FC2ブログ
動物たちの不思議な生態の秘密
元動物園獣医師・ただいま五十三次どうぶつ病院獣医師、動物たちの不思議にせまります。
プロフィール

つきまるにゃん

Author:つきまるにゃん
生き物を飼うことが
大好きな獣医師です。
いろいろな生き物に
“咬まれ・蹴られ・踏まれ・刺され”
こんな経験から
動物達の不思議な生態にせまります。

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
動物達の不思議な生態の秘密
リンクフリーです。
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

2019.03.15_11:58


誇り高き”サスケ”


「ついに食べた」
“サスケ”は鋭い爪でしっかりとヒヨコを掴み、
尖った嘴でヒヨコの足をちぎり、
頭を上に向け頭を振りながら、
小さくちぎった足を嘴の奥に運び、
目を閉じながら飲み込みました。
その後も、頭、羽、内臓、次々と飲み込みます。
よほどお腹が空いていたのか、
5分ほどですべて平らげました。
 
サスケはオオタカ、
脳震盪と羽の怪我で動物園にやってきました。
3日ほどで、自力で立ち上がるほど回復しました。
しかし、羽の怪我はまだひどく飛ぶことはできません。
これからは野生復帰のためのリハビリです。
サスケは保護されてから、何も食べていません。
水も飲みません。
このままでは羽の回復の前に衰弱により死亡してしまいます。
マウス・ピンクマウス・ヒヨコを目の前に置きますが、
全く興味をしめしません。
しょうがないので押さえつけ、嘴の中に押し込みます。
しかし、頑なに食べるのを拒み、
口の中に入ったピンクマウスを吐き出します。
マウスもヒヨコも同様に吐き出します。
オオタカの誇りか、僕からの餌など絶対食べないという態度です。
保護してから1週間、胸の肉が落ち見るからにガリガリ、
止まり木に捕まっているのもやっと、
仕方なく点滴をするのですが全く栄養が足りません。
このままでは野性復帰どころか、
命も危ない様子。
いちかばちか、サスケの生きる力にかけることにしました。
点滴をやめ、部屋を暗くし、静かな環境、世話も1日1回
餌を投げ入れるだけにしました。
全く食べません。
そして、点滴をやめ1週間目の時でした、
いつものようにヒヨコをもってサスケの暗い部屋に入った時
バランスを崩しながらサスケは僕に向かってとんできました。
サスケの鋭い脚はぼくの持っていたヒヨコを掴み、
止まり木に戻っていきました。
ヒヨコを食べました。

翌日からは僕が入るとものすごい速さで手からヒヨコをとり、
止まり木に戻り食べました。
1か月ほどすると僕の腕に乗り、そこでヒヨコを食べるようになりました。
サスケは僕を受け入れてくれた様子。
ヒヨコ、時々マウスを食べ、筋肉も戻り、覇気が出てきました。
傷ついていた羽も生え代わりバランスも良くなりました。
いよいよリハビリです。
足革をつけ、野外での飛ぶ練習です。
まずは僕の腕からお気に入りの松の木の枝まで飛びます。
僕がポッケからヒヨコを出すと、
今度は僕の腕に向かって飛んできます。
最初は傾きながら飛んでいましたが、
徐々にバランスを取り戻し力強く飛べるようになってきました。
今度は生きたマウスを与えることにしました。
狩りです。
野外に置いた衣装ケースにマウスを放し、
サスケを20メートルほど離したところから飛ばします。
逃げるマウスをものすごいスピードで鋭い爪でつかみ
お気に入りの松の枝に戻り、
嘴でちぎりながらあっという間に食べました。
食べ終わると僕の腕に戻ってきました。
野外でのリハビリを始めて1週間、行動範囲も広くなってきました。
いよいよ足革をはずしました。
羽はほとんど完治、
飛ぶスピードも速くなりました。
そろそろお別れの時です。
野外リハビリを始め10日、
衣装ケースのマウスの数を増やしました。
松の木を何度も往復しながらマウスを食べました。
食べた後、お気に入りの松の木にとまったままの時間が長くなってきました。
リハビリを始め3週間、
よく晴れた風のない穏やかの日、
サスケはマウスをお腹いっぱい食べお気に入りの木の枝にとまり、
いつものように遠くの山を見ていました。
僕はわかりました、お別れの時です。
サスケは僕の方を見て、2度ほど頭を上下に振ると
“ピューーイ”と甲高い雄たけびをあげ
力強く、青い空に飛んでいきました。
その後数日間、外に置いた衣装ケースにヒヨコを入れておきました。
サスケが食べていたのかわかりませんが、
いつのまにかなくなっていました。
そのうち、ヒヨコがのこったままになるようになったので
衣装ケースもやめました。
2か月ほど経った夕方
“ピューー”
白黒のはっきりした細かな縞模様のオオタカが
上空を円を描きながらとんでいました。
上空から僕の姿を見つけたのか、
そのオオタカは松の木の枝にとんできました。
サスケ?
僕が声をかけると頭を2度上下させ、
“ピューイ”
ぼくが見たサスケの最後です。








<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

GW休診のお知らせ

4月29日(月)~30日(火) 5月3日(金)~6日(月)
都合により休診いたします。


スポンサーサイト




2019.02.15_17:03

LGBT

「ただいま~」
手術を終え、夜の10時過ぎに帰宅。

玄関のドアを開けると
“ぱーていー いず おーばー
それでも 踊りたかった~“
甲高い、女の子の歌声が
響いていました。

この声の主は“女王蜂”のボーカル「アブちゃん」
どう聴いても女の子、
でも実際は男の子らしい。
女王蜂は日本のロックバンド
年齢、性別不明のアブちゃんがあやしく歌います。

キッチンから、
「お帰り、ゴハンどうする?」
ノリノリの妻の声が聞こえます。
女王蜂を聴いているのは、娘ではありません。
我が妻です。

一昨年、僕は妻と平井堅のKen's Barに行きました。
「やっぱり座ってゆっくり聴けて、
ドリンクまでつくライブはいいね、大人よね」
「ノリノリのライブはね・・・。」
「今度はジャズバーなんかもいいね」と話しました。
「部屋も落ち着いた雰囲気にして
『いい音』聴きながらすごすのもいいよね」

それなのに、現在、我が家に流れる音楽は、
“女王蜂”“ふぉ~りみてっどささびーず”
“わんおくろっく”“すーぱーびーばー”
“うーばー・・なんちゃら”
激しいロックが・・・。

昨年、妻は娘と渋谷に行きました。
その時たまたま、女王蜂の路上ライブがあったそうで、
その時、娘は妻に
「私は最前列に行くけど、
お母さんは絶対前の方に行ったらダメだからね」
と、言われていたのに・・・。
いわれた通り、最初は後ろに立っていたのですが、
後ろにどんどん人が増えてきて前に押され、
いつの間にか、前から六番目ぐらいになっていたそうです。
女王蜂が出てきて演奏が始まると一斉に周りの人が
手をあげてジャンプ、
妻が言うには、
「ここでは立っているだけの方が危ないから、
しょうがないから一緒にジャンプしたの、
おかげで疲れちゃったは・・・。」
その時はとってもいやいやそうに言っていました。

女王蜂のアブちゃんは
身体は男の子で心は女の子
トランスジェンダーらしいのです。
人間以外の生物にLGBTはあるのか?
★性別がない
細菌や単細胞生物にはそもそも性別がありません、
★環境によって雌雄が決まる。
ウミガメの性別は卵の時の温度で決まります。
温度が高くなれば雌になります。
★雌雄同体生物。
ウナギは成長過程で雄になったり雌になったりします。
カクレクマノミは生まれた時は全てオスで、
群れの中で一番大きいヤツがメスになります。
ナメクジ・ウミウシ・ミミズは1個体で両性を持っています。
★植物の性別
同一個体、同じ花の中におしべとめしべの両方の性を持っているものがほとんどです。
ほんの少数ですがイチョウやクワのように雄花や雌花を別の個体にもつものもいます。

地球上の多細胞生物の99%は植物、
そのほとんどが、同じ花の中におしべとめしべを持つ「両性花」
性別がある人間の方が少数派なのです。
LGBTを問題となる方が、
“マイノリティ”ということ

先日、妻は“ふぉ~りみてっどささびーず”
のライブに行きました。
ライブ後に感想をきくと、
2階席で見ていたらしいのですが、
「1階では人の上に人が転がっていた!」
興奮気味に僕に語りました。
「危ないよね」
あの目つきは、絶対興味がある目。
御願いです、あなたの年齢と体力を考えてください。
ライブに行くのはいいですが、
絶対「ダイブ」はダメ。
怪我します。

今度は女王蜂のライブに行くらしいのですが、
どんなお化粧していこうかなやんでいる様子、
行ってもいいですが、
普通のおばさんの化粧で行ってください。

以前の僕はユーロビート、ヘビメタ、ハードロック
などなど、重低音がきいた音楽が好きでした。
最近は出来るだけシンプルな音楽が好みに、
ジャズやクラシックにも興味が、
そこで、クリスマスプレゼントとして自分に、
ハイレゾ対応のちょっと高級なスピーカーを買いました。
部屋全体に優しい音が広がり、
柔らかく響くのがとってもいいのです。
大人のおしゃれな空間を作るためのスピーカー。
これでいい音楽を聴きながら、動物たちのお世話。

我妻はそんなスピーカーで、
重低音をドンドンきかした激しいビートをならしています。
寝る前に静かに音楽を聴くはずが、
女王蜂で寝ることに、
でも毎日聴いているとつい口ずさんでいる僕が、
来年ぐらいにはもしかして、
濃いめのお化粧で、チャイナドレス、ジュリ扇もって
2人でライブにいくのかも・・・。


<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日




高橋くんとシャンパンとウーロン茶

最近の僕は、
世界最高級の“ウーロン茶を飲んでいます。
この時期、忘年会・新年会のお誘いが多く
宴会は好きなので参加しますが、
実は、下戸
ノンアルコールで過ごします。
僕の身体はアルコールを拒否します。
奥さんと焼肉や、居酒屋に行っても、
奥さんはチューハイ、僕はノンアルコールです。
僕の身体にはアルコールを分解する能力がないため、
酔って気持ちよくなる前に、気持ち悪くなってしまいます。
若かりし僕は、飲めば強くなると信じ、
吐いては飲みを繰り返してみましたが、
いっこうに強くなる気配はなく、
どんなに頑張っても、強くなることはありませんでした。
僕の適量、ほろ酔いはビールでコップ2杯ぐらいです。

お酒を飲むのは人間だけ❔
いやいや、アルコールを摂取する動物は結構います。
地球上でアルコールがもっとも強い生き物は、
“高橋くん(人間)”ではなく“ハネオツパイ”
尾に羽のようなものをつけた体長15cm程の、
リスのような、サルのようなとってもかわいい動物です。
ハネオツパイは自然発酵したアルコール度数3.8%の花の蜜を、
主食としています。
ということは毎食アルコールを摂取していることに、
高橋君だって平日は夕ご飯の時しか飲みません。

常に酔っている?
いやいや、
ハネオツパイはアルコールの分解能力がすごく発達していて、
全く酔いません。
高橋君は飲むと、ず~とブツブツ同じことを言い続けます。

お酒を飲むといっても、
基本的に果実や樹液などが発酵したものを食べることにより、
アルコールを摂取することになります。
高橋くんと違い、動物たちは酔って、楽しむために飲むのではなく、
たまたま生息地に発酵した食べ物があったため
食べるようになっただけ、
しかし、食べるたびに酔ってフラフラしていたら、
あっという間に天敵に襲われてしまうため、
アルコールを多く摂取する動物たちは、
強力なアルコール分解能力を持つように、
酔わないように進化したのです。

たまにしかアルコール度数の高い食べ物を食べない動物は酔います。
ヘラジカなどはリンゴが大好きなため、
時々、発酵したリンゴを食べるのですが、
新橋の高橋くんと同じように、
食べた後にフラフラになって木にぶつかったりもします。

野性のチンパンジーは自発的に酔うために酒を飲みます。
人間がヤシの樹液をとるために設置した容器の
樹液が発酵し酒になったものを飲みます。
そして、酔います。
実際、僕もストレスのたまった飼育下のチンパンジーに
日本酒を飲ませたことがありますが飲みます。
最初は日本酒の牛乳割りをあげたのですが、
一気に飲んでしまいました。
次は日本酒のままあげると、それもグイグイ飲みました。
飲み終わるとフラフラと千鳥足、麻袋をかぶり寝てしまいました。

昨日も新年会がありました。
1次会は居酒屋でおいしいお刺身と土手鍋、
乾杯のビールを1杯だけ飲みました。
フワフワした気分で、たのしい会話とおいしい料理を楽しみました。
次は2次会、参加者は5名。
僕の身体のアルコールの許容量はもういっぱいのため、
ウーロン茶を頼みました。
お腹もいっぱいのため、おつまみも食べません。
ハイボールを続けて4杯ほど飲んで絶好調の高橋くん、
お店の人の「シャンパンでお祝いしよう」の一言に対し、
「いいよ、持ってきて」

“あ~言っちゃたよ!” 僕の心の声

僕の前にも細長いシャンパングラスが置かれました。
そして、いつの間にかグラスの中に シュワシュワの飲み物が。
僕は飲めません。隣の人にそっと上げます。
僕はウーロン茶をもう一杯頼みました。
合計2杯のウーロン茶を飲みました。
会計を見てびっくり!
世界最高級のウーロン茶を飲むこととなりました。
来週も高橋くんとサントリーの最高級、ウーロン茶を飲みます。




<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日

臨時休診のお知らせ

2月10日(日)
都合により休診いたします。










2018.12.28_17:24

猪突猛進


イチョウの葉が黄色く色づき始めると、
いよいよ楽しみな収穫の季節、
僕は鍬とスコップをもって畑に向かいました。
あれ、何か変、
今までは畑一面を覆っていた葉っぱと蔓が、
ずたずたに切れて茶色い土が見えていました。

昨日、葉っぱが枯れ始めたので、
そろそろかなと試し堀をすると、
ソフトボール大から2リットルのペットボトル大の
見事なサツマイモが採れました。
僕は畑を借りてサツマイモを作っていました。
「明日はいよいよ収穫だ!」
朝日とともに起き、鍬とスコップを持ち畑に向かいました。

畑を目の前に僕は立ち尽くしてしまいました。
畑は見事に掘り起こされ、
サツマイモが盗まれていたのです。
苗を植え4か月、
お芋に栄養が行くように試行錯誤しながらの肥料、
日照りの時は近くのため池からのバケツでの水やり、
立派なお芋ができていたはずなのに、
収穫の喜び、
焼き芋好きの愛する奥さんの笑顔、
冬の薪ストーブでの焼き芋、
全てが奪われてしまいました。

憎っくき泥棒め!
絶対捕まえてやる。
畑で泥棒の証拠を見つけるための捜査を開始しました。
畑には小さな小山がいっぱいできていました。
これだけのパワー、複数犯だ、
足跡らしきものが、
特殊な靴を履いているのか、
Vの字の足跡、
畑で捜査活動をしていると、
近所のおじさんが軽トラック止まりました。
「お前のところもやられたか・・・。」
「おじさんのところも?」
「俺の所は電気柵やっているから大丈夫」
「隣の畑は全部食われちまった」
食われた?
「生で?」
「当たり前だろ・・・。」
「猪が火を使うわけないだろ」
「猪!」
犯人は猪でした。

日本に生息する猪は、
本州・四国・九州の日本猪と、
奄美大島や沖縄の琉球猪です。
近年豚の交配によって生まれた猪豚も増えてきました。

猪と人間の戦いは、
はるか昔、人が作物を作りだすとともに始まりました。
日本人も猪から畑を守るため
猪垣を作るなど対抗してきました。
その猪たちが最近生息数を増やし、
生息地も山間部だけにとどまらず都市部にも出てきて、
人間たちを驚かしています。
我が畑のある場所も、
以前は、猪がいませんでした。
雪が降る地方には生息できないのですが、
最近の温暖化により生息地を北に広げ、
僕のサツマイモ畑の周辺でも暮らし始めたのでした。

猪突猛進
とにかく運動能力がすごい
猪は直進しかできないかというと、急な方向転換もできます。
しかし、100kg近い体で、時速45kmで野山をかけめくるため、
猪突猛進のイメージができました。
ジャンプ力もすごく助走なしで1.2mぐらいはらくらく飛び越えます。
助走をつけたらもっともっと飛び越えます。
噛む力も強く、噛まれると指ぐらいなら簡単にかみ切られてしまいます。
そして、とにかく鼻がすごい、
鼻が強く鼻先だけで70kgの物を軽々持ち上げます。
この鼻を使い硬い地面でも穴を掘ります。
それなのに先は柔らかく、鼻を左右上下に自由に動かすことができます。
視力は弱く視力0.1もありません。
餌や敵の発見も嗅覚に頼っています。

そんな大きく強い猪も、
実は怖がりの小心者、
非常に神経質で、見慣れないものなどは出来るだけ避けます。
本当は昼間に行動するのですが、人に会わないように
夜に行動したりします。
そして、人と出会ってしまったときは
基本逃げようとするのですが、
近い距離で突然出会ってしまったときは、
背中の毛を逆立てて、クチャクチャと謎の音を発し、
後ろ脚で土を蹴り上げ“猪突猛進”の準備、
一気に体当たりをしてきます。
100kgの時速45km、まともにぶつかると飛ばされて大けがとなります。

翌年、猪と僕の戦いの始まりです。
サツマイモの苗を畑に植え付けた後
畑を見ながら、僕は考えました。
石を積み上げ猪垣でも作ろうか、
電気柵で回りを囲おうか、
それともワナを仕掛けようか、

そんな時、近くの林から何かまん丸のフォルムの動く生き物が顔をだしました。
それも8匹も、
30~40cmほどで垂れた目
上を向いた小さな鼻、
大きな耳とふかふかの毛、
背中の縞模様、
短い脚で“ぴょこぴょこ”と
みんなでぶつかりながら走っています。
可愛い
うり坊です。
その後ろから70kgはありそうな大きなお母さんが出てきました。
猪の家族です。
僕のサツマイモがこの“うり坊”たちになったのでした。

長野にいた時の僕と猪の思い出です。




年末年始休診のお知らせ


12月30日(日)~ 1月4日(金)は休診となります。


臨時休診のお知らせ

2月10日(日)
都合により休診いたします。




アズサとサクラの6日間



アズサは長い首を曲げ、
その丸めた首の輪の中、サクラが体を丸めて寝ていました。
アズサはキリンの母さん、
サクラは生まれて6日目でした。

4月の下旬、動物園内の桜は満開でした。
夜10時に担当の木村から連絡、
「始まりました、すぐ来てください」
お風呂に入っていた僕は慌てて作業着に着替え動物園に向かいました。
この時の僕はまだ新米動物園獣医師でした。
アズサの出産が始まった様子。
僕がキリン舎につくと、アズサは寝室をウロウロ歩き回っていました。
アズサの陰部からはすでに前足が出ていました。
「足、出てからどのくらいたった?」
「30分ぐらいかな」
木村が答えました。
それから20分。なかなか生まれません。
僕にとってキリンの出産は初めて、
緊張で手の平は汗でビッショリです。
アズサの早かった呼吸がゆっくりとなることが多くなり、
陣痛が弱まってきた様子、
疲れも出てきました。
引っ張り出す?
気が立っているアズサ、うかつに近づくことはできません。
何もできないまま時間が過ぎていきます。

脚が出てから1時間ぐらい過ぎた時でしょうか、
アズサの呼吸が突然激しくなりました。
そして残りの力をすべて出すように、
足を踏ん張り、力みました、
次の瞬間、“ど~ん”と大きな音とともに
80kg近い赤ちゃんが地面に落ちてきました。
生まれました。

しかし、その直後アズサは足を滑らせて後ろ脚を大きく広げたまま、
開脚状態で座りこんでしまいました。
立とうと足に力を入れますが、
滑って立てません。
脚の健を痛めたアズサはその後2度と立つことはありませんでした。
体重1000kgを超えるキリンが立てないことは「死」を意味します。
キリンは立って生活する体のつくりになっているため、
長時間横になっているとすぐ床ずれができ、壊死していきます。
内臓にも負担がかかり動かなくなってしまうのです。

赤ちゃんキリンも地面に倒れたまま全く動きません。
本来ならお母さんが舐めて刺激をするのですが、
僕が赤ちゃんを藁でゴシゴシこすって刺激を与え続けました。
ゴシゴシを続けると、
赤ちゃん大きく息を吸い、呼吸を始めました。
頭もあげました。

キリンは頭を前後に振ってその勢いを使い立ち上がります。
アズサも立とうと頭を大きく、何回も何回も振ります。
そのたびに“どすん”と大きな音が響き渡りました。
頭がコンクリートの壁にぶつかってしまうのです。
頭は切れ、瞼もみるみる腫れあがりました。
キリンは高い位置にある頭に血液を送るため、
血圧がとても高いのです。
頭を壁にぶつけることは脳内出血の危険が、
飼育員と僕は、交代でアズサが頭を振らないよう押さえました。

パドックには満開の桜、
赤ちゃんの名前を“サクラ”としました。
そして、僕たちはサクラのためにアズサのオッパイを搾りました。
ほんの少ししか出ませんが、
アズサの愛情と免疫が入った初乳、できるだけサクラに飲ませました。

サクラが生まれてから3日たちましたが、
アズサは何も食べません。
足の関節は地面にこすれて赤く腫れあがり、
壁にぶつけた瞼は赤紫に腫れあがっていました。
角も一皮むけてしまいました。
立とうと頭を振る回数が確実に減っています。
首を曲げ、頭を背中に乗せて休む時間が増えていました。
サクラは僕たちが大きな哺乳瓶で人工のミルクをあげ、
足もしっかり、寝室を走り回るぐらい元気になりました。
疲れるとお母さんの所へ行き、
曲げている首にくるまれ寝ました。
アズサはそんなサクラを優しく舐めてあげました。
どこから入ってきたのか、
アズサたちの周りをサクラの花びらがヒラヒラと舞っていました。

サクラが生まれて6日目の朝。
アズサは自分の背中に頭を乗せて寝ているサクラを起こさないように、
そ~と頭を上げ窓の外を見ていました。
サクラと一緒にアフリカの広い平原を走っているのを想像しているのでしょうか。

やがて頭をゆっくり下げ、寝ているサクラの顔を舐めました。
そして自分の首で優しくサクラを包み込みました。
閉じた目の上の長いまつげがとっても優しい顔に見えました。
そして、アズサは、再び頭を上げることはありませんでした。

アズサとサクラの6日間、
2人にとっては幸せで大切な時間だったのかな・・。
アズサから僕はいろいろなことを学びました。



<五十三次どうぶつ病院  北澤 功>
 〒143-0012 東京都大田区大森東1-5-2
 病院の診療時間 午前9:00~12:00  午後13:00~19:30
         日曜日は午後17:00までとなります。  
 休診日 月曜日