼い主さんの顔を見るとおしゃべりを始めるようになります。

そしていつかは繁殖!
モルモットの赤ちゃんは生まれた時から、毛も歯も生えて目も開いています。
大人と同じ格好で生まれ、大人のミニチュア版とってもかわいいです。

愛情たっぷりにせっせとモルモットの世話をしていると、
やがて、モルモットたちは僕に
ルルルルルー愛の歌を歌い始めました。

僕の モテキ 到来でした。

ただし、この求愛はどうも  が  にたいして歌うようで・・・・。

<東京都大田区大森東 五十三次どうぶつ病院 獣医師 北澤 功>




気に入ったらクリックお願いします


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。